カテゴリー「京都 Kyoto」の11件の記事

2015.12.31

OM-D E-M1との日々(12)

Pc2811231s
(画像クリックで拡大します)
OLYMPUS  OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6   F4 1/60秒  WB/晴天 ISO4000

2年前、5D MarkⅡとSIGMA 35mm F1.4の組み合わせで京都を撮った。
その時は、全てをこの1本だけで撮り切った。
35mmは自分にとって大好きな画角だ。
28mmでは広すぎる。50mmでは狭くて苦しい。35mmはその間の絶妙な画角。広くも狭くも撮れる。
時々超広角が欲しいなと思う時もあったけど、
でもSIGMA 35mm F1.4の写りなら、諦めもついた。
重いしデカいし見た目もブスだったけど、でもその描写は絶品だった。
全てを一本で撮ってやろうという割り切りができた。
そういう究極の1本ってあるもんだ。

Pc2810991s_2
OLYMPUS  OM-D E-M1  LUMIX G 20mm / F1.7 II ASPH F1.7 1/80秒  WB/晴天 ISO200

Panasonic 20mm F1.7の写りは絶品ではあるけれど
SIGMA 35mmと比べてしまうと、そこまでの描写ではない。
とてもよく写るんだけど、超絶的かといえば、そこまですごくはない。
当然だがボケ量も不足に感じてしまう。
だから途中でどうしてもレンズ交換したくなってくる。迷ってしまうのだ。
迷いはよくない。迷いがあると、写真にも必ず迷いが出てしまう。

Pc2810001s
OLYMPUS  OM-D E-M1  M.ZD 14-150mm F4.0-5.6 II F5.5 1/160秒  WB/晴天 ISO4000

マイクロフォーサーズには「この1本!」という究極のレンズが、まだ少ない気がする。
たとえばNOCTICRON 42.5mm/F1.2あたりなら、たとえ画角的に苦しくても、
1本勝負してみてもいいと思えるだろう。
M.ZUIKO PROシリーズも、武骨なズームばかりで全然おしゃれじゃない。
街中のスナップには似合わない。12-40なんてバキバキにシャープ過ぎて、くたびれちゃう。
期待するのは、17.5mmをF1.0化してしまうこと。または8mm F2の単焦点とか(魚眼じゃないやつ)。
そういう夢レンズを早くラインナップして欲しいと思う。
そうすれば、理想の軽量おさんぽカメラが完成するのだ。

Pc2811261s
OLYMPUS  OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6   F4 1/80秒  WB/晴天 ISO5000

さて、京都の旅は終わってしまったが、来年は何をしようかな。
自分の中で、来年の姿が全然描けてこない。いかんねこりゃ。
もっといろいろ計画を立てて、それに向かってばんばりたいものだなぁ。
でもその前に、とりあえずビール飲もっか(笑)。

では、みなさんもどうぞ良いお年を。

Pc2811811s_2
OLYMPUS  OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6   F4 1/40秒  WB/晴天 ISO6400

◆前記事はこちらからどうぞ。
  登山のカメラ(PART1)
  続:登山のカメラ(PART2) 
  続続:登山のカメラ(PART3)
  登山のカメラPart4
  登山のカメラ5/OM-D E-M1との日々(10)

  OM-D E-M1との日々(11)  
  OM-D E-M1との日々(9)
  OM-D E-M1との日々(8)
  OM-D E-M1との日々(7)
  OM-D E-M1との日々(6)
  OM-D E-M1との日々(5)
  
  OM-D E-M1との日々(4)
  
  OM-D E-M1との日々(3)

  OM-D E-M1との日々(2)
  OM-D E-M1との日々(1)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.12.30

OM-D E-M1との日々(11)

Pc2811901s
(画像クリックで拡大します)
OLYMPUS  OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6   F4 1/80秒  WB/晴天 ISO5000

2年ぶりに、年末京都だらだら旅行に行った。
ずばり言って、飲むための旅である。
だから観光は全然頑張らない。せいぜい1日2ヶ所まで。
それが終わったら、急いで飲み屋に飛び込んじゃう。
それでも今回は、ちょっとだけがんばって、夕景夜景の写真を撮ってみた。
久しぶりに写真が撮れたので、だから結構満足。
いや、その満足度合が普通の人よりはるかに低いというのがいけないところ。
でもまあいっか。お酒飲めたしwww

実は自動車で行ってるのである。
だから、初日と最終日は500キロ走らないといけない。
これがもう大変。
でも今回は、眠くもならず、どうにか無難に走れた。よかったよかった。
運転台が高い車は、長距離でも比較的楽だからいいよね。

今回は、RX100 M3とOM-D E-M1の2台を持って歩いたけど、
同時に使ってしまうと、さすがに使いやすさはE-M1の圧勝なのである。
やはりE-M1の方がEVFの見えが断然イイ。露出補正のやりやすさが断然イイ。
だから撮っていて、圧倒的にE-M1が楽しいのである。
本来比べちゃいけないんだけど、でもやっぱり比べてしまった。

RX100は、どうしてもそれしかカメラが持っていけない、って時にはいいでしょうね。
例えば出張の時とかね。
RX100 M3のEVFもよくできてるんだけど、しかしE-M1と比べてしまうと、そりゃ負けちゃうよね。
それと、コンデジだと思って撮ってしまうので、RX100は やはりピントが甘くなる時がある。
AFが悪いんじゃなくて、1型センサー&大口径レンズなことが原因。
撮るときに、どうしても小型センサーのコンデジ感覚で撮ってしまうので、
あらら失敗、っていうことが起きてしまう。
このカメラ、もっと1枚1枚をきちんと丁寧に撮ってあげないといけないのだ。

改めて、E-M1の良さを再認識してしまった旅だった。
できれば、8mmF2くらいの明るい単焦点、出ないすかね(魚眼じゃないやつ)。
9-18の写りは抜群なんだけど、F4で夜景は、やはり辛いんだよね。


Pc2811911s
(画像クリックで拡大します)
OLYMPUS  OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6   F4 1/50秒  WB/晴天 ISO6400


◆前記事はこちらからどうぞ。
  登山のカメラ(PART1)
  続:登山のカメラ(PART2) 
  続続:登山のカメラ(PART3)
  登山のカメラPart4
  登山のカメラ5/OM-D E-M1との日々(10)

  OM-D E-M1との日々(9)
  OM-D E-M1との日々(8)
  OM-D E-M1との日々(7)
  OM-D E-M1との日々(6)
  OM-D E-M1との日々(5)
  
  OM-D E-M1との日々(4)
  
  OM-D E-M1との日々(3)

  OM-D E-M1との日々(2)
  OM-D E-M1との日々(1)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.20

日本酒でイイ気分なう

Dsc00619_m
(画像クリックで拡大します)
SONY Cybershot DSC-TX7  F3.5   1/8   EV-1  ISO800   WB:AUTO

友人からメールが来た。
涸沢に行って、ものすごい紅葉を見たという。証拠の写真付きだった。
悔しいので、その場でホームに携帯捨ててやろうかと思った(実行には相当勇気要るけど)。

自然の風景というのはホントにタイミングが難しい。一発勝負のバクチに近い。
せっかく山に登っても、ガスで何も見えなかったり、雨だったり。
晴天だったとしても、紅葉は数日前に終わってたりして。
だからラッキーな時期に青空バックで真っ赤なダケカンバの写真なんて送られた日には・・・(苦笑)。

10月3連休に行った栂池も、紅葉がバッチリ残っていた。
これは実に稀有な出来事。ビジターセンターの人いわく、
「10月1週目まで紅葉が残ってることは殆どない」
ってことなのだ。それが今年は大幅に遅れた。
涸沢だって、去年は9月末で紅葉は終わってしまったのだ。今年はちょっと異例。

ところで話は全然変わるが、生まれて初めて京都へ出張に行った。
大阪なら何べんもあるけど、仕事で京都って初めてだった。なんだか新鮮。
ほんのわずかな空き時間に、夜の東山を散歩してみた。
サイバーショットの手持ち夜景モードで撮ってみたら、これって意外と写るのでビックリ。
今や、手持ちで夜景が撮れてしまう時代なのだ。旅行に三脚は、もはや必要なくなったのか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.07.27

夏はやっぱり京都です

IMGP8850-s
PENTAX *ist D  smcPENTAX FA35 F2AL  1/500 F3.5

久しぶりに本家のホームページをいじっていたら、
あまりに久しぶりだったので、更新方法をすっかり忘れてしまいました。
それですっかりblogの方が留守になってしまい・・・ご無沙汰してました^^;

ようやく京都の写真をUPしましたので、よかったら是非見てやってくださいまし。
こちらです。 2005 KYOTO 祇園祭

今回は、殆どを*ist Dで撮りました。
そもそも祇園祭の京都は地獄の暑さ。できるだけ荷物は減らしたい。
ということで、CONTAXは全てお留守番。銀塩はGR-1のみ(それもほとんど撮らなかった)。
どうもオレの場合、いくつもカメラを持っていると、気が散っちゃってダメみたいです。
今回は*ist Dに集約したおかげで、撮りやすかったです(暑かったけど)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.07.22

休憩が必要だ

IMGP8770-s
PENTAX *ist D  smcPENTAX FA35 F2AL  1/180 F2.8

関西地方は明日も猛烈な暑さとか。
関東はここ数日暑さの中休みで、だいぶ過ごしやすい。
しかし、先週末に行った京都の猛烈な暑さ&店内の強烈な冷房による波状攻撃をくらい、
遂にカゼひきました。
どうも最近、免疫力が弱っているのだろうか?カゼなんてひかない人間だったのに。
クーラーガンガンの職場や学校にいて、みなさんは体調壊したりしないのですか??
今週は少し静養してみることにしよう(いつもそんなことばっか言ってるけどさ)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.07.20

最強兵器にも弱点

IMGP8609-s
PENTAX *ist D  smcPENTAX FA35 F2AL  1/125  F8 (トリミング)
山鉾巡行最大の見所、「辻回し」。車輪の下に竹をしきつめ、水を撒き、力を合わせて一気にに方向転換する。

3時間同じ場所に立ち続けるというのは、それはもう地獄のように辛いです。
祇園祭が5月とか10月だったら、どれほど楽なことでしょう(トホホ)。
しかしですね、暑さの真っ只中で行われるからこそ、祇園祭なのです。
今年はうす曇りの天候だったので、まだ救われました。

そういえばこれを撮っている時、オレの隣にガイジンさんがいて、
EOS 1DsにスタビライザーつきのEF70-200のセットで、やる気マンマンの様相でした。
それってよく考えたら、本体100万+レンズ28万の最高級セットじゃねぇか!すげえぞガイジンさん!
こっちは短焦点しか持ってないし、手ぶれ補正なんてないし、あああ~、
あのガイジンさんは、さぞかしスバラシイ作品が撮れたんだろうな~、とジェラシー。
でも、気がつくとガイジンさんが視界から消えてました。
?と思ってよく見たら、オレの足元でしゃがみこんで溜息ついてました。
最高級セットは、最重量セットでもあるのだ!重さだけならオレの勝ちだ!ハッハッハ・・・

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005.07.19

夏の都

IMGP8426-s
PENTAX *ist D  TAMRON SP AF90 F2.8 MACRO  1/125 F2.8  WB:daylight

最近写真を撮る機会が少なくて不満な状態がつづいていたからだろか、
久しぶりに旅行に行ったら3日間で700枚も撮ってしまった。ああおもしろかった。
あまりにも撮りすぎたので、全部JPEG★と低圧縮になってしまったが、
もはや次回からはストレージが必須だと気づいた。最低でも★★で撮りたかった。
それでもちょうどCFが空になった瞬間に旅行が終わったので、運がよかった。

大好きな祇園祭に5年ぶりで行ってきた。
タイミングが合わないとそうそう簡単には行けないだけに、嬉しさもひとしお。
暑くても辛くても、それも祇園祭なのだ。夜のビールがおいしいのだ!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.02.26

京都の写真どす

IMGP6789-s
PENTAX *ist D  smcPENTAX DA14 F2.8ED   1/60 F3.5 

2月の真っ只中に行ってきた京都の写真を本家のホームページにアップしました。
(あんまり長いこと更新してなかったので、操作をすっかり忘れちまって困りました^^;)

現地に行っては酒ばかり飲んでしまい、毎晩友人邸に転がり込み、
チェックアウト時間が無いのをいいことに朝はとてつもなく寝坊。
そして外に出ればあまりの寒さで、どうも写真に力が入りませんでした。

京都って、冬場はスカッと晴れることが少ないんですね。
日が出ているかと思ったら、急に雨が降ってきたりして、どうも安定しません。
次はバカみたいに暑い夏の京都にでも行ってみようかと思ってます。  
本家ホームページ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005.02.22

週末は雨のち雪

IMGP6868-s
PENTAX *ist D  smcPENTAX DA18-55  1/15秒 F4

週末の天気が悪いですね。
土曜日は、またしても雪が降りました。今年は雪が多いです。
しかしまぁ、雪の中を仕事に行くよりも、休みの時に降ってもらった方がいいかもしれない。
でもやっぱり休みの日は天気が良い方がいい。そうでないと、写真も撮れない。
カメラってのは、やはり濡れてはいけないのです。それだけ大切なものなのです。
でも、心のどこかで、防水のカメラには憧れてしまいます。うらやまし~。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005.02.17

先端部がツライ

IMGP6801-s
PENTAX *ist D  smcPENTAX DA14 F2.8ED  1/20 F4

最盛期に比べると僅かに人が少ない。
しかしあくまでも 「僅か」なのである。やっぱり京都は混んでいる。
混んではいるが、せっかく来たんだからゆっくりしてやろう。
畳に座り、ぼーっと庭を眺める。ここの庭はとても落ち着くのだ。

寺を出ると、足先が冷え切って痛みを感じた。
昔から手足が冷えやすい人間なのだ。
冬場なんて、靴下履いて寝てたこともあったくらい。
(最近は風呂にダラダラ入るようになって少し解消されたけど)

昔の人々は、こんなに寒い中で、よくぞ暮らしていられたもんだ!
冷え性の坊さんの運命はどうなってしまうのだろうか?
ま、そんなことはどうでもいいや。はやくあったかくなってくれ~っ。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧

目次とページング