« レンズのラインナップ | トップページ | モナコに想いを馳せる »

2016.05.21

寄れるレンズの楽しさ

P10203071s
(画像クリックで拡大します)
Panasonic DMC-GM1 LUMIX G14mm F2.5 1/200秒 F2.5 ISO200

乗り換え途中の駅で、久々にカメラ屋をひやかす。

店内をパトロールしていると、新発売のパナソニックのズームレンズを発見(G VARIO 12-60mm/F3.5-5.6) 。
4月末の発売製品なのに、今になってやっと発見である(生産台数が少ないのだろうか?)
このレンズ、最短撮影距離が、ワイ端で20cm、テレ端で25cmである。
めちゃくちゃ寄れるズームだ。

重さは210gしかない。実物を手に取ったら軽~い。
こんな小さくて普及タイプのレンズなのに、防塵防滴なのである。
これってすごくないか。山にぴったりじゃないの。
というわけで一度現物を見てみたかったのだ。
さわってみたら、そりゃあもう寄れること、寄れること。
山用の軽量お便利ズームとしてはオリンパスのM.ZD 14-150 WRがあるが、
あれは最短撮影距離が50cmなので 広角接写がやや苦手。
しかしこのパナのズームなら、そういうストレスは皆無だろう。広角側も換算24mmスタートで使いやすい。
これは魅力だな~。

P10200721s
(画像クリックで拡大します)
Panasonic DMC-GM1 LUMIX G14mm F2.5 1/125秒 F2.5 ISO200

ところでこの写真のパナソニックG14mm F2.5だけど、世間ではあんまり評価されてない気がする。
しかし安くても小さくても、そこは単焦点レンズ。よく写る。
特に、寄った時の描写が通常時よりも秀逸に感じてしまうのだが、それはオレだけなんだろうか。
既に手元にはないレンズだけど、これを持って芳ヶ平を散策しながら花を撮った時は楽しかったな。
軽くて小さなレンズなのに、寄って花を撮ると、なんとも印象的な描写になるのだ。

P33000621s
(画像クリックで拡大します)
OLYMPUS E-PM2  LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7  1/80秒 F1.7 ISO3200

こっちはパナライカの15mm F1.7。
このレンズは、妙に高いわりに、写りは普通のレンズだった気がする(笑)。
いやいや、そんなことはなくて、時々びっくりするような傑作が撮れるレンズだったと思うけど、
値段が高すぎて素直にそう思えなかったのだ。
このレンズも既に手元にはないんだけど、かなり寄れたので、おさんぽには便利だった。
でも接写能力は14mmの方が断然上だったな。

そういえば、パナのレンズって寄った時の描写がいいんだな。
実はこの3枚は、寄り気味の描写ってことでなんとなく選んでみたら、偶然すべてパナレンズだった。
ということは、12-60の描写も悪くないんだろうか。でもズームだからどうなんだろうね。
いずれにしても、山用に気になるレンズだー。

|

« レンズのラインナップ | トップページ | モナコに想いを馳せる »

Cameraのはなし」カテゴリの記事

夜景・夕景 Night view」カテゴリの記事

日記・雑記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60034/63663811

この記事へのトラックバック一覧です: 寄れるレンズの楽しさ:

« レンズのラインナップ | トップページ | モナコに想いを馳せる »

目次とページング