カテゴリー「OLYMPUS OM-D E-M1」の42件の記事

2016.05.29

モナコに想いを馳せる

P40547811s
(画像クリックで拡大します)
OLYMPUS  OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO   F9 1/60秒  WB/曇天 ISO200

今日はモナコグランプリ決勝の日だ。
しかし見れない。見られないのだ!
今さらの話だけど、今年からF1の無料放送は とうとうなくなってしまった。
見たい人はお金払って契約しないと見られない。
そこまでして見たいというほど今のF1が面白いとはいえないので、
まあ当然契約なんてしてないのだが、
でもやっぱり、モナコグランプリくらいは見せてくれよと思う。F1好きだからね。
ネットでレース結果を見てみたら、雨が降ってかなり波乱の展開だったようだ。
文字を読みながらレースの展開に想いを馳せるなんて、F1放送が始まる前の時代に逆戻りだねこりゃ。

もしもフジテレビがF1の放映権を今後手放すようなことが起こったら、
お金払ってもF1が見られない事態になってしまうのだろうか。
そんなことになったら、本当にF1好きな人にとっては悲劇だよね。
まあ、エンジン音が全然静かになっちゃった2014年から、F1はホントにシラケちゃったけれども、
それでもやっぱり気になるんだよね。
今年はオレの好きなロズベルクが頑張ってるから、見たいんだけどなあ。


さて話は全然変わるけど、今年の前半はなかなか撮影に行けなかったので、
これから巻き返しでまた撮影行を再開したいと思っている。
今年は新たな撮影地を増やしてみたいものだ。
やはり行くのは、長野が中心になるだろう。
ちょっとがんばってみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.11

寒くない

P11000591s
(画像クリックで拡大します)
OLYMPUS  OM-D E-M1  M.ZD 14-150mm F4.0-5.6 II F6.3 1/80秒  WB/晴天 ISO1250

なんか全然寒くない。
気持ち悪いよ。
1月なのになんなんだ。ますます温暖になるのか?

ところでE-M1のファームウェアをアップデートしたら、
いつものことだが設定が全てリセットされてしまった。
これってホントに困る。
設定項目が多すぎて、戻すのに莫大な時間がかかるのだ。

そのかわり、機能が増えるのはスバラシイこと。
なんと静音シャッターが搭載されてしまった。無音である。
今のカメラって、すごいなぁ。

嬉しくなって、海まで撮影に行ってしまった。
たまには撮影に行かないとね。

P11000841s
OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZD ED 12mm F2.0   F2.2  50秒  WB:晴天  ISO400  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015.12.31

OM-D E-M1との日々(12)

Pc2811231s
(画像クリックで拡大します)
OLYMPUS  OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6   F4 1/60秒  WB/晴天 ISO4000

2年前、5D MarkⅡとSIGMA 35mm F1.4の組み合わせで京都を撮った。
その時は、全てをこの1本だけで撮り切った。
35mmは自分にとって大好きな画角だ。
28mmでは広すぎる。50mmでは狭くて苦しい。35mmはその間の絶妙な画角。広くも狭くも撮れる。
時々超広角が欲しいなと思う時もあったけど、
でもSIGMA 35mm F1.4の写りなら、諦めもついた。
重いしデカいし見た目もブスだったけど、でもその描写は絶品だった。
全てを一本で撮ってやろうという割り切りができた。
そういう究極の1本ってあるもんだ。

Pc2810991s_2
OLYMPUS  OM-D E-M1  LUMIX G 20mm / F1.7 II ASPH F1.7 1/80秒  WB/晴天 ISO200

Panasonic 20mm F1.7の写りは絶品ではあるけれど
SIGMA 35mmと比べてしまうと、そこまでの描写ではない。
とてもよく写るんだけど、超絶的かといえば、そこまですごくはない。
当然だがボケ量も不足に感じてしまう。
だから途中でどうしてもレンズ交換したくなってくる。迷ってしまうのだ。
迷いはよくない。迷いがあると、写真にも必ず迷いが出てしまう。

Pc2810001s
OLYMPUS  OM-D E-M1  M.ZD 14-150mm F4.0-5.6 II F5.5 1/160秒  WB/晴天 ISO4000

マイクロフォーサーズには「この1本!」という究極のレンズが、まだ少ない気がする。
たとえばNOCTICRON 42.5mm/F1.2あたりなら、たとえ画角的に苦しくても、
1本勝負してみてもいいと思えるだろう。
M.ZUIKO PROシリーズも、武骨なズームばかりで全然おしゃれじゃない。
街中のスナップには似合わない。12-40なんてバキバキにシャープ過ぎて、くたびれちゃう。
期待するのは、17.5mmをF1.0化してしまうこと。または8mm F2の単焦点とか(魚眼じゃないやつ)。
そういう夢レンズを早くラインナップして欲しいと思う。
そうすれば、理想の軽量おさんぽカメラが完成するのだ。

Pc2811261s
OLYMPUS  OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6   F4 1/80秒  WB/晴天 ISO5000

さて、京都の旅は終わってしまったが、来年は何をしようかな。
自分の中で、来年の姿が全然描けてこない。いかんねこりゃ。
もっといろいろ計画を立てて、それに向かってばんばりたいものだなぁ。
でもその前に、とりあえずビール飲もっか(笑)。

では、みなさんもどうぞ良いお年を。

Pc2811811s_2
OLYMPUS  OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6   F4 1/40秒  WB/晴天 ISO6400

◆前記事はこちらからどうぞ。
  登山のカメラ(PART1)
  続:登山のカメラ(PART2) 
  続続:登山のカメラ(PART3)
  登山のカメラPart4
  登山のカメラ5/OM-D E-M1との日々(10)

  OM-D E-M1との日々(11)  
  OM-D E-M1との日々(9)
  OM-D E-M1との日々(8)
  OM-D E-M1との日々(7)
  OM-D E-M1との日々(6)
  OM-D E-M1との日々(5)
  
  OM-D E-M1との日々(4)
  
  OM-D E-M1との日々(3)

  OM-D E-M1との日々(2)
  OM-D E-M1との日々(1)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.12.30

OM-D E-M1との日々(11)

Pc2811901s
(画像クリックで拡大します)
OLYMPUS  OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6   F4 1/80秒  WB/晴天 ISO5000

2年ぶりに、年末京都だらだら旅行に行った。
ずばり言って、飲むための旅である。
だから観光は全然頑張らない。せいぜい1日2ヶ所まで。
それが終わったら、急いで飲み屋に飛び込んじゃう。
それでも今回は、ちょっとだけがんばって、夕景夜景の写真を撮ってみた。
久しぶりに写真が撮れたので、だから結構満足。
いや、その満足度合が普通の人よりはるかに低いというのがいけないところ。
でもまあいっか。お酒飲めたしwww

実は自動車で行ってるのである。
だから、初日と最終日は500キロ走らないといけない。
これがもう大変。
でも今回は、眠くもならず、どうにか無難に走れた。よかったよかった。
運転台が高い車は、長距離でも比較的楽だからいいよね。

今回は、RX100 M3とOM-D E-M1の2台を持って歩いたけど、
同時に使ってしまうと、さすがに使いやすさはE-M1の圧勝なのである。
やはりE-M1の方がEVFの見えが断然イイ。露出補正のやりやすさが断然イイ。
だから撮っていて、圧倒的にE-M1が楽しいのである。
本来比べちゃいけないんだけど、でもやっぱり比べてしまった。

RX100は、どうしてもそれしかカメラが持っていけない、って時にはいいでしょうね。
例えば出張の時とかね。
RX100 M3のEVFもよくできてるんだけど、しかしE-M1と比べてしまうと、そりゃ負けちゃうよね。
それと、コンデジだと思って撮ってしまうので、RX100は やはりピントが甘くなる時がある。
AFが悪いんじゃなくて、1型センサー&大口径レンズなことが原因。
撮るときに、どうしても小型センサーのコンデジ感覚で撮ってしまうので、
あらら失敗、っていうことが起きてしまう。
このカメラ、もっと1枚1枚をきちんと丁寧に撮ってあげないといけないのだ。

改めて、E-M1の良さを再認識してしまった旅だった。
できれば、8mmF2くらいの明るい単焦点、出ないすかね(魚眼じゃないやつ)。
9-18の写りは抜群なんだけど、F4で夜景は、やはり辛いんだよね。


Pc2811911s
(画像クリックで拡大します)
OLYMPUS  OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6   F4 1/50秒  WB/晴天 ISO6400


◆前記事はこちらからどうぞ。
  登山のカメラ(PART1)
  続:登山のカメラ(PART2) 
  続続:登山のカメラ(PART3)
  登山のカメラPart4
  登山のカメラ5/OM-D E-M1との日々(10)

  OM-D E-M1との日々(9)
  OM-D E-M1との日々(8)
  OM-D E-M1との日々(7)
  OM-D E-M1との日々(6)
  OM-D E-M1との日々(5)
  
  OM-D E-M1との日々(4)
  
  OM-D E-M1との日々(3)

  OM-D E-M1との日々(2)
  OM-D E-M1との日々(1)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.12.08

おぼえてる?

Pb2304861s
(画像クリックで拡大します)
OLYMPUS  OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO   F3.2 1/320秒  WB/曇天 ISO250

記憶力があまりよくない。

特に仕事関係のことを、見事に忘れてしまうことがある。
毎日いろんなことが巻き起こるので、
別に意図して忘れようとしてるわけじゃないんだけど、
それでも自動的にどんどん忘れていく。

仕方ないので一生懸命メモを取ったりするんだけれど、書くと安心して更に忘れる。
時間が経ってから自分が書いた議事録を読み返して
「ほ~~、こんなことがあったのか、そうなのか」
なんて感心してしまうことがある。
ダメだねこりゃ(笑)。

だからあとで何かあった時なんかに突っ込まれると、非常に弱い。
昔のことなど覚えてられないよ。
記憶力の良い人がうらやましいもんだ。

そういえば昔の同僚に、ものすごく記憶力の良い人がいた。
ある日、過去数年分の名刺を整理したそうで、1,000枚くらいあったらしいけど、
その中で、見ても全く思い出せなかった人の名刺は、たった3枚。
残りの997人は、どんな顔で、何の仕事をしていて、どんな話をしたか、全部覚えてたんだそうだ。

なんじゃそりゃ。

とんでもない才能だよ。オレには絶対ムリ。
そんな人と仕事したって、勝負になるわけないよね。

と、やさぐれてみたって仕方ないか(笑)。
まあ普通の人間として、地道にやりましょう。


話は変わるが、OM-D E-M1は、相変わらず良いカメラだ。
気が付けば、このカメラを手に入れてから、もう2年以上が経過したけど、
飽きっぽいオレが、全く飽きずに使い続けてるなんて、これはすごいことだ。
いつの間にか、5D MarkⅡの撮影枚数を超えてしまった。
そのうちまた、E-M1の話を改めてまとめてみようかなと思っている。

Pb2304951s
(画像クリックで拡大します)
OLYMPUS  OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO   F5.6 1/80秒  WB/曇天 ISO320

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015.11.29

Still alive

Pb2305851s
OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZD ED 12mm F2.0 F2.2 1/50秒  WB:晴天  ISO6400  新宿区

こんにちは。ごぶさたしておりました。

ええ、どうにか生きています。

随分と長いこと、ここを放置してしまいました。

もし見に来ていただいた方がいたら、すみませんでした。

でも元気にやっています。

またゆるゆると再開してみようかと思います。

今やちっともDAILYじゃなくなってますね(笑)。

でもまぁ、今後もきっと ゆるゆるといきますんで、そのあたりご容赦くださいませ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2015.02.23

レンズのお悩み

Pc212327s
(画像クリックで拡大します)
OLYMPUS  OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6   F8 1/60秒  WB/晴天 ISO4000 新宿区

ちょっと前までISO1600以上なんて使い物にならなかったのに、今は全然普通。
すごいなと思う反面、これでいいのかよと思ってしまう(笑)。
まあいいか。

ところで冬になると、すっかり行動力が鈍ってしまう。
かつては毎週のように富士山の麓に出没していたのだが、
どうも最近はさぼり気味だ。
雪や凍結路面に殊の外弱い今の愛車を出掛けない理由にしているけれど、
たぶんそれだけじゃなくて、寒いのがイヤなんだろうな。
そういう寒いとこで車中泊するのも、やっぱ切ないものがあるし(笑)。
はやく四駆でも手に入れて、この怠け心に喝でも入れてやらなくては(そんな金は無いが)。

さてそんなわけで、冬はもっぱら新宿御苑か、または街中のスナップ撮影というのが増えるのだが、
そうなってくると、やはり単焦点レンズに回帰してしまう。
風景撮影の場合、多少重くてもブサイクでも気にせずズームで撮っているが、
街中ではそうはいかない。カッコよくて軽くてよく写るレンズじゃないとね。
そんなわけで、ボケのキレイな明るいレンズは何がいいかなって毎日考え中。
しかしこれがまた悩ましい。なかなか一本には決められない。
フルサイズなら35mmの画角で決まりなのだが、マイクロフォーサーズって難しい。
ボケを重視すると望遠気味になって画角が狭くなるし、広角だとシャープに撮れすぎて困る・・・
でもこうやって悩んでる時間が実は好きなんだよね。ああオレってモノ好きなヤツ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.02.16

究極の一本

P2012968s
(画像クリックで拡大します)
OLYMPUS  OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO   F4 1/1000秒  WB/晴天 ISO200

前にも同じことを書いたかもしれないが、しかし何度でも書く。
全国のカメラマン共通の悩み、それは、究極の一本が欲しいということ!
できるならば、たった一本のレンズだけを持って、旅をしてみたい。
カメラは一台。レンズも一本。それだけで、ひたすらに撮る。
一本だけなので、たとえいろんな不便や制約があったとしても、
それでも自分を納得させられるだけの何かがあれば、レンズは一本だけでも良い。
その方が、集中できるのだ。その方が、たのしめるのだ。

というわけで、いつまでたっても究極の一本を探してるんだが、いまだに発見できていない。
そんなもん見つかるわけない。
でも探し続けるのがカメラマンの性。
今はやはり、単焦点が気になっている。
その昔は単焦点ばかり使っていたのだが、やはり単焦点は良いなと改めて思うのだ。
撮った写真を家のモニターで見る時の画像のキレイさというのは、やはりレンズに依存するところが大きい。
そしてそういう時、単焦点のクリアーな画質というのは、見ていてやはり違うものだ。
そして、対逆光性能の強さというのも、単焦点の武器である。

広角系で、最短撮影距離が短いってレンズっていうのも魅力。
広角接写というのは、オレの昔からの好みの撮り方だ。
反対に、中望遠のレンズで、おもいっきりボケを楽しむというのも手だ。
レンズのボケは、写真の楽しみの白眉かもしれない。
そう考えると、フルサイズというのは実に魅力的なのだが、
あんな重たいもん、持ち歩きたくない、というのも事実。
だがしかし、マイクロフォーサーズは軽いけれど、ボケは少し苦手分野だ。
長めの玉で寄り気味で撮ればボケないことはないんだけど、フルサイズには適わない。

こういうことを考えながら、布団に入って何を買おうか夢想に耽ったり、
電車に乗りながら、どういう構成でラインナップを組み直そうかなんて計算したり、
そういう時間というのは、実に幸せな現実逃避タイムなのである。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2月の雑感

P1182703s
(画像クリックで拡大します)
OLYMPUS  OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO   F4 1/320秒  WB/晴天 ISO200

ここ最近、風がやたらと強い。
北極の方の寒気がダイレクトに日本に吹いてくるのが原因で今年は寒さが厳しいが、
そのことと、風が強いことには関連があるのだろうか。
風が強いと、実際の気温よりも寒く感じるわけで、これは困るのだ。

しかしながら、寒さの厳しい冬というのは、オレにはなんとなく悪くない気がする。
へんてこりんに生暖かい冬がつづいて、いつの間にか一気に春が来たりすると、
その方が気持ち悪い。
特にここ数年は、季節が一気に変わってしまうことが多くて、なんだか変だ。
少しずつ変化するのが好きなのに。

そして話はまた変わるけど、やはり雪に弱い車というのは行動半径が広がらない。
ちょっとでも雪が降ったり凍結したりすると、もう怖くて出掛けられないし、
寒い地方に向かおうという気力が起きない。
その結果、冬の撮影チャンスをことごとく逃している。
E46(BMW)に乗っていた頃は、冬の山中湖に足繁く出掛けたものだが、
今やそれも遠い記憶だ。四駆があればいいのになぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.05

明けて新年

Pb301037s
(画像クリックで拡大します)
OLYMPUS  OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6   F8 1/500秒  WB/日蔭 ISO200 新宿区

いつの間にか新年。
ああ新年。
マジかよ。早いな~。


まとまった休みの取れる年末は、恒例の関西旅行。
・・・のはずだったが、なんと今年はホテルが取れなかった。
どうやらガイジン観光客たちに先を越されたらしい。円安も手伝って、空前の日本旅行ブーム。
安いビジネスホテルまで、予約で満杯。
結局あきらめて、どこにも行かなかった。

でもその後、何とはなしにネットを見ていたら、年末ギリギリになってキャンセルが出てきた。
なんだそうなのか。これなら去年と同じだよ。そういえば去年も直前で宿取ったんだ。
ガイジンのせいばかりとは言い切れないな。
だけど一度あきらめてしまったので、もう旅行の気分にはなれなかった。
とうとうどこへも行かなかった。本当にどこにも行かなかった。行ったのは東京タワーくらい(笑)。

お金はセーブできたけど、やっぱりもったいないね。
ものすごく不完全燃焼だよ。人間は、やっぱ旅に行かなくては。
そんなことを思った年末年始でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

目次とページング