カテゴリー「イギリス Britain」の8件の記事

2014.06.09

失って気付くバカ

R0011205_m
RICOH GR DIGITALⅡ AE F2.4 1/30秒 EV-0.7 WB:オート ISO192

ものすごく今さらなんだけど、
GRで撮った写真って、見返してみると妙に良いんだなこれが。
GRのシャープすぎる写り具合いに辟易して、なんかこれはオレの好みじゃなかったって結論になって、
それで手放したんだけど、しかし今見てみると、不思議なくらい良く見える。

コンデジで、これだけ写るカメラって、見返してみたけれど、他にはなかった。
他のコンデジにも良い写りの写真はあるが、偶然の写りであることが多い。
うまく説明できないが、GRの写真は、なんか良い。

かなり今さらなご意見だ。
まわりの連中に、GRがイヤになったってさんざん言いまくった過去があるから、
ここは声を小さめにして言っておこう。
昔のGR写真をひっくり返しながら酒を飲んだら、楽しくて、酔っ払ってしまった(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.27

コッツウォルズの旅

R0011348s
(画像クリックで拡大します)
RICOH GR DIGITALⅡ  F4.3 1/320秒 EV-0.3 WB:AUTO ISO100  Cotswolds England

ものすごく久しぶりに、本家ホームページのPhoto galleryを更新してみた。
最近かなり疎かになっていたのが自分でもイヤだったのだけれど、ようやくそこに手をつけた。
初めて行ったイギリスの写真をUPしたので、よろしければ見てください。Cotswolds ENGLAND 2008

今回UPしたのは、全てOLYMPUS E-3で撮った写真。
悪天候の条件下でも安心して使えるこのカメラは、旅のカメラとしては とても満足度が高い。

ロンドンから北西へ約150キロ離れた、コッツウォルズ地方をレンタカーで走り回って、
イギリスの田舎景色を堪能した。
スバラシイ景色、心優しい人々、とてもマズイ料理。
それがイギリスだった。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008.05.02

ブロードウェイタワー コッツウォルズ

P4112942s
(画像クリックで拡大します)
OLYMPUS E-3 ZD ED 12-60 F2.8-4 SWD  F10 1/400秒 EV-0.3 ISO100 WB:AUTO  Broadway tower Cotswolds England

海抜333mの丘の上に立つ、ブロードウェイタワー。
ガイドブックで見て、コッツウォルズで一番行ってみたいと思った場所。

周囲一帯は田園風景が広がり、遮るものが何もなく、予想通り風が かなり強かった。
他の場所は雨でもいいけど、せめてここだけは、青空をバックに撮ってみたかった。
到着した時は、雨。
またしてもE-3の防滴ボディの恩恵に与る。濡れてもへっちゃら。
(こういうヘビーデューティーなカメラが欲しかったのだ。旅のカメラはこうでないと)
タワーの内部はちょっとした博物館になっており、上って降りてきたら晴れていた。
強風で雲がすごい勢いで形を変えていく。
晴れたり、また雨が降ったりと、天候もめちゃくちゃ。

P4112896s
(画像クリックで拡大します)
OLYMPUS E-3 ZD ED 12-60 F2.8-4 SWD  F9 1/320秒 EV0.0 ISO100 WB:AUTO 

イギリスでは、雲を撮ると楽しいかもしれません。
冬の日本みたいに真っ青で雲が全く無い空ってのもいいもんですが、
こちらでは雲のある空を積極的に楽しんで撮影した方が面白いと思います。
数分とか、数十秒とかで、雲の形が全く変わってくるので、その度に違う風景になります。

*イギリス コッツウォルズ地方をレンタカーで回った旅の写真を、本家HPにアップしました。
  よろしければご覧ください。Cotswolds ENGLAND 2008

P4112939s
(画像クリックで拡大します)
OLYMPUS E-3 ZD ED 12-60 F2.8-4 SWD  F10 1/400秒 EV-0.3 ISO100 WB:AUTO 

さて、3日からいよいよ連休に入ります。
久しぶりだな~、遠出するのは。
(イギリスはものすごく遠出でしたが、あれはやはり出張なのです。開放感が違うのです)
自動車に乗って、5日間の遠征に出かけますので、その間こちらも運休します。
今回は、近くて遠い上信越方面を目指してみたいと思います。
ウキウキ感ではイギリス以上!やっぱり本当の休日っていいな~。
それではいってきます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008.05.01

桜の頃

P4112737s
(画像クリックで拡大します)
OLYMPUS E-3 ZD ED 12-60 F2.8-4 SWD  F6.3 1/60秒 EV0.0 ISO400 WB:AUTO  Cotswolds England

宿泊したコッツウォルズの小さな街で、珍しく桜と思われる木を発見。
同時期の東京では既に桜は散ってしまっていたけれど、イギリスの気候では今が開花時期のようだ。
ただし、桜なんてちっともないのだ。全然見なかった。
もしかして、こんなにたくさん桜が見られるのって日本だけ??
と改めて思ってしまった。もしそうだとしたら、日本ってナンてスバラシイんだろう。

それにしても、こちらの家って、庭も建物も、本当にキレイにしている。
なんともビックリである。

*イギリス コッツウォルズ地方をレンタカーで回った旅の写真を、本家HPにアップしました。
  よろしければご覧ください。Cotswolds ENGLAND 2008

P4112759s
OLYMPUS E-3 ZD ED 12-60 F2.8-4 SWD  F6.3 1/40秒 EV-0.7 ISO400 WB:AUTO

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.04.27

雨の撮影 OLYMPUS E-3

P4112635s
(画像クリックで拡大します)
OLYMPUS E-3 ZD ED 12-60 F2.8-4 SWD  F3.7 1/80秒 EV-0.3 ISO160 WB:AUTO Little compton Cotswolds England

*イギリス コッツウォルズ地方をレンタカーで回った旅の写真を、本家HPにアップしました。
  よろしければご覧ください。Cotswolds ENGLAND 2008

今回のイギリスへの旅では、現地のことを全く調べずに行ってしまった。
「コッツウォルズっていう場所が、ロンドンから車で行けて、景色がイイらしい」
ということを本屋で立ち読みした後は、100%何もしなかった。
行くときの飛行機でガイドブックでも読もうかと思ったけど、お酒飲んじゃったので断念。
というわけで、現地で行き当たりばったりで決めた。

しかし何も調べなかったわりには、
「イギリスってコロコロ天気が変わるから、頻繁に雨に降られるんじゃないかな?」
ということを想像していた。根拠の無い単なるイメージだったけれど、意外とこれが当たっていた。
良い天気だなと思っていると、5分後にはドバッと雨が降ってくる、てなことが多いのである。
4月なので、霰(アラレ)にも何度か遭遇した。かなり寒いのである。東京の3月上旬みたい。

で、
その想像に従って、カメラはE-3にしてみたのだ。
今日の2枚の写真は、どちらも雨がパラパラ降る中で撮ったものだけど、
防滴構造のカメラがあると、つくづくありがたいのだ。そして安心なのである。
今までなら、雨が降ると一眼での撮影は全てあきらめていたところなのに、
これだと濡れても全然気にならないんだからね。
日本とかイギリスとかそういう雨の多い土地では、防滴構造って実に使える機能だと思う。

しっとりと濡れた緑の色って、なんともホッとさせられる色だな~。

P4112706s
(画像クリックで拡大します)
OLYMPUS E-3 ZD ED 12-60 F2.8-4 SWD  F4 1/125秒 EV0.7 ISO400 WB:AUTO  Cotswolds England

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008.04.22

緑の大地

R0011187s
(画像クリックで拡大します)
RICOH GR DIGITALⅡ  F4.8 1/320秒 EV-1.0 WB:AUTO ISO100 Cotswolds England

*イギリス コッツウォルズ地方をレンタカーで回った旅の写真を、本家HPにアップしました。
  よろしければご覧ください。Cotswolds ENGLAND 2008

イギリスは、曇り空にも表情があるから不思議である。
べったりと平面的な日本の曇り空とはだいぶ違っている。
緑の色が濃い。目にも鮮やか。
Oxford Cityを通り過ぎて、更に北西方面を目指す。
道路の周囲はどこもかしこも緑で覆われている。快適なドライブ。


R0011185s
RICOH GR DIGITALⅡ  F6.1 1/640秒 EV-0.7 WB:AUTO ISO100

イギリスの木の形は特徴的である。
まるで童話の挿絵のようだ。シルエットにするとちょっと怖いくらい。
しかし実に様になっていると思う。(つづく)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

コッツウォルズの空

R0011181s
(画像クリックで拡大します)
RICOH GR DIGITALⅡ  F6.1 1/400秒 EV-0.7 WB:AUTO ISO100 Cotswolds England

成田から飛行機で12時間。4月9日の夕方にイギリスのヒースロー空港到着。
イギリスまでJAL直接で行けるっていうのが猛烈に嬉しい。なんつっても出張なんで。
しかもエコノミーが満席で、自動的に「プレミアムエコノミー」ってのに格上げしてくれた。
更にバルクヘッド(通路最前列)だったので、信じられんほど快適だった。
飛行機って座る場所一つでこんなに違うもんか。

空港真横のホテルで一泊した後、翌日適当にレンタカーを借りる。
カウンターのおっさんに、BMWのX5がありまっせダンナ、とか言われたが、
ディーゼルだったのであっさり却下。もしガソリンだったら奮発して乗ってもよかったが。
そこから高速道路に乗って、コッツウォルズ地方っていうところへ向かった。
一人で走ってると地図が見れないのでめちゃくちゃ方向間違えて、1時間はロスした。

イギリス人の運転は比較的穏やか。ローマ市内とかの狂乱交通状況とはその差歴然。
しかも日本と同じ左側通行。これはとっても安心。
そして交通標識が全部英語表記でとっても親切(あたりまえだけど)。

いかにもイギリスの空、って感じの曇り空。
天気がめまぐるしく変化する。実に不思議な気候。(つづく)

*イギリス コッツウォルズ地方をレンタカーで回った旅の写真を、本家HPにアップしました。
  よろしければご覧ください。Cotswolds ENGLAND 2008

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.04.20

春の帰還

P4123236s
(画像クリックで拡大します)
OLYMPUS E-3 ZD ED 12-60 F2.8-4 SWD  F8 1/250秒 EV-0.3 ISO100 WB:AUTO LowerSlauthter England

*イギリス コッツウォルズ地方をレンタカーで回った旅の写真を、本家HPにアップしました。
  よろしければご覧ください。Cotswolds ENGLAND 2008

春の出張から帰ってきました。
それにしても、くたびれましたねホント。
この土日なんて、家で寝たままどこにも行きませんでした。
でも、これでようやく重たいものから開放された気がします。
ようやっと、日本の春を楽しめる気分になりました。
さぁ、桜の残っているどこか山の方へ、のんびり行ってやろうではないかぁ。と思います。

イギリス出張は、予想通り大変でした。
後半に仕事があると思うと、やはり100%リラックスはできなくて、
それでもどうにか、写真撮ったりして遊んできました。
イギリスは、天気のはっきりしないトスカーナ、みたいな雰囲気でしたね。
でもキレイな場所はたくさんありました。
おいしくない食べ物もたくさんありました(笑)。

しばらくは、のろのろとイギリス旅行記でも書いていこうかと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

目次とページング