« ずれてるのだ | トップページ | 最近はまってるもの »

2014.05.05

OM-D E-M1との日々(7)

P4125452s
(画像クリックで拡大します)
OLYMPUS  OM-D E-M1  ZD 14-54mm F2.8-3.5  F4 1/2500 WB:晴天 ISO100  


OM-D E-M1との日々(7)

■フォーサーズレンズを買い戻す
その1 ZD 14-54mm F2.8-3.5

風景を本気で撮るときのメインカメラは、
自分の場合、ずっと長いことPENTAX645なのだが、
いつの間にか、三脚立ててOM-D E-M1でも本気撮りするようになってしまった。
自分でも意外なのである。
645は相変わらずメインだと思っているので常に車に積んでいくが、
最近E-M1のせいで稼働が下がっている。

5D MarkⅡですら、メインカメラにはなり得ていないのである。
オレのデジタル一眼は、これまでみんな、高級おさんぽデジカメの域を出たことがなかったのだ。

どうしてE-M1が本気カメラになり得たかについては、しかしここでは考察しない。
それよりも今回はレンズの話だ。

P4125649s_2
(画像クリックで拡大します)
OLYMPUS  OM-D E-M1  ZD 14-54mm F2.8-3.5  F3.2 1/2000  WB:晴天  ISO200  

かつてE-3愛用時代に大好きだったフォーサーズの銘レンズが、
いつの間にか手元に戻ってきている。
ZD ED 50mm F2.0 Macro、
ZD ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD、
そして次はZD12-60にいくのかな〜と思ったら、ちがった。
ここで意外な伏兵、ZD 14-54mm F2.8-3.5 が現れるのだ。

P4286377s
(画像クリックで拡大します)
OLYMPUS  OM-D E-M1  ZD 14-54mm F2.8-3.5  F3.5 1/1250  WB:晴天  ISO200 

14-54なんて、完全にノーマークだった。
12-60が出る前の古いレンズ、くらいにしか思っていなかった。
AFがSWD(超音波モーター)じゃないので全く無関心だった。
しかしこのレンズ、440グラムと軽いのである。
1260は575グラムなので、フルサイズカメラの標準ズームと同じくらい重いのが難だが、
440グラムならおさんぽ許容範囲内だ。
で、調べてみると、とうやら隠れた銘レンズらしく、描写もかなり良いらしい。
中古相場調べたら、なんと2万円。マジかよ。

P4286365s
(画像クリックで拡大します)
OLYMPUS  OM-D E-M1  ZD 14-54mm F2.8-3.5  F2.9 1/2500  WB:晴天  ISO200 

というわけで速攻で購入。
このレンズにはコントラストAFに対応して円形絞りを採用した「Ⅱ」が存在するが、
安さを優先して今回はⅠ型を購入。21,000円はホントに安い。
前にM.ZD ED 12-40mmの良さが解らないという話をしたけれど、
これは12-40が良くないというより、完全に好みの問題なんだと思う。
固すぎるのだ。バリバリシャープなのだ。解像し過ぎるのだ。
細かい模様なんかがギスギスして見えてしまって、なんだか好きになれないのだ。
14-54は反対で、とても柔らかい描写だ。
まろやかな写りは、モニターで見ていて心地良い。
オレが欲しかったのはこれなのである。

P4286393s
(画像クリックで拡大します)
OLYMPUS  OM-D E-M1  ZD 14-54mm F2.8-3.5  F8 1/500  WB:晴天  ISO200 

AFはジコジコいって少し迷うのでスナップでは困ることがあるが、
風景なら許せる範囲。
オリンパスのレンズらしく、思いっきり寄れるし、寄ったときのボケ味がまたたまらん。
35ミリ換算で80ミリ間でしか寄れない12-40に比べると、こちらは換算104ミリ。
ボケも大きいし実用性が高い。
ワイド側は35mm換算で28mmなので歪みも少なく、
こちらも目一杯寄れるので、広角接写が楽しい。
不思議なことに、このレンズは逆光時のゴーストが少ない。
12-40や12-60は目立つゴーストが出るのだが、
それよりも古い14-54の方が逆光に強いのは意外なのだが、
もしかすると12-40も14mm付近ではゴーストが減るのだろうか?今度試してみたい。

P4296751s
(画像クリックで拡大します)
OLYMPUS  OM-D E-M1  ZD 14-54mm F2.8-3.5  F8 1/400  WB:晴天  ISO200 

もう既に、次の山行きのレンズはこれにしようなんて半分くらいは決めてしまっている。
最大撮影倍率は0.26。35mm判換算 で0.52倍相当。これがあるなら、マクロがなくても十分いける。
安心の防塵防滴、そして比較的軽量。

フォーサーズレンズを安く入手できる現在って、良い時代だな~とつくづく実感。

|

« ずれてるのだ | トップページ | 最近はまってるもの »

Cameraのはなし」カテゴリの記事

OLYMPUS OM-D E-M1」カテゴリの記事

上/甲信越 Japan」カテゴリの記事

風景写真」カテゴリの記事

コメント

ZD14-54いいですよね!私も、E-3から利用していて、E−M1でもZD14-54を愛用しています。
うまく表現できないんですが、マイクロの単焦点MZD45やMZD75は、描写が優秀すぎる。
一方、ZD14-54は描写の良さがジワジワ来る、ちょっと柔らかさがあるところが魅力です。

投稿: soku | 2014.06.10 21:59

SOKUさん
コメントありがとうございます。
お返事が大変遅くなって申し訳ありませでした。
14-54に共感してくださる方がいてくれて、カンゲキです。
そうです柔らかさが魅力です(最近はシャープなレンズばかり出てきますね)。
そうですか、45や75は優等生過ぎますか。
その2本は未体験ゾーンです。いつか試してみたい。
アダプターつけて14-54セットすると、なんかコンパクトじゃないですが、
それを乗り越えるほどの魅力がありますね。
もしよかったらまた遊びにきてやってくださいませ。

投稿: masa | 2014.06.30 23:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60034/59590313

この記事へのトラックバック一覧です: OM-D E-M1との日々(7):

« ずれてるのだ | トップページ | 最近はまってるもの »

目次とページング