« 2月の雑感 | トップページ | レンズのお悩み »

2015.02.16

究極の一本

P2012968s
(画像クリックで拡大します)
OLYMPUS  OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO   F4 1/1000秒  WB/晴天 ISO200

前にも同じことを書いたかもしれないが、しかし何度でも書く。
全国のカメラマン共通の悩み、それは、究極の一本が欲しいということ!
できるならば、たった一本のレンズだけを持って、旅をしてみたい。
カメラは一台。レンズも一本。それだけで、ひたすらに撮る。
一本だけなので、たとえいろんな不便や制約があったとしても、
それでも自分を納得させられるだけの何かがあれば、レンズは一本だけでも良い。
その方が、集中できるのだ。その方が、たのしめるのだ。

というわけで、いつまでたっても究極の一本を探してるんだが、いまだに発見できていない。
そんなもん見つかるわけない。
でも探し続けるのがカメラマンの性。
今はやはり、単焦点が気になっている。
その昔は単焦点ばかり使っていたのだが、やはり単焦点は良いなと改めて思うのだ。
撮った写真を家のモニターで見る時の画像のキレイさというのは、やはりレンズに依存するところが大きい。
そしてそういう時、単焦点のクリアーな画質というのは、見ていてやはり違うものだ。
そして、対逆光性能の強さというのも、単焦点の武器である。

広角系で、最短撮影距離が短いってレンズっていうのも魅力。
広角接写というのは、オレの昔からの好みの撮り方だ。
反対に、中望遠のレンズで、おもいっきりボケを楽しむというのも手だ。
レンズのボケは、写真の楽しみの白眉かもしれない。
そう考えると、フルサイズというのは実に魅力的なのだが、
あんな重たいもん、持ち歩きたくない、というのも事実。
だがしかし、マイクロフォーサーズは軽いけれど、ボケは少し苦手分野だ。
長めの玉で寄り気味で撮ればボケないことはないんだけど、フルサイズには適わない。

こういうことを考えながら、布団に入って何を買おうか夢想に耽ったり、
電車に乗りながら、どういう構成でラインナップを組み直そうかなんて計算したり、
そういう時間というのは、実に幸せな現実逃避タイムなのである。

|

« 2月の雑感 | トップページ | レンズのお悩み »

Cameraのはなし」カテゴリの記事

OLYMPUS OM-D E-M1」カテゴリの記事

日記・雑記・コラム」カテゴリの記事

コメント

同感です!

投稿: masaki | 2015.02.17 00:01

そうおっしゃりつつも、すごいと評判の望遠ズームを入手されているのが羨ましい

投稿: モリトラ | 2015.02.20 19:37

MASAKIさん
大島おつかれさまでした(笑)。

モリトラさん
おひさしぶりです!コメントありがとうございます。
いろいろと手持ちの機材を売却すると、なんとかなるもんですね(笑)。
でも、フルサイズの機材ラインナップに欠品ができました。やむを得ないか・・

投稿: masa | 2015.02.23 01:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60034/61150076

この記事へのトラックバック一覧です: 究極の一本:

« 2月の雑感 | トップページ | レンズのお悩み »

目次とページング