« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月の10件の記事

2015.12.31

OM-D E-M1との日々(12)

Pc2811231s
(画像クリックで拡大します)
OLYMPUS  OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6   F4 1/60秒  WB/晴天 ISO4000

2年前、5D MarkⅡとSIGMA 35mm F1.4の組み合わせで京都を撮った。
その時は、全てをこの1本だけで撮り切った。
35mmは自分にとって大好きな画角だ。
28mmでは広すぎる。50mmでは狭くて苦しい。35mmはその間の絶妙な画角。広くも狭くも撮れる。
時々超広角が欲しいなと思う時もあったけど、
でもSIGMA 35mm F1.4の写りなら、諦めもついた。
重いしデカいし見た目もブスだったけど、でもその描写は絶品だった。
全てを一本で撮ってやろうという割り切りができた。
そういう究極の1本ってあるもんだ。

Pc2810991s_2
OLYMPUS  OM-D E-M1  LUMIX G 20mm / F1.7 II ASPH F1.7 1/80秒  WB/晴天 ISO200

Panasonic 20mm F1.7の写りは絶品ではあるけれど
SIGMA 35mmと比べてしまうと、そこまでの描写ではない。
とてもよく写るんだけど、超絶的かといえば、そこまですごくはない。
当然だがボケ量も不足に感じてしまう。
だから途中でどうしてもレンズ交換したくなってくる。迷ってしまうのだ。
迷いはよくない。迷いがあると、写真にも必ず迷いが出てしまう。

Pc2810001s
OLYMPUS  OM-D E-M1  M.ZD 14-150mm F4.0-5.6 II F5.5 1/160秒  WB/晴天 ISO4000

マイクロフォーサーズには「この1本!」という究極のレンズが、まだ少ない気がする。
たとえばNOCTICRON 42.5mm/F1.2あたりなら、たとえ画角的に苦しくても、
1本勝負してみてもいいと思えるだろう。
M.ZUIKO PROシリーズも、武骨なズームばかりで全然おしゃれじゃない。
街中のスナップには似合わない。12-40なんてバキバキにシャープ過ぎて、くたびれちゃう。
期待するのは、17.5mmをF1.0化してしまうこと。または8mm F2の単焦点とか(魚眼じゃないやつ)。
そういう夢レンズを早くラインナップして欲しいと思う。
そうすれば、理想の軽量おさんぽカメラが完成するのだ。

Pc2811261s
OLYMPUS  OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6   F4 1/80秒  WB/晴天 ISO5000

さて、京都の旅は終わってしまったが、来年は何をしようかな。
自分の中で、来年の姿が全然描けてこない。いかんねこりゃ。
もっといろいろ計画を立てて、それに向かってばんばりたいものだなぁ。
でもその前に、とりあえずビール飲もっか(笑)。

では、みなさんもどうぞ良いお年を。

Pc2811811s_2
OLYMPUS  OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6   F4 1/40秒  WB/晴天 ISO6400

◆前記事はこちらからどうぞ。
  登山のカメラ(PART1)
  続:登山のカメラ(PART2) 
  続続:登山のカメラ(PART3)
  登山のカメラPart4
  登山のカメラ5/OM-D E-M1との日々(10)

  OM-D E-M1との日々(11)  
  OM-D E-M1との日々(9)
  OM-D E-M1との日々(8)
  OM-D E-M1との日々(7)
  OM-D E-M1との日々(6)
  OM-D E-M1との日々(5)
  
  OM-D E-M1との日々(4)
  
  OM-D E-M1との日々(3)

  OM-D E-M1との日々(2)
  OM-D E-M1との日々(1)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.12.30

OM-D E-M1との日々(11)

Pc2811901s
(画像クリックで拡大します)
OLYMPUS  OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6   F4 1/80秒  WB/晴天 ISO5000

2年ぶりに、年末京都だらだら旅行に行った。
ずばり言って、飲むための旅である。
だから観光は全然頑張らない。せいぜい1日2ヶ所まで。
それが終わったら、急いで飲み屋に飛び込んじゃう。
それでも今回は、ちょっとだけがんばって、夕景夜景の写真を撮ってみた。
久しぶりに写真が撮れたので、だから結構満足。
いや、その満足度合が普通の人よりはるかに低いというのがいけないところ。
でもまあいっか。お酒飲めたしwww

実は自動車で行ってるのである。
だから、初日と最終日は500キロ走らないといけない。
これがもう大変。
でも今回は、眠くもならず、どうにか無難に走れた。よかったよかった。
運転台が高い車は、長距離でも比較的楽だからいいよね。

今回は、RX100 M3とOM-D E-M1の2台を持って歩いたけど、
同時に使ってしまうと、さすがに使いやすさはE-M1の圧勝なのである。
やはりE-M1の方がEVFの見えが断然イイ。露出補正のやりやすさが断然イイ。
だから撮っていて、圧倒的にE-M1が楽しいのである。
本来比べちゃいけないんだけど、でもやっぱり比べてしまった。

RX100は、どうしてもそれしかカメラが持っていけない、って時にはいいでしょうね。
例えば出張の時とかね。
RX100 M3のEVFもよくできてるんだけど、しかしE-M1と比べてしまうと、そりゃ負けちゃうよね。
それと、コンデジだと思って撮ってしまうので、RX100は やはりピントが甘くなる時がある。
AFが悪いんじゃなくて、1型センサー&大口径レンズなことが原因。
撮るときに、どうしても小型センサーのコンデジ感覚で撮ってしまうので、
あらら失敗、っていうことが起きてしまう。
このカメラ、もっと1枚1枚をきちんと丁寧に撮ってあげないといけないのだ。

改めて、E-M1の良さを再認識してしまった旅だった。
できれば、8mmF2くらいの明るい単焦点、出ないすかね(魚眼じゃないやつ)。
9-18の写りは抜群なんだけど、F4で夜景は、やはり辛いんだよね。


Pc2811911s
(画像クリックで拡大します)
OLYMPUS  OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6   F4 1/50秒  WB/晴天 ISO6400


◆前記事はこちらからどうぞ。
  登山のカメラ(PART1)
  続:登山のカメラ(PART2) 
  続続:登山のカメラ(PART3)
  登山のカメラPart4
  登山のカメラ5/OM-D E-M1との日々(10)

  OM-D E-M1との日々(9)
  OM-D E-M1との日々(8)
  OM-D E-M1との日々(7)
  OM-D E-M1との日々(6)
  OM-D E-M1との日々(5)
  
  OM-D E-M1との日々(4)
  
  OM-D E-M1との日々(3)

  OM-D E-M1との日々(2)
  OM-D E-M1との日々(1)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.12.23

ビール

Dsc002751s
(画像クリックで拡大します)
SONY  DSC-RX100 M3  F4 1/200秒 ISO125

ビールが苦手だった。
まぁ正しく言えば、ビールは大好きだけど、たくさんは飲めなかった。
そんなに飲んだら、おなかいっぱいになっちゃうからね。
乾杯の最初の一杯で十分だった。

ところが人間というのは変わるものなのである。
ホントにこの1年くらいの話なのだが、ビールLOVEなのである。
はじめっから最後まで、ずーっとビール飲んでたりする。

なんで?

まぁ、酒が弱くなったからでしょうね。
ホントは日本酒とかワインとかに切り替えたいけど、そうすると翌日まで引きずったりするし。
昔はそんなのへっちゃらだったけど、最近はダメ。
日本酒で言うと、2合を超えたらヤバイ。翌日は戦力外通告になってしまう。

それでなんとなく、ビールをのろのろと飲むようになってきたら、
あらあら大変、ビールってこんなにうまかったのかと。

まあホントの理由は自分でもよくわかんないけど、なんか最近ビールをよく飲むのだ。
それもだね、変な話だけど、缶ビールが一番好きなのだ。
生ビールのこってりした味じゃなくて、缶ビールがうまい。
お店で飲む瓶ビールもうまいんだけど、家に帰ってきて冷蔵庫に缶ビールがあると、
また飲んじゃう(笑)。
缶ビールは、缶のまま飲んじゃう。コップとかにうつさない。その方がなんか好き。
もともとは、グラスにそそぐとぬるくなっちゃうから、夏場に直接缶で飲んだのか始まりで、
そのうちに缶から飲む方がうまいと感じるようになってきた。

いやしかし、書いていて思ったけど、心底どうでもいい話だねこりゃ(笑)。
もうくたびれたからビール飲もうよ。

Dsc002761s
(画像クリックで拡大します)
SONY  DSC-RX100 M3  F4 1/200秒 ISO125

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2015.12.17

SONY RX100 M3のこと(4)

Dsc000131s
(画像クリックで拡大します)
SONY  DSC-RX100 M3  F1.8 1/30秒 ISO200

ファインダーって大事なのだ。

フィルムカメラだったら、コンパクトカメラにもファインダーは当然ついていた。
特に高級機になると、ファインダーも立派なものが装備されていた。
コンタックスT2にもミノルタTC-1にも、
撮影者をその気にさせるファインダーがついていた
(実はこの2台ともまだオレの手元に現存している)。
たとえ小さなカメラでも、使うフィルムは一眼レフと同じ。
レンズの違いを除けば、一眼レフと条件的には同じと言ってもいい。
(AFとか最高シャッター速度とか、そういうことは置いといてね)。
そこが35mmフィルムカメラの面白さだったと思う。
ファインダーを覗いてきっちり構図をとれば、小さなカメラでも作品作りができたもんだ。

ところがデジカメ(つまりコンデジ)はどうだろう。
腕をのばして不安定な状態で、液晶モニターを見ながら漠然と撮ることになってしまう。
特に昼間の眩しい時なんかは、液晶モニターはよく見えないし、構図も曖昧になってしまう。

液晶モニターを使った撮影スタイルが気にならない人にとっては問題無いかもしれないが、
オレはどうも液晶で撮るのが苦手だ。
ファインダーがあると、周囲の人の視線を遮断して自分だけの世界に入れるからいい。
だから昔から、コンデジに早くEVFをつけて欲しいと切望していた。

RX100M3は、EVFを二段階で引っ張り出して使うのが確かにめんどくさい。
それでも、この小さなボディにEVFを納めたことは素晴らしいと思う。
外付けじゃ意味ないんだ。
パワーショットG5Xみたいに軍艦部が出っ張っちゃってもダメ。
それじゃコンデジの域からはみ出ちゃう。

小さいからエライんだ。
現時点でこのカメラは、一番良くできたコンデジなのか?とさえ思わせられる。
まあ実際には、言いたいことはいろいろあるんだけどね。

Dsc000221s
(画像クリックで拡大します)
SONY  DSC-RX100 M3  F1.8 1/30秒 ISO250

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2015.12.16

待機

Dsc001781s
(画像クリックで拡大します)
SONY  DSC-RX100 M3  F1.8 1/30秒 ISO1000

四輪駆動とかあれば、冬でもいろんなところへ行けるのにね。
そういうこと考えてはいるけれど、実際に持ってたら、意外と行かないのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.12.14

SONY RX100 M3のこと(3)

Dsc002391s
(画像クリックで拡大します)
SONY  DSC-RX100 M3  F2.8 1/40秒 ISO125

せっかくEVFがついているRX100 M3だが、
時々は、液晶モニターだけで撮る場合もある。
時間がない時とか、あまり写真を撮るような雰囲気じゃない場面とかでね。

しかしそうやって液晶モニターだけで撮った写真が、ことごとく失敗していたので驚いた。
(本日掲載している写真ではありません)
どこにもピントが合っていないのである。
1枚だけでなく10枚近く失敗量産していたので、おそらく全部手振れだね。
どうやら相当いい加減に撮っていたんだろうな。短い間に撮ろうとしていたからなおさらだ。
撮影データに共通していたのは、シャッタースピードが全部1/30秒だったこと。
手振れ補正がついているとはいえ、コンデジで適当なグリップ状態でいい加減に撮ると、
ことごとく失敗してしまうのだ。反省だ。

やっぱり写真っていうのは、きちんと構えてきちんと撮らなきゃいけないのだ。
当たり前なんだけど、今さら再認識。
次回からは、急いで撮るときほどシャッター優先で撮ろうと思った。
1/50秒くらいは最低でもほしいよね。
失敗した写真のISO感度はどれも200以下だった。もったいない。
もう少し早いシャッター切ってればきちんと撮れたのに。

でも、もしかすると、
1型センターの被写界深度の浅さとF1.8というレンズの特性も原因の一つかもしれない。
AF測距点をマルチにしていて、おかしなところでピントが合っていたのかもしれない。
そうか~、昔のコンデジみたいにお気楽に撮ってしまうと失敗してしまうのか。
これがE-M1なら、もっときちんとピント合わせて絞りも考えて撮るんだけど、
「コンデジだからこれでいいだろ」みたいな意識もあるからな~。

小さいからって侮って撮ってはいけないんだな。ちょっと気難しい人ですね。

Dsc002371s
(画像クリックで拡大します)
SONY  DSC-RX100 M3  F4 1/320秒 ISO125

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.12.08

おぼえてる?

Pb2304861s
(画像クリックで拡大します)
OLYMPUS  OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO   F3.2 1/320秒  WB/曇天 ISO250

記憶力があまりよくない。

特に仕事関係のことを、見事に忘れてしまうことがある。
毎日いろんなことが巻き起こるので、
別に意図して忘れようとしてるわけじゃないんだけど、
それでも自動的にどんどん忘れていく。

仕方ないので一生懸命メモを取ったりするんだけれど、書くと安心して更に忘れる。
時間が経ってから自分が書いた議事録を読み返して
「ほ~~、こんなことがあったのか、そうなのか」
なんて感心してしまうことがある。
ダメだねこりゃ(笑)。

だからあとで何かあった時なんかに突っ込まれると、非常に弱い。
昔のことなど覚えてられないよ。
記憶力の良い人がうらやましいもんだ。

そういえば昔の同僚に、ものすごく記憶力の良い人がいた。
ある日、過去数年分の名刺を整理したそうで、1,000枚くらいあったらしいけど、
その中で、見ても全く思い出せなかった人の名刺は、たった3枚。
残りの997人は、どんな顔で、何の仕事をしていて、どんな話をしたか、全部覚えてたんだそうだ。

なんじゃそりゃ。

とんでもない才能だよ。オレには絶対ムリ。
そんな人と仕事したって、勝負になるわけないよね。

と、やさぐれてみたって仕方ないか(笑)。
まあ普通の人間として、地道にやりましょう。


話は変わるが、OM-D E-M1は、相変わらず良いカメラだ。
気が付けば、このカメラを手に入れてから、もう2年以上が経過したけど、
飽きっぽいオレが、全く飽きずに使い続けてるなんて、これはすごいことだ。
いつの間にか、5D MarkⅡの撮影枚数を超えてしまった。
そのうちまた、E-M1の話を改めてまとめてみようかなと思っている。

Pb2304951s
(画像クリックで拡大します)
OLYMPUS  OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO   F5.6 1/80秒  WB/曇天 ISO320

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015.12.02

こんなによく写るのに

Img_00911s
Canon PowerShot G7 X

このパワーショットG7Xというカメラはホントによく写る。
RX100を買うために売り払ってしまったのでもう手元にはないけれど、しかしよく写る(写った)。

それでもカメラが売れないのなら、それはやっぱりスマホのせい?
10年前なら、みんなこのカメラにびっくりして、喜んで買っていたはず。
でも今って、携帯電話でちょいちょいって写真撮れちゃう。
そんなのつまんないよね。なんのありがたみもない。

高嶺の花ってあるじゃない。
憧れても、全然手に入らないようなもの。
すんごい美人とか。超高級スポーツカーとか。
そういうものを、簡単に手に入るようにしちゃいけないんだよ。
カメラの敷居はすっかり下がってしまい、もはや憧れの対象じゃないの。
なんとも寂しいじゃないか。
誰でも登れるエベレストみたいなもんだな。

Img_00901s
Canon PowerShot G7 X

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SONY RX100 M3のこと(2)

Dsc001751s
SONY  DSC-RX100 M3  F1.8 1/30秒 ISO3200

本当は、軽量なPowerShot G9Xを買おうと思っていた。
でも、直前になって、よく考えてみた。
自分は、両手をのばしたまま液晶モニターを使って写真を撮るのがキライだ。
そうなると、今まで使ってきたコンデジとG9Xは、何ら変化がないではないか。
G7XからG9Xに変更したとしても、変わるのは軽さだけだ。撮り方には、何ら変化がない。
となると、買ってから数日は使うけど、あとは見向きもしない、という結果になるんじゃないのか。
そう思って今回は、目線を変えてSONY製品を選んでみたのだ。

液晶モニターを使って写真を撮るという方法は、なぜだかわからないが、妙にこっぱずかしい。
自分が撮ろうとして狙っている光景を、液晶モニター越しに他人から見られてしまうからだろうか。
それとも、両手をのばした不安定な撮り方が、なんだか素人っぽく見えてしまうからだろうか。

ファインダーを覗き込んで撮るという方法は、これとは相当な違いがある。
ファインダーを見ている瞬間は、自分だけの世界にスッと入っていけるのだ。
他人の視線が、瞬間的に気にならなくなるほど、没頭できるのだ。
これなら、街中のスナップも撮りやすくなるんじゃないか、そう思ったのだ。

結果については今後の検証ということになるが、
今のところ、とっても気に入っている。いいじゃないの、EVF。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015.12.01

SONY RX100 M3のこと

Dsc001191s
SONY  DSC-RX100 M3  F4 1/160秒 ISO125

これまでにいろいろなコンデジを買ってきた。
小さいカメラには、可能性がいろいろあるから好きなのだ。
小さければじゃまにならずに、旅を楽しめる。さんぽにも良い。
本当に気に入った一台があれば、その究極の1台だけを持って世界旅行に行ったっていい。
(お金ないから実際にはせいぜい1カ国がいいとこだけど)。

さてところで、SONYのRX100 M3だが、使ってみてビックリ。よく写る。
もしかするとこれこそが待ち望んでいた究極の1台なのか?と思わせられる。
まあホント言うと写りに関しては、他の高級コンデジ、例えばキヤノンのG7Xと比べたら
大差ないかもしれない。いまどきのカメラの実力はすごいからね。
じゃあどのあたりに究極の可能性があるかっていうと、
それはなんといってもEVF(電子ビューファインダー)の素晴らしさなのである。

このカメラのEVFは、とてもよくできている。
もちろん、E-M1の大型EVFの見え方とは比較してはいけないが、
しかしながら、これまでにあったコンデジのおもちゃチックなEVF機とは、圧倒的な実力差がある。
写真はやっぱりファインダー見て撮らなくては。

それともう一つ、RX100 M3は、妙に逆光に強い。
光源を直接画面に入れても、ゴーストがほとんど見えない。
フレアーっぽくなりはするが、それでもゴーストは僅少である。


最近のコンデジって、すごいんだね。

Dsc000581s_2
SONY  DSC-RX100 M3  F4 1/400秒 ISO125

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

目次とページング