カテゴリー「イタリア Italy」の27件の記事

2008.06.17

旅とCONTAX T2

P5064984s
(画像クリックで拡大します) 撮影地:志賀高原  撮影:OLYMPUS E-3

旅に出る時は、荷物は少ない方がいい。
最近はどうもカメラの台数ばかり増えてしまって実によろしくない傾向なのだが、
でも本当は少ない方がいいと思っている。
たくさん持っていると、気が散って枚数があがらないのも事実。
そしてそういう時に限って、何撮ってんだかわかんないような失敗を量産するもんだ。

旅の最中に、「今日の午後はCONTAX T2だけ」と自分でルールを決めて撮る時がある。
ホテルに全機材を置きっぱなしにして、T2だけで撮る。
最初は不安になる。やっぱりもう一台あれを持ってきとけばよかったかな?なんて。
でも、帰ってきてから結果を見ると、結局こういう時の写真が一番いいのだ。
なにしろ、迷いがない。迷いがないと、T2の良さを最大限に導き出せる。

CONTAX T2には、いまだにびっくりさせられる時がある。
こんなに小さなカメラなのに、あっさりと一眼レフの仕事に勝ってしまうことがあるからだ。
小さなレンズからは想像もつかないほど、重厚な色合いを吐き出し、
70cmまでしか寄れないくせに、信じられないほどキレイにボケる。
夕焼けを撮ると、ギョッとするくらい周辺落ちしたりもする。

デジカメで撮ると、単なる記録映像になってしまうことがよくあるけれど、
同じ風景をフィルムで撮ると、それはもう根本から全く違う“作品”になることがある。
今は やたらと高画素化するデジカメだけど、画素数が少ない方が、絵になる時だってあるのだ。
もし試したことが無い人がいるなら、だまされたと思って一度リバーサルで撮ってみて欲しいと思う。
初めて透過光で自分のポジを見た時、感動しちゃうから。

T2_pienza_13s
(画像クリックで拡大します)
CONTAX T2 Sonnar T* 38mmF2.8  RDPⅢ Pienza Italy  イタリア ピエンツァ近郊にて   

イタリアのT2写真はこちらにも入ってますのでよろしければどうぞ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007.04.18

またしても西へ

Imgp4711_m
PENTAX K10D  smcPENTAX DA16-45 F4ED AL 1/2.5秒 F4 EV-1.3 WB:オート ISO400 ペルージャにて Perugia

一瞬にして10日以上が過ぎてしまいました。
ごぶさたしちゃってスミマセン。
カゼをひいて、熱が全然下がらなくて、ほぼ1週間も仕事を休んでしまいました。

カゼで会社を休んだのは、初めてのことかもしれません。
すぐに治るのかと思ったら全然治らなくて、
毎日38℃以上の熱が出ました。

本でも読めるかと思ったけど、頭を使うことは何もできませんでした。
仕方なく、夜は寝まくって、昼間は12チャンネルで午後のロードショーです。
人が働いてる時に特攻野郎AチームとかJAWS2とか見れるってのはシアワセです。
しかし体がだるかった。ちっとも熱が下がらなかった。

そしてやっと治ったかと思ったら、
行きたくもない上海出張の時期になってしまいました。
明日から5日間ほど、またしても中国行って来ます(全然行きたくね~)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007.04.03

波濤を越えて

G2_milano_4_m
CONTAX G2  CarlZeiss Hologon T*16mm F8  FUJI RDPⅢ  ミラノ Milano

月曜日は、つかれます。
何回やっても、つかれます。
大した仕事がないとしても、妙なエネルギーを必要とします。

月曜が終われば、
火曜日からは惰性でやっていけます。
今週もどうにか月曜を乗り切ったので、なんとかこの先もがんばってみたいと思います。

以上、今週の所信表明でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.04.01

春 風やや強し

Imgp4532_m
PENTAX K10D  smcPENTAX DA16-45 F4ED AL F4.0 1/8秒 EV-0.3 WB:オート ISO400 ヴェネチア Venezia

結局今日はまぁまぁの天気になりましたね。
そんなわけで、この週末は結構桜を楽しむことができました。
学生の頃から国立の桜を毎年のように見ているのですが、今年も行ってきました。
桜の下をのんびり歩いているだけで、なんとなくシアワセな気分になれます。
週末は雨だとあきらめていたので、今日桜を見られたのはラッキーな気分でした。

昨日(土曜日)は、友人邸に集合して食事会。
飲むのはオレ一人なので、飲み会ではなくて「食事会」。
飲み相手がいないので、結局ワイン1本一人で飲んでしまいました。
うまいもの食べたり、酒を飲んだり、時々昼寝したりしながら、
ついに明け方3時までダラダラしてしまい、最後は懐かしのダイハード2を見て、
夜の道を走って帰ってきました。

明け方の空いた道路って、なんだかいいですよね。
学生の頃には、こういう風景をさんざん見ていましたが、最近は見る機会も少ないです。
学生時代っていうのは時間があったんだな~、と、しみじみ思う次第。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007.03.30

桜の頃

Imgp4511_m_1
PENTAX K10D  smcPENTAX DA16-45 F4ED AL F4.0 1/8秒 WB:オート ISO400 ヴェネチア Venezia

今日は六本木ヒルズへ行きました。
普段行かないようなところで昼食会をして、フレンチなんて食べてると、
なんか落ち着きませんね~(笑)。

自分じゃ絶対食べないような高いヒルメシ食いつつ回りを見ると、
おしゃれなオネーサンとかエグゼクティブな方々がたくさんいて、
どうもオレは間違って金持ちになってもこういうところには来ないんだろうな~
とマジメに考えておりました。

そもそも食い物にはそんなにこだわりがないんです。
焼き鳥と日本酒があればいい。
スーツとかじゃなくて、ジーパンでリラックスして飲みにいきたい。

あ、また飲みに行く話になっちまったか。

(それにしてもここのところ、写真と文章がまったくもってリンクしてませんね:笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

入学式まで持たない

Imgp4360_m
PENTAX K10D  smcPENTAX DA16-45 F4ED AL F4.0 1/4秒 WB:オート ISO400 ヴェネチア Venezia

仕事で三鷹へ行ったので、
昼休みを利用して(っていうかサボって)井の頭公園に行きました。花見。

どう考えても満開に見えましたが、
ネットで今見てみたら、今日で5分咲きなんだそうです(あれで?ふーんそんなもんなのか)
GR-1に、イタリア旅行PROVIAが残ってたので、
花を撮って楽しみました。

桜はいいですね~、しみじみ。
本当に、春のこの季節は、もう心の底からウキウキしちまってどうしよーもありません。
いかにも春って感じの晴天は今日までみたいで、この先1週間くらい天気が悪いようなので、
まともな花見はきっとこれが最後なんでしょう。
たった30分の花見。

しかし昼間っからものすごいたくさん人いたけどみんな何してる人なの?(オレもか)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007.03.29

足を伸ばしたい

Dscf0977_m
FUJIFILM FinePix F30 AE F2.8 1/90秒 WBオート ISO1600 F-クロームモード  ミラノ駅構内

最近居酒屋に行くと、
座敷席で長時間座ってるのが辛くなりました。
以前は好んで座ってた記憶がありますが、今になってみると不思議です。

とにかく足が辛いんです。
古い居酒屋なんかだと、ものすごく狭いところに無理やり4人で座らせられたりするけど、
あれ、ちょっとヤバイですね。飛行機のエコノミーシートより、もっと辛いものがある。

酒も弱くなりました。
すぐ眠くなります。
フトンが目の前にある状況なら、結構イケルんですが(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.03.28

ヴェネチアの高潮被害

Imgp4579_m
PENTAX K10D  smcPENTAX DA16-45 F4ED AL  F4 1/2000 WB:オート ISO400 ヴェネチア(サンマルコ広場)

ヴェネチアの象徴、サンマルコ広場。

アクアアルタ(高潮被害)の時には、市内で一番標高の低いこの場所が、真っ先に被害をくらいます。
広場全体が、プールみたいになるそうです。
もしそういうことになったら観光もできないし、困るな~、と思ってましたが、
幸いそういうことにはなりませんでした(不謹慎ながらちょっとそれを見てみたい気もしましたが)。

アクアアルタは、年々ひどくなってるそうです。
広場がプールになってしまっても、午後になると水が引くので、
そういう時、地元の人は諦めて水が引くまでじっと待ってるそうです。
(被害統計のグラフはこんな感じ。単位はおそらくアクアアルタの発生回数です)
Dscf1053_m_1

海から直接上がってくる高潮以外に、
マンホールや石畳のすき間からも水が上がってくるようです。
私が滞在していた2日目にも、サンマルコ寺院の前には小さな水溜りができていました。
水はこんな感じで上がってくるそうです。
Dscf1053pp_m

(上記2つの資料は、現地にあった資料(看板)を撮影したものです)

ヴェネチアが今すぐ水に没するようなことはないと思われますが、
しかし被害が進みつつあることも事実です。
最高に楽しくてステキなこの街が、いつまでも変わることのないよう願うばかりです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.03.27

快速高尾行き

Dscf1063_m
FUJIFILM FinePix F30 AE F2.8 1/420秒 WBオート ISO100 F-クロームモード  ヴェネチア(カ・ペーザロ付近)

今日、久しぶりにJR中央線に乗ったら、新型車両になってて ビビりました。
以前は長いこと中央線ユーザー(っていう表現でいいのか?)だったので、
20年以上も乗り続けていた車両に変化が起きると、それはなんだか、
久しぶりに帰った実家が知らないうちにリフォームされてたような、そんなインパクトがあります。
ドアの上にテレビがついてたりとか、斬新な黒いつり革とか、
以前の実家には無かったような新装備もあって、鉄道フリークでなくても十分に楽しめました。

しかしこのようにして、世代は入れ替わっていくのですね。
見慣れたオレンジ色の車体も、やがて銀色の新型に全て置き換えられ、
沿線の風景までも変わっていくかもしれません。
昔の山手線の緑色車両の写真なんて見ると、「うひゃー、そういえばこんな色だったな」
なんて妙に興奮してしまいますので、やがて中央線のオレンジも懐かしく思う日が来るのでしょう。

そして全然話は変わりますが、
昔から妙にフィギュアスケート好きでして、
今回の金銀メダル獲得は殊の外 楽しんで見させてもらいました。ハハ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.03.25

デジタルで夜景を

Imgp4355_m
PENTAX K10D  smcPENTAX DA16-45 F4ED AL  1/4秒 F4 EV-1.0 WB:オート ISO400 ヴェネチア

最近のコンパクトデジカメは非常に優秀で、ホントにキレイに写りますね。
今回の旅でも、FinePix F30は とても活躍しました。

しかし。
同じ景色をデジタル一眼レフで撮って その画像を見てしまうと、
それはもうぶっちぎりですごいことに気づいてしまいます。
解像感というか、なんというか、もうとにかくすごいんですよね。
(そんなこと今さら言うことでもないですけど)

海外ではフィルムで撮ることばかりで、
これまでデジタル一眼を使う機会が少なかったんですが、
今回の旅では「夜景は全てデジタル一眼!」と決めて撮ってみました。
2年前に行ったフランスの田舎街で、
なんの気なしに撮った数枚の夜景が意外にもよく撮れていて、
もっと撮っておけばよかったな~と後悔しました。
それ以来、次に欧州に行くときには、是非デジタルで夜景を撮ってやろうと決めていたのです。

カメラ1台だけ持って夜の街をフラフラするってのは、楽しいもんですね。
K10Dは手ぶれ補正があるので、三脚なしでも遊べました。


でも、夜は基本的に飲んでいるので、やっぱり夜景は枚数がすすみません(笑)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

目次とページング