カテゴリー「EF 70-300mm F4-5.6L IS USM」の14件の記事

2012.06.03

久々の撃沈

Img_7967_m
(画像クリックで拡大します)
CANON EOS 5D MarkⅡ EF70-300mm F4-5.6L IS USM  F11 1/40秒  WB:太陽光 ISO400  長野県小川村 (2011年撮影)

つくば市の竜巻はホントにすごかったですね。
(被害に遭われた方にはお見舞い申し上げます)。
アメリカと違って住宅が密集しているので、たくさんの家に被害が出てしまう。
動画サイトで映像を見ると、そのとんでもないエネルギーには驚くばかり。
家の中にいてもガラスが割れたり、家ごと飛ばされたりしたら、
一体どこへ逃げればいいんだろうか。ほんと怖い。

同じ日に東京でもヒョウが降ったりしたけど、最近の天候ってもう ぐちゃぐちゃ。
今年の春先は気温の上がり方がゆるやかで良い感じだな~なんて思っていたけど、
ここへきて また変な感じに逆戻りしてしまった気がする。

さてこの週末は撮影会で戸隠へ。
自分の知らない撮影地に連れていってもらえるというのは非常にありがたく、そして楽しいことだ。
趣味が共通してる人々だから、話をしててもキリが無いのでこれまた楽しい。
しかしあまりに薄着で行ってしまって寒かったのと、
飲みすぎて沈没して朝寝坊してしまったのは大失態。ああなんたること!
それにしても面白かった。体力も使ったけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012.05.09

幸せのひと時

Img_8398_m
(画像クリックで拡大します)
CANON EOS 5D MarkⅡ EF70-300mm F4-5.6L IS USM  F8 1/200秒  WB:太陽光 ISO160  長野市中条村 (2011年撮影)

昔はメーカーで働いていたので、
ゴールデンウィーク10連休は当たり前のことだった。
でもどうやらそれは製造業界だけの慣習で、
連休でもカレンダー通りに働いてる会社がものすごく多いってことに、最近やっと気がついた。
そうやってせっせと会社へ行く姿を見ていると、みんな頭おかしいんじゃねえのかと思ってしまう。
斯く言う自分も仕方ないのでカレンダー通りに働いたりしているけれど、
日本のみなさんは休みたくないんだろうか?なにかんがえてんだろか?と思ってしまう。
こうなったら国家が強制的に全部祝日にするしかないだろう。
日本人はマジメなので、平日はガマンできずに出勤してしまうのだ。

ところで関係ないけれど、
車の中でビール飲みながら至福の夕食タイムを過ごしている時、
絶対にラジオのナイターが聞きたくなる。
たとえワンセグのテレビがバッチリ映る地域だとしても、こういう時はラジオのナイターがいい。
ところが不思議なことに、試合の内容そのものには全然興味ないのである。
一応ジャイアンツファンなので、巨人戦の時にはそれなりに展開を気にしているが、
別に巨人戦じゃなくてもいいのだ。ナイターやっててくれればそれでいい。
そしてできれば、アナウンサーの喋りがうまくて盛り上げてくれる放送がいい。
つまりナイターは、内容はともかく、ゴハンがおいしくなる抜群のBGMなのである。
だからゴハンの途中でナイターが終了してしまうと、非常に寂しくなってしまう。

今年は夜の雨が多かった。
どしゃぶりの道の駅で、雨が車の屋根を叩く音とナイターをBGMに、
ビール飲みながら至福の時を過ごす晩が多かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.05.08

信濃の春

Img_7949_m
(画像クリックで拡大します)
CANON EOS 5D MarkⅡ EF70-300mm F4-5.6L IS USM  F10 1/80秒  WB:太陽光 ISO200  長野県小川村 (2011年撮影)

連休は昨年に引き続き長野へ行ってきました。
白馬から小川村へ、そして最後は長野市中条村というコース。
今回は特に、小川村という場所をメインに回りました。

小さな村ですが、私の大好きなところです。
桜の季節には少し遅かったですが、それでも山桜はたくさん咲いていました。
ものすごく不安定な天候でした。
夜寝ていると必ずどしゃぶりで、それでも昼間はほとんど雨は降らず、
撮影には支障をきたしませんでした。これは実に運が良かった。

今回はフィルム(645N)での撮影がメインでしたので、
5DⅡは持って行きましたが、結局撮影枚数ゼロ(かわいそう・・・でもよくあるんですよね)。
デジタルだと、枚数は確かに稼げるんだけど、
たくさん撮った割には出来がイマイチってことがよくあるので、
今回は割り切ってフィルムばかりで撮ってみました。その方が満足感も高いので。
というわけで、上の写真は、昨年撮ったものです。
行った場所はだいたい同じなので、しばらく昨年の5Dの写真をUPしてみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.26

思い詰めてはならぬ

Img_1062_m
CANON EOS 5D Mark Ⅱ EF70-300mm F4-5.6L IS USM  F5.6  1/200秒  WB:晴天  ISO320 新宿区

突然何も撮れなくなる時というのがある。
かなりのスランプである。
思えば同じ場所ばかり通いすぎて、そこで変なスパイラルに陥ってしまっている。
そこから離れて他の場所へ行けばいいんだが、どうもそれができない。悔しくてできない。
奥多摩を極めてみようと思って随分と通ったのだが、
やはり一辺倒になってしまうというのは良くないと思う。足元が見えなくなってくるのだ。
今のオレには新鮮さがわからなくなっている。
好きになりすぎて同棲してしまった女みたいなもんか。良さも悪さも判別つかない。
そういう時は距離を置くに限る。しばらく違った場所へ行こう。

相変わらずホームグラウンドを探しているのだ。
奥多摩へ通い続ける行動も、身近に自分の納得いくテーマを見出したい一心からである。
みんな何撮ってんだろうとつくづく思う。みんなすごいなと。
本屋に行って、写真集のコーナーで立ち読みしまくる日々である。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.12.24

落月

Yamanaka_2_m
(画像クリックで拡大します)
PENTAX 645N  smcPENTAX A645 35mmF3.5   F13  20秒   RVP100 山中湖

冬の山中湖には早くても年末に行くのが通例なのだけれど、
今年は月食があったので、12月10日に行ってきた。
平野でいつも行く湖岸は台風の影響で水没してしまっていた。ショック。
仕方ないので付近のいつもと違う駐車場に陣取る。
月食だから さぞかし混雑しているのかと思いきや、ガラガラで逆に驚いた。
翌朝の富士山撮影の方が3倍くらい混んでいた。
なんだよ月食って人気無いじゃん。月が不憫だ(泣)。

明け方、富士山の圧倒的な迫力を横に見ながら、
夕べの主役だった満月が西の空へひっそりと沈んで行く。

Img_1353_2_m
CANON EOS 5D Mark Ⅱ EF70-300mm F4-5.6L IS USM  F5.6  1/3秒  WB:晴天  ISO6400 (トリミング) 

皆既に入り赤銅色に輝く満月。なんともいえない美しさ。

天体撮影は殆どやったことがない。富士山のバルブ撮影くらい。
そういう普段やらないことは、いきなりやっても絶対にうまくいかない。
普段の風景撮影ですら、何度も繰り返して失敗して、ようやく覚えていくのだから。
というわけで、月食の写真は適当にデジカメで撮って終了。
それよりも、肉眼で楽しもうと決めていた。
何十年ぶりだろう月食見るのは。子どものころは星が好きで、毎晩星を見ていたんだが。

しかし、久しぶりに見たら、月食ってちょっと地味だなと改めて思ってしまったのも事実。
(だから見てる人が少ないの?)

Yamanaka_1_m
(画像クリックで拡大します)
PENTAX 645N  smcPENTAX FA645 80-160 F4.5   1/4秒  F22    RVP100 

翌朝は、もう完全に冬の空だった。
富士山特有の麓から湧く雲も全く出ず、昼近くになっても快晴状態がつづいた。
撮っている人たちにはもう少し変化が欲しかっただろうけど、こういう抜けるような光景は やはりキレイだ。
見た目よりも更に赤を強調したくて、アンダーで描く。ベルビアの色は気持ちがいい。
やっぱり富士山はいいなぁと思う瞬間。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011.11.18

水辺の願望

Img_0972_m
(画像クリックで拡大します)
CANON EOS 5D Mark Ⅱ EF70-300mm F4-5.6L IS USM  F5.6  1/330秒  EV-0.3  WB:晴天  ISO2500

札幌では たくさん雪が降ったというのに、
東京はそんなに寒くない。
コートを着ている人は、まだまだ少ない。マフラー姿も少ない。
そもそもオレなんて、いまだに夏用のスーツのままである。
そんな状況の、2011年の11月。

今朝はドトールでアメリカン。
お昼はうどんとかやくごはんのセット。
夜は飲み放題メニューの白ワイン。おいしくはないが、安くてバンザイ。

今週末は久々に、川に写真を撮りに行ってみようかと画策中。
前日入りして、のんびりお酒でも飲んでみようかな。
なんだか今週は、いろいろとバタバタでなのである。休憩したいのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.11.15

夜景で楽しそう

Img_1031_m
(画像クリックで拡大します)
CANON EOS 5D Mark Ⅱ EF70-300mm F4-5.6L IS USM  F5.6  1/330秒  EV-0.3  WB:晴天  ISO1600

フジフィルムのX10っていうカメラが発売された。
別に興味もなかったけれど、ぼーっといろんなサイトを見ていたら、
高感度が結構キレイだ。
しかもこれ、2/3型のCMOSを使っている。
てっきりAPS-Cサイズかと思っていたけど、
どうやらこれはX100とは違って、コンデジの部類に入るカメラのようだ。
小さなセンサーなのに、結構がんばっている。

そういえば、オレの持っているFinePix F30も、高感度は一生懸命がんばっていた。
角ばった無骨な外観からこのF30を「セッケン」と呼んで愛用していたけれど、
夜景のノイズを一生懸命見えにくくするための涙ぐましいまでのチューニングによって、
コンデジなのに夜でも楽しめた(ちなみにこの“セッケン”は まだ手元に残っている現役機なのだ)。
そうかあのフジフィルムのカメラなんだから、
きっと高感度は期待できるんじゃないだろか。画素数も1200万に抑えているようだし。

露出補正がダイヤルで操作できるというだけで、妙に惹かれてしまう。
いまどきは手抜きのカメラが多いので、
操作やメニューのつくりがいい加減でイラつくことが多いのだが、
ダイヤルやボタン類がたくさんついているというだけで、とても好感が持てる。
きちんとした光学ファインダーがついているのもいい。
(でもこれ、どこにピントが合ってるのかファインダーでは確認できないみたい。
 それってちょっとどうなんだろう。結局は液晶見ながら撮る機会が増えるんだろか)

それにしても、
各メーカーとも、今までと違って、製品に少しずつ個性が出てきた気がしておもしろい。
こういう方向性は、なかなか楽しいことだと思う。
(でも、できあがった写真からは どのメーカーのカメラなのか全然見分けつかない気もするが)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.11.13

休日

Img_0962_m
(画像クリックで拡大します)
CANON EOS 5D Mark Ⅱ EF70-300mm F4-5.6L IS USM  F5  1/200秒  EV-0.3  WB:晴天  ISO160

いろいろ計画してたつもりだったのに、
結局なんにもできなかった週末だった。

いや実際には、
いろんなところへ行って、いろいろ行動をしたんだけれど、
写真を撮るか山に登るか、どっちかをしてないと、結局満足できない最近の自分。
今度の休みあたりは、やはり出掛けてしまうんだろか?
しばらくぶりに、三脚立ててじっくり撮影したい。空気のうまいとこでね。

あっ、日本シリーズどうなったんだ?
ナイターくらい見たいと思うのに、忘れちまってるオレ。いかんなこりゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.11.08

ぱなしのはなし

Img_1028_m
(画像クリックで拡大します)
CANON EOS 5D Mark Ⅱ EF70-300mm F4-5.6L IS USM  F4  1/80秒  EV-1.7  WB:晴天  ISO320

一眼レフはレンズが交換できることがメリットだというのに、
レンズを交換するその作業こそが、とてつもなく面倒だったりする。
だから、レンズ交換を あまりしない方だ。
何か1本をつけっぱなしにして、撮る。
撮れないものがあったら、あきらめちゃう。
いさぎよく諦めたほうが、精神衛生的に逆によかったりする(気がする)。

久しぶりに長いレンズをつけて さんぽ。
望遠レンズは楽しい。
自分の場合、200mmだとちょっと物足りないので、この300mmまである望遠が気に入っている。
曇り空の公園は、木陰に入るとホントに暗い。
フィルムでは手持ちが難しくても、こういう時にデジタルは強い。
(そのかわり、明るいところだと、なんだかつまらない写真ができてしまうけど)

ところで、
高速道路休日1,000円が廃止されてしまい、今月の高速代請求額がいきなり高騰!
なんたること!あのスバラシイ日々よ帰ってきてくれ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.06.14

雨の午後

Img_8974_m
(画像クリックで拡大します)
CANON EOS 5D Mark Ⅱ  EF 17-40mm F4L USM   F5.6  1/20秒 EV-0.3   WB:太陽光 ISO1600 東京都青梅市

モナコグランプリも終わり、今年のF1も いよいよ佳境に入ってきた。
しかし久々の生中継だったカナダグランプリは、あまりの大雨のため、2時間の中断。
そして生中継が逆に仇となり、レース前半なのに時間切れで中継終了。
(大昔、ブラジルグランプリでも こんなことがあったような気がする。こういうのも久しぶりだ)
小林可夢偉、途中まで2位を走って頑張ってたけど、中断が悪い方に出てしまったようで残念だった。

カナダもよく降ったけど、
2週続けて通った海沢(うなさわ)渓谷も、実によく雨が降った。
そしてその帰り道、二俣尾駅近くの喫茶店で、
その日の撮影の話などしながらコーヒーを飲むひと時が至福。
外は超どしゃぶり。他にお客さんもいない静かな店内で、
今日の川の状況とか、新しいカメラの話とか、次は何のレンズが欲しいとか・・・

この日は あまりに雨が激しくて、5DⅡしか使えなかったが、
本当はフィルムで撮りたいよね、っていう結論で話はまとまった。
そんな5DⅡも、上部の液晶に水が染み込み、なんだか危ない状況だった。
帰ってきてからドライケースに入れておいたら キレイサッパリ消えてしまったが、
5DⅡの防滴機能も この程度なのだろか。やはりE-3には適わなかったか。

はやくまた渓流いきたい。

Img_8988_m_3
(画像クリックで拡大します)
CANON EOS 5D Mark Ⅱ EF70-300mm F4-5.6L IS USM  F5 1/160秒 EV-0.3 WB:晴天 ISO3200  青梅市

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

目次とページング