カテゴリー「風景写真」の145件の記事

2016.05.15

X-T1には何が似合うか

Dscf0290s
(画像クリックで拡大します)
FUJIFILM X-T1  XF 18-135mm F3.5-5.6 R LM OIS WR   1/15秒 F10  WB/晴天 ISO200

山に行くときは、このレンズ(18-135)みたいな防塵防滴のズームが便利なんだよね。
レンズ交換してるヒマがないし、画角も調整したい。マクロで花も撮りたい。
でも、街中のスナップでお便利ズームを使うのは、やっぱりちょっと粋じゃない。

X-T1を使ってると、明るい単焦点が欲しくなる。
オレの大好きな35mmの画角が使ってみたくなる(フジでいうと23mmになるのかな)。
フジには35mmF1.4(35mm判換算で53mm相当)っていう名レンズがあるけれど、
50mm域の画角はオレには窮屈。
やっぱり35mmあたりの画角が、適度に周囲の環境も写せて楽しい。
フルサイズだと重たくて使う気にならないような大口径のレンズが、
フジだとギリギリ許容範囲で存在する。それがイイ。それを使ってみたい。

でも風景撮ってると、その前にズームが必要なんだよ。広角ズームをそろえなきゃ。
とかなんとかいって、もう既にフジでレンズ揃えたくなってる自分がいて怖い(笑)。

Dscf0466s
(画像クリックで拡大します)
FUJIFILM X-T1  XF 18-135mm F3.5-5.6 R LM OIS WR   1/150秒 F3.5   WB/晴天 ISO200

こういう広角接写って、好きなんだよね~。
お便利ズームのくせに、このレンズ、まあまあよく写って楽しい。雨でも使えるしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.14

APS-Cの立体感

Dscf00511s
FUJIFILM X-T1  XF 18-135mm F3.5-5.6 R LM OIS WR   1/200秒 F5.6  WB/晴天 ISO200

マイクロフォーサーズはとてもよく写るのだが、
立体感や遠近感に乏しく、遠いものと近いものが「べたっ」と張り付いて見えてしまうことがある。
ここ最近、それがどうも気になっていた。
せっかく望遠レンズを使って撮っても、
「これ標準レンズで撮った?」
って感じることが多くあるのだ。
パンフォーカスを狙う場合にはとても便利だとも言えるけど、
オレが好きなのは、中望遠や望遠で撮った時の、なんともいえない圧縮間や遠近感だ。

Dscf00371s
FUJIFILM X-T1  XF 18-135mm F3.5-5.6 R LM OIS WR   1/80秒 F5.6 CPL  WB/晴天 ISO200

APS-Cは、軽さと画質のバランスがとてもいいと思う。
フルサイズで大口径の良いレンズを使うと、バカらしいくらい重くデカくなってしまう。
それは無粋だ。おさんぽでも登山でも、小さくて軽いカメラの方がイイに決まってる。

Dscf00911s
FUJIFILM X-T1  XF 18-135mm F3.5-5.6 R LM OIS WR   1/30秒 F10 CPL  WB/晴天 ISO640

フジのカメラは緑がキレイに出る。
ベルビアモードは使ってなくてもこの色だ(ちなみにスタンダード=PROVIAモードです)。

Dscf00421s
FUJIFILM X-T1  XF 18-135mm F3.5-5.6 R LM OIS WR   1/180秒 F5.6  WB/晴天 ISO200

そんなにがんばらなくても普通にボケてくれるのは、やはりフォーマットの余裕である。
いろいろ操作がしにくかったりはするけど、まあできあがりがいいので許せるかな。
なかなかおもしろいカメラだなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016.01.11

寒くない

P11000591s
(画像クリックで拡大します)
OLYMPUS  OM-D E-M1  M.ZD 14-150mm F4.0-5.6 II F6.3 1/80秒  WB/晴天 ISO1250

なんか全然寒くない。
気持ち悪いよ。
1月なのになんなんだ。ますます温暖になるのか?

ところでE-M1のファームウェアをアップデートしたら、
いつものことだが設定が全てリセットされてしまった。
これってホントに困る。
設定項目が多すぎて、戻すのに莫大な時間がかかるのだ。

そのかわり、機能が増えるのはスバラシイこと。
なんと静音シャッターが搭載されてしまった。無音である。
今のカメラって、すごいなぁ。

嬉しくなって、海まで撮影に行ってしまった。
たまには撮影に行かないとね。

P11000841s
OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZD ED 12mm F2.0   F2.2  50秒  WB:晴天  ISO400  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015.12.08

おぼえてる?

Pb2304861s
(画像クリックで拡大します)
OLYMPUS  OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO   F3.2 1/320秒  WB/曇天 ISO250

記憶力があまりよくない。

特に仕事関係のことを、見事に忘れてしまうことがある。
毎日いろんなことが巻き起こるので、
別に意図して忘れようとしてるわけじゃないんだけど、
それでも自動的にどんどん忘れていく。

仕方ないので一生懸命メモを取ったりするんだけれど、書くと安心して更に忘れる。
時間が経ってから自分が書いた議事録を読み返して
「ほ~~、こんなことがあったのか、そうなのか」
なんて感心してしまうことがある。
ダメだねこりゃ(笑)。

だからあとで何かあった時なんかに突っ込まれると、非常に弱い。
昔のことなど覚えてられないよ。
記憶力の良い人がうらやましいもんだ。

そういえば昔の同僚に、ものすごく記憶力の良い人がいた。
ある日、過去数年分の名刺を整理したそうで、1,000枚くらいあったらしいけど、
その中で、見ても全く思い出せなかった人の名刺は、たった3枚。
残りの997人は、どんな顔で、何の仕事をしていて、どんな話をしたか、全部覚えてたんだそうだ。

なんじゃそりゃ。

とんでもない才能だよ。オレには絶対ムリ。
そんな人と仕事したって、勝負になるわけないよね。

と、やさぐれてみたって仕方ないか(笑)。
まあ普通の人間として、地道にやりましょう。


話は変わるが、OM-D E-M1は、相変わらず良いカメラだ。
気が付けば、このカメラを手に入れてから、もう2年以上が経過したけど、
飽きっぽいオレが、全く飽きずに使い続けてるなんて、これはすごいことだ。
いつの間にか、5D MarkⅡの撮影枚数を超えてしまった。
そのうちまた、E-M1の話を改めてまとめてみようかなと思っている。

Pb2304951s
(画像クリックで拡大します)
OLYMPUS  OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO   F5.6 1/80秒  WB/曇天 ISO320

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014.11.12

晩秋の雑感

Pa260216_1s
(画像クリックで拡大します)
OLYMPUS  OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6  F5.6  1/40秒  WB/日蔭 ISO800 山梨県


急に寒くなってきた。

今年は例年になく紅葉見物に出掛けている。
桜の撮影に比べると、これまでは あまり熱が入らなかったのだが、どうも今年は熱中している。
紅葉の具合がベストの時期に運よくあたっているので、なおさら楽しい。

ここ最近は中判カメラを持ち出す機会がめっきり減ってしまった。
OM-D E-M1を使い始めてから、軽くて良く写るので、今やこれがメイン機に昇格している。
フットワーク軽く撮影できるので、山でも川でも連れていきやすい。
645だと三脚も大きく重くなってしまうが、E-M1なら軽量な三脚でも十分だ。
そういう身軽さも、紅葉撮影の頻度アップにつながっているのかもしれない。

タイヤは既にスタッドレスに履き替えているが、オレの車は雪や凍結に殊の外弱い。
たとえば冬の霧ヶ峰とか、そういう冬の撮影にもっと行きたいのだが、
問題はどうやって行くかなのである(オレの車ではとても無理)。
四駆欲しいな~(絶対無理だな)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014.11.04

超魅力的なE-PL7

Pb020471_1s
(画像クリックで拡大します)
OLYMPUS  OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6  F10 1/3秒  WB/日蔭 ISO200 山梨県


新しいオリンパスPEN E-PL7 は、かなり魅力的だ。

自分にとっては これまでほとんど必要性を感じなかったカメラだが、
店でちらっといじくってみたら、たちまち目がハートになってしまった。
すごくいいのだ。

なんといっても、まずデザインがイイ。
自分の場合は、シルバーのボディ(つまり黒とシルバーのツートンのヤツ)が断然好きだ。
外装はプラスチック製らしいが、
触った感じではマグネシウムボディのE-P5とそれほどの差を感じない。
ダイヤルはE-P5より少ないが、ルックス的には負けてないし、
映像エンジンなどの中身では、実質的にE-PL7の方が上である。
そしてなにより、自分撮り液晶がついていること。これはいい。

しかし仮にE-PL7を使うとなると、
自分の場合、どうしてもファインダー(EVF)撮影をしたいので、外付けEVFは必須となる。
そうなると、山で使う場合はかさばるので、おさまりがよくない。
(EVFが邪魔なら最初からE-M1でいいわけだし)
しかもEVFつけてると外付けフラッシュはつけられないから、
このカメラの大きな特徴である自分撮り液晶を使っても、逆光時の強制発光ができない。
それならTG-850で用事は済んでしまうのだ。

更に、E-M1とのバッテリー共有化ができないというのも、なんとも痛い。
それぞれのカメラごとに予備バッテリーを多数持ち歩くなんて、それは無粋だ。
そういうわけで、サブ機妄想は たった一週間で終わってしまった。
できるならば、E-M5の後継機種として、
自分撮り液晶のついたミドルクラスを出してくれないかな。それがベスト。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.10.21

帰路

Pa199906_1s
(画像クリックで拡大します)
OLYMPUS  OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6  F7.1 1/125秒  WB/曇天 ISO200 山梨県


高速道路の料金が高くて困る。
高速1,000円の時代が今や懐かしい。
渋滞を避ける為に金曜から現地に前乗りする場合、

平日&夜間割引なし

という最悪の事態に陥る場合もあり、ETCで通過した時に
「リョウキンハ ヨンセンエンデス」
一瞬聞き間違いかと思うような悪夢の如き金額になってしまう。
民主党が言っていた高速無料化なんて今や望みはしないけど、
やっぱりもうちょっと割引してくれないと、なかなか遠出もしにくくなってしまう。

紅葉目掛けて先週から山方面に遠征中。
紅葉の見頃判定は、情報が意外と少ない。もしかすると桜より全然難しいかも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014.07.15

清流

P6227836_m
(画像クリックで拡大します)
OLYMPUS  OM-D E-M1  ZD 14-54mm F2.8-3.5  F8 1/3 WB:晴天 ISO200  山梨県

なんて気持ちのいい流れ。
この薄い色のゼリーのような流れの中に溶けてしまいたい衝動に駆られる・・・

それほど今日は暑い日であった。
朝から新幹線で名古屋へ。
東京より更に一段暑さのレベルが違う気がする。
たった5分間、炎天下を歩いただけで、もうクラクラ。
だんだんと夏が長くなってる気がして、どうにも哀しい。

帰りに名古屋駅で同僚にバッタリ。
で、結局ビール飲んでしまい、東京に着いた頃には妙にくたびれてしまった。
変な時間に飲むのはダメだな。

さてそろそろ、夏の予定を決めなくては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.06.09

4年前

P5117097_m
(画像クリックで拡大します)
OLYMPUS  OM-D E-M1 ZD ED 50-200 F2.8-3.5   1/4000秒 F3.2  WB/晴天 ISO400  奥多摩町

もうワールドカップか。

4年前の大会の時は、
仕事の環境の変化に体がついていけず、カゼひいて寝込んでしまった。
まるまる1週間会社を休んだ。
家のベットに横になって、小型のテレビでホンダのフリーキックを見ていた。
そうかあれから4年もたったのか。

はやいな。
なんかちょっと焦るけど、まぁひらきなおってこのままいくか。
あとは写真でも撮ってやっていこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.06.01

水分とろうね

P5117296_m
(画像クリックで拡大します)
OLYMPUS  OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6  2.5秒 F8  WB/晴天 ISO100 CPL 奥多摩町

暑すぎる。

冬と夏の間は なくなっちまったのか?

これからも毎年こんなんが続くのか?

6月で35度ってなんなんだよ。

というわけで写真だけは涼しげにお送りしましょう。

ここんとこ暑いから全然ワイン飲んでない。ハイボールばっかり。
その方が酔っ払わないからいいけどね。
さて今週は全然写真撮らなかったので、来週はがんばろう。
こんなにバカみたいに暑くならないことを祈りつつ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

目次とページング