« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月の2件の記事

2013.03.22

さよなら下北沢

Img_1765_m
(画像クリックで拡大します)
CANON EOS 5D MarkⅡ EF17-40mm F4L USM   F8  1/50秒   EV-0.3  WB:太陽光 ISO1600 

とうとう下北沢の地上駅が、この世からなくなってしまう。
なんてさみしいんだ。なんて哀しいんだ。

オレは場所というものに、妙に未練を感じる。
だから別れを惜しんで、わざわざ駅を見に行った。
しかしオレの同僚には、そういう感覚が理解できないという人がいる。
なにしにいくんだ?駅なんて単なる場所じゃねえか。
そういう人もいるでしょう。理解はできる。
でもオレには、いろんな思い出が詰まった忘れられない場所なのだ。
わくわくしながら大好きな人と待ち合わせしたり、
仲間とわいわい朝まで酒飲んだり、
買い物したりメシ食ったり、ただ単に乗換えで通り過ぎたり。

だけどそういう思い出があるとかなんとかを超越して、
単に場所として大好きだったということでもあるのだ。
山とか川とか高原とか、そんなキレイな場所じゃなくたって、好きな場所ってあるもんだ。

下北沢は、駅そのものが大好きな場所だった。
久しぶりに、大量の写真なんてUPしてみたい(以下全ての写真は5DⅡ/EF17-40にて撮影)。

Img_1789_m
なんでもないこの風景とも、今日でおさらばだ。

Img_1790_m
改札を抜けると、楽しいことが待っている。

Img_1795_m
待ち合わせは、いつだってこの場所だった。いつもちょっと緊張していたな。

Img_1758_m
この無理やりな立体交差が昭和のカオス。鉄骨や橋脚の質感がたまらない。

Img_1776_m
この駅には、街の鼓動が直接伝わってきた。

Img_1800_m
この踏切ともお別れ。先週あたりは写真を撮る人の数がすごかった。

Img_4485_m
なんとも奇妙なステージ構造。まるで桟敷席のようなバルコニーが存在する。
一旦別れた友達が、ステージで再び現れてしまう摩訶不思議。これこそまさに下北沢の象徴。

Img_1786_m
ホントに狭いホームでした。危ないんだけど、でもこれがシモキタ。

Img_1825_m
ああ名残惜しい。ホント切ないぞ。さよなら下北沢。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013.03.04

春は遠い

P2280257_m
(画像クリックで拡大します)
OLYMPUS STYLUS TG-2 Tough  F8 1/320秒 WB:AUTO ISO100

今年こそ、無計画さを撲滅するぞ、なんて前回は意気込んでみたけれど、
しかし相変わらずオレの無計画ぶりはつづいている。
それでも、翌日行く場所について前の晩に少しは調べたりするようになったんだから、
少しはマシというものか(それとも大差ないというべきか)。

先日は秩父へ行って蝋梅(ロウバイと読む。狼狽とはチガウぞ)で有名な山なんて行ってみたが、
なんかあまりの観光地っぷりに辟易して、撮る気があんまり起きなかった。
みんながおんなじものを撮ったりしていると、ちょっと引いてしまうところがある。
人が多すぎたりすると、それだけで既にやる気が起きなかったりもする。
なんかアンタっていろいろめんどくさいのね、って女の子ちゃんから言われそうだ。
でもそういう性分なんだからしかたない。
次は人が少なくて自然の多いとこへ行ってやる、と決意。

この季節、北海道では吹雪で大変な被害が出ているらしい。
オレの大好きな中標津あたりでは、車が立ち往生したり、吹雪で人が亡くなったりしている。
なんて過酷な環境なんだ。
夏でも猛烈に風が吹いたりするような地域なので、冬は本当に大変なんだろう。
悲しいニュースに心が痛んでしまう。
それに比べると、関東の冬なんて生ぬるいんだなと、再認識。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

目次とページング