« OM-D E-M1との日々(3) | トップページ | OM-D E-M1との日々(5) »

2014.02.27

OM-D E-M1との日々(4)

Pb040836_m
(画像クリックで拡大します)
OLYMPUS  OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO  1/125秒 F2.8 WB/晴天 ISO1600

【E-M1の良いところ】

◇雨天での信頼感抜群
 雨や湿気をあまり気にせず撮影できるのは実に頼もしい。
 昔、屋久島に行った時、あまりの湿気の多さに
 持っていったMZ-3とGR1sは どっちも壊れてしまった。
 別に濡らした記憶は無いのだが、MZ-3は動作しなくなり、
 GRは液晶表示がおかしくなった。
 (半年後くらいに冬になって乾燥したせいか、MZ-3は自然治癒したが)

 そういうことがあったので、やはり水分は怖いのである。
 5D MarkⅡは、雨天時にかさをささずに撮っていたら、
 軍艦部の液晶から水が入ってしまった。
 防塵防滴だからって濡らして撮影するのはよろしくないけれど、
 意外とあっさり水入っちゃうんだなと驚いた。

 それに比べると、オリンパスの防塵防滴は本気度合いが違う気がする。
 E-3を持って富士山に行った時、下りの砂走りでかなり砂を被ったので、
 思い切って帰ってきてからシャワーで洗ってしまったのだが、
 びくともしなかった。まあ人にはおすすめしないけど。

◇シャッター音がイイ
 シャッター音小さいけど、結構良い音。
 K-3とかはもっと小さいけど、どうもあれは小さすぎて物足りない。
 自分はシャッター音をとっても重視する方なので、これは大切。
 (ちなみにK-3のシャッター音が良かったら、オレは買ってると思う)

◇レバーが便利
 リアダイヤルの手前についてるレバー。
 この方式(2×2ダイヤルコントロールと言うらしい)って、
 おそらくPEN(E-P5)あたりから始まったと思うんだけど、
 とてもスバラシイ。
 他社には同じような機能は無いと思う。
 文字だとあんまりうまく説明できないので詳細は省略しちゃうが、
 お店でいじくってみてほしい。うわ便利だな、って思うはず。

 ただしレバーを戻し忘れると露出補正のつもりがISO感度が切り替わっちゃって、
 うわーって思ってる間に撮り逃すこと多々あり。

◇EVFがスバラシイ
 これについては前述したので詳細は略。

◇軽い
 これってホントに重要。いつでも5Dが持ち歩けるわけじゃない。
 たとえば旅行で京都とかに行って、酒飲みながらフラフラする時、
 こういう軽いカメラとレンズなら、本当に楽しくなる。
 残念なのは、短焦点で防塵防滴のものがないこと(マクロを除く)。
 できれば17mmでF1.0くらいの、しかも超軽いレンズが欲しい。
 ボケ量がもっと欲しいのだ。

Pc292428_m
(画像クリックで拡大します)
OLYMPUS  OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6  1/60秒 F8  WB/晴天 ISO250 

|

« OM-D E-M1との日々(3) | トップページ | OM-D E-M1との日々(5) »

Cameraのはなし」カテゴリの記事

OLYMPUS OM-D E-M1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60034/59206036

この記事へのトラックバック一覧です: OM-D E-M1との日々(4):

« OM-D E-M1との日々(3) | トップページ | OM-D E-M1との日々(5) »

目次とページング