« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月の2件の記事

2014.03.24

OM-D E-M1との日々(6)

P3083424_m
(画像クリックで拡大します)
OLYMPUS  OM-D E-M1 ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro  1/500秒 F2.0 WB/晴天  ISO200

【EVFの表示スタイルを変えてみた】

これはEVF搭載機ならではの話かもしれないが、
E-M1で風景を撮っていると、EVFに表示される数字とか記号が、死ぬほど邪魔に感じることがある。
小型に設計されているE-M1には軍艦部に液晶表示が無い。
だから各種の設定は基本的にEVFに表示させるしかない。
これは仕方ないことだけど、しかしこれがどうにもガマンできないほど邪魔なのである。

自分はファインダーには極力余分なものは表示したくない。
でも絞りとかシャッタースピードとか、最低限の表示は必要だ。
露出補正値とかISO感度とか、そういう基本情報表示もあっていい。
しかしだね、絞りをちょっと変更するだけで、
EVFの両サイドに ものすごい数のアイコンが一斉に表示されてしまうのはナゼなんだ。
露出補正したときも同じ。とにかくドバーっと全部一斉に出てしまうのだ。
なにこの節操の無さ。

EVFの表示スタイルを、
カスタムメニューの「内臓EVFの表示スタイル」で「スタイル3」に設定している。
これにすると、ファインダー倍率が最大になるからだ。
せっかくの大きなEVFなのだから、やはり最大表示にしていたい。
しかしスタイル1にしていると、残念ながら上記のアイコン ドバドバな表示は避けて通れない。
かたやスタイル2と3は、表示倍率を少し小さくした画面を上側に表示して、
基本情報表示を画面下の枠外にまとめて表示するスタイルである(リンク先はE-M5だが、基本はE-M1も同じ)。
これだと確かに見え方はスッキリするが、表示倍率が小さくなって寂しい。

それでも地獄のアイコン一斉攻撃を喰らうよりはマシかもしれないと、
昨日はじめて「スタイル1」を選択してみたら、
あらこれはいい感じ。なんともスッキリなのである。
倍率が小さくなるのはどうにもできないが、でもこれなら構図に集中できる。
絞りを変えたりすると、相変わらず両サイドのアイコン攻撃は喰らってしまうのだが、
もうこれは仕方ないと諦めた。
それよりも、このスタイルにすると、電子水準器の表示も枠外に表示することができるのである。
しかも半押し中だけゲージが出てくるのだ。

これがもう、すっかり気に入ってしまった。
たかがこれだけのことで、昨日は撮影していて一日中気分が良かった。

だけど645で撮ってれば、こんな悩み最初っから無いんだよね(溜め息)。

P3083541_m
(画像クリックで拡大します)
OLYMPUS  OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO  1/6400秒 F2.8  WB/晴天 ISO200

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.17

OM-D E-M1との日々(5)

P3083550_m
(画像クリックで拡大します)
OLYMPUS  OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO  1/6400秒 F5.6 WB/晴天 ISO200

12-40mm F2.8 PROっていうレンズが、オレにはまだよくわかっていない。
防塵防滴で、35mm版換算で24-80mmをカバーするPRO仕様レンズってことで、
これは山にはぴったりではないかと。重量も382gと比較的軽量だし。

そんなわけで、スペックを見て登場前は期待満々だったのだけど、
使ってみると、なんだかどうもピンとこない。
いや、これはオレの好みの問題なのかもしれないけれど、例えば以下のような場面。

P3083571_m
(画像クリックで拡大します)
OLYMPUS  OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO  1/200秒 F2.8 WB/晴天 ISO200

ちょっとシャープが強すぎるんだよね。
これでもカメラ側でシャープをマイナス1にしてるんだけど、
パソコンのモニター上で見ると、ものすごいシャープ。
シャープは悪いことではないのかもしれないが、
ちょっとギスギスし過ぎてて、なんだか見ていて疲れてしまう。
プリントすると印象は変わるのかもしれないけど、でもちょっとね。
最近のレンズって、解像感重視でみんなこんな風なのかな。

かつて使っていた12-60っていうフォーサーズのレンズだと、こんな風に写った。

P7196102_m
(画像クリックで拡大します)
OLYMPUS E-3  ZD ED 12-60 F2.8-4  F4 1/250 WB:晴天  ISO100 CPL

僅かな差かもしれないが、このくらいが見ていて心地よいレベルだと思う。
この12-60っていうレンズは、とても良かった印象がある。
しかしどうなんだろう、このレンズをE-M1につけると、
もしかしてシャープに写ってしまうんだろうか?
そうなってくるとボディ側の問題ってことも考えられる。

そんなわけで、12-40 PROについては、まだ判断しきれないのである。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

目次とページング