« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月の7件の記事

2013.01.25

SIGMA 35mm F1.4 DG HSM (2)

Img_3405_m
(画像クリックで拡大します)
CANON EOS 5D Mark Ⅱ   SIGMA 35mm F1.4  DG HSM   F2  1/5300  WB:太陽光  ISO100

昨日に引き続き、シグマ35mm F1.4 DG HSMについて。

このレンズ、そんなに軽くはない(665g)。
EFでいうと、ちょうど24-105 F4と同じくらいの重さである。
むしろ重たい部類。
短焦点のお気軽さは無い。

これだけの重量なのに、防塵防滴でもない。
これもマコトに残念である。

外観は、以前のシグマから比べると、相当あか抜けた印象。
でも、そんなにカッコイイってわけでもない。
黒くてデカくて、無骨である。でもまぁ、悪くはないか。

問題はAF。
EFと比べると、もたつくことが多い。
枝の先端とか細かい被写体の場合、迷うことが多く、
迷ってる時の合焦速度も遅いのである。
でも、精度は正確なので、それが救い。

とにかく、ひたすら描写がいいので、
上のようないくつかの点はガマンできる範疇なのである。

Img_4015_m
(画像クリックで拡大します)
CANON EOS 5D Mark Ⅱ   SIGMA 35mm F1.4  DG HSM   F1.4  1/800  WB:太陽光  ISO100

(SIGMA 35mm F1.4 DG HSMの写真は こちらにまとまっています)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.23

SIGMA 35mm F1.4 DG HSM (1)  

Img_3969_m
(画像クリックで拡大します)
CANON EOS 5D Mark Ⅱ   SIGMA 35mm F1.4  DG HSM   F1.4  1/8000  WB:太陽光  ISO100

35mmの画角で、
ものすごくボケて、
なおかつボケ味がよくて、
逆光に強くて、
描写に特徴があって、
寄れるレンズが欲しかったのだ。

そういうレンズを探し求めて、
数々のレンズを手に入れては、失望して売り払ったこと数知れず。
そしてとうとう、35の1.4に手を出した。

このクラスのレンズは、高い。
買う時に、かなり躊躇する。
このくらいの値段だと、少し安めのカメラがレンズとセットで買えてしまう。
だからこそ、このクラスのレンズを持ってる人は少ないんだと思う。

買ってみてわかった。
すごい。
これはすごい。
なんかうまく説明できないけど、とにかくすごい。
JPEGで撮ったものを、いつものパソコンの閲覧ソフトで見てるだけでも、
なんだかポーっとしてきてしまう。
何でもない被写体が、妙にドラマチックに見えてしまう。
おおおおお、と声を上げることもしばしば。
なんというか、ピントの合ったところが浮き立つ感じ。
光源に向かって撮ると、被写体の周辺に不思議な透明感が。
デジカメ特有のベタッとした感じが少なくて、立体感も感じる。

なんだか面白いものを手に入れてしまった気がする。

Img_3833_m
(画像クリックで拡大します)
CANON EOS 5D Mark Ⅱ   SIGMA 35mm F1.4  DG HSM  F1.4  1/660  WB:太陽光  ISO100

Img_3841_m
(画像クリックで拡大します)
CANON EOS 5D Mark Ⅱ   SIGMA 35mm F1.4  DG HSM  F1.4  1/3200  WB:太陽光  ISO100

(SIGMA 35mm F1.4 DG HSMの写真は こちらにまとまっています)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.01.17

787

Img_3350_m_3
(画像クリックで拡大します)
CANON EOS 5D Mark Ⅱ   SIGMA 35mm F1.4  DG HSM  F8  1/200  WB:太陽光  ISO100 町田市

ボーイング787問題。
これは怖い。
飛んでる間に発火したんじゃ たまんない。
リチウム電池って、携帯とかデジカメと一緒だね。
軽いのはいいけど、熱持つからね。膨張もするし。

それにしても、航空会社ばかりが謝ってるけど、肝心のメーカーはちっとも出てこない。
これが不思議だ。
そして機体や部品の多くを、日本のメーカーがつくっている。
これだと、問題が起きたときに、誰が責任とるのかわかりにくくなってしまう。
あんまり良いやり方じゃないね。
販売した50機中、半分近くを日本が買ってるっていうのも驚きだった。
日本ってお得意さんなんだね。だったらもっと、メーカーはサポートしなきゃ。

ようやく道路の雪も溶けてきた。
明日あたりは滑る心配もなく歩いていけるだろうか。

Img_3426_m
(画像クリックで拡大します)
CANON EOS 5D Mark Ⅱ   SIGMA 35mm F1.4 DG HSM  F1.4  1/8000  WB:太陽光  ISO100

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.15

混乱の一日

Img_4001_m
(画像クリックで拡大します)
CANON EOS 5D Mark Ⅱ   SIGMA 35mm F1.4 DG HSM  F1.4  1/500  WB:太陽光  ISO100 鎌倉市

今日の東京の雪はすごかったですね。
先週 戸隠に行った時の気温はマイナス21℃で、それはもう寒かったのですが、
しかし今日みたいにべちゃべちゃな雪っていうのも、それとは違った寒さがあるもんです。
なにしろ、手や服にくっついた瞬間に溶けて濡れてしまうのです。これには難儀。
車の屋根に積もった雪も、めちゃくちゃ重い。
リアのハッチも、たった5分で雪の重みで下がってきてしまいます。

こんな日には、東京にいて雪の写真が撮れる!と興奮して出掛けようとしましたが、
車で走り始めて20mの地点で あっさりとスタック。
こんな時、スタッドレスを履いていても、ワンボックスカーってのは とにかく雪や氷に弱い。
ホントにすぐ止まっちゃうんです。
幸いにも、スタック地点の目の前の家の人が、それはそれは猛烈にやさしい人で、
すっとんできて車押してくれて、新聞紙なんてひいてくれて、
最後はチェーン巻くのまで手伝ってくれたりして、おかげで走ることができました。
(最後の方は この人が神様に見えてました)

2輪駆動の車は、片方の車輪がスリップし始めると、もう片方の車輪は全然まわらなくなる。
こうなると、ゼロ輪駆動と同じこと。
以前の愛車(BMW E46)も2駆だったけど、ASCっていう駆動コントロール装置がついていて、
これのおかげか、雪道でも あまり怖いと思ったことはなかった。
今思えばちょっと無茶だが、富士山の二重曲峠なんかも積雪時に登って行ったりしたもんだ。
しかし、そういうハイテク制御の無い2駆は、実にもうあっさりと音を上げてしまうのだ。
ああ、LSDつきの4駆のハイエースが欲しい!
それさえあれば、ダイヤモンドダストだって撮りに行ける!やっぱ4駆欲しいよ~。
と、むなしくさけびつつ、
チェーンのおかげで今日みたいな日でも乗り切れたということだけご報告しておきましょう。
帰ってきて雪かきやったら、いっそう疲れました。

そういえば、成人の日に雪が降るパターンって多いですよね。
その前日なんて、ホントにポカポカで良い天気だったのに。
おかげで鎌倉で朝比奈の切り通しなんてハイキングしちゃって、楽しんじゃいました。

Img_4134_m
(画像クリックで拡大します)
CANON EOS 5D Mark Ⅱ   SIGMA 35mm F1.4 DG HSM  F1.4  1/200  WB:太陽光  ISO100

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.10

ファインダー

Img_3462_m
(画像クリックで拡大します)
CANON EOS 5D Mark Ⅱ   SIGMA 35mm F1.4 DG HSM  F1.4  1/30  WB:太陽光  ISO125

デジカメウォッチのサイトを見ていると、それにしてもまぁ、
デジタルカメラの新製品があの手この手のでよくも次々と出てくるもんだと感心してしまう。

実は、こういう状況は全く予想していなかった。
オレの甘い予想では、画素数が行けるところまでいって、センサーが大型になったら、
その時点である程度進化が止まってしまい、消費者は現状の製品にある程度満足し、
需要は鈍化するだろうな、なんて思っていた。
全然間違いだった。

最近特に多いのが、クラシックなデザインのおしゃれカメラ。
レンジファインダーの形だったり、上下のカバーが真ちゅうだったり。
ボディカラーも、黒だけでなく、シルバーが入っていたりする。

でもちょっと残念なのは、せっかくスタイルがいいのに、ファインダーがついていないこと。
EVFを内臓しているモデルも増えてきたが、それでもやはりファインダーの無いモデルが多い。
オレはファインダーが好きなので、ファインダー無しのモデルだと興味を持てない。
外付けファインダーってのは、ちょっとやはりジャマだし面倒である。
今後ますますEVFが進化して、
画像表示のディレイとか、レリーズ後の画像消失時間短縮とか、
そういうことをいろいろやって、もっと良いEVFをつけていって欲しい。
小さくて軽いカメラは気軽に使えるので、いろんな可能性があって楽しいと思う。

斬新で奇抜なカメラは、これからもっと増えてくる気がする。
基本的には歓迎だが、媚びて変な方向に行ってしまうのだけはご勘弁である。

Img_3467_m
CANON EOS 5D Mark Ⅱ   SIGMA 35mm F1.4 DG HSM  F1.4  1/50  WB:太陽光  ISO100

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.09

カメラの体力

Img_3256_m
(画像クリックで拡大します)
CANON EOS 5D Mark Ⅱ   SIGMA 35mm F1.4 DG HSM  F1.4  1/800  WB:太陽光  ISO100  町田市 小山田緑地

この前 戸隠に行って撮影してたら、気温がマイナス21℃でした。
そういう気温の中で写真を撮っていると、他の人たちのカメラが次々に不調になっていきました。
デジカメは電池がすぐに消耗するし、絞りがおかしくなって深度が浅くなったり、
シャッターがだんだん降りなくなってきて、ついにはシャッター切れなくなっちゃったり。

幸い私の645Nは無事に動いてました。
ただし、通常のアルカリ電池では絶対に持ちません。
ここぞとばかりに、リチウムの単三電池を投入した結果、翌日まで普通に動いてました。
もしアルカリ電池だと、220のフィルム1本撮らないうちに電池切れになると思います。
(昔 富士山でそういう経験をしましたので)

しかしそれにしても寒かった。
一番辛いのは、手足の指先のシビレです。
薄手の手袋の上に厚い手袋を二重につけているのですが、
カメラの操作をする時にどうしても外さないと細かい操作ができないので、
時々厚い手袋を外してしまいます。そうすると、これが非常に寒い。
携帯カイロもこの気温だと殆ど役に立たない(無いよりはマシだが)。

こういう状況に備えて、カメラだけでなく自分の体力増強にも更に努めようと改めて思った次第。
体力あれば、カゼもひきにくくなるしね。

Img_3423_m
CANON EOS 5D Mark Ⅱ   SIGMA 35mm F1.4 DG HSM  F1.4  1/500  WB:太陽光  ISO100  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.01.02

ようやく始動です

Img_3463s
(画像クリックで拡大します)
CANON EOS 5D Mark Ⅱ   SIGMA 35mm F1.4 DG HSM  F1.4  1/30  WB:太陽光  ISO400  町田市

新年おめでとうございます。


12月は、どうにもブログを更新する気力が涌かず、結局2回しかアップできませんでした(なんたること)。

そして12月の後半からどうやらウィルスにやられたらしく、猛烈にお腹を壊し、
その後熱も出て、とうとう会社まで休んで布団でうなってました。
今年こそカゼをひくまい、熱を出すまいとがんばっていたつもりなのですが、
やはり運動不足なんでしょうね。絶対的に。抵抗力や免疫力が落ちてきている。
熱を出して寝込んでいると、なんか気持ちが弱りますね。オレどうなっちゃうのかな、なんて。

でも、3日間ほど完全に寝込んでいたおかげで、睡眠不足も解消。
おなかにたまっていた悪いものも全部出し切ったような気がして、
病気の前よりも、なんだか快調になった気がします。
トータルで1週間、酒もタバコもやらず、メシもあんまり食わなかったので、
なまけた体をちょっとリブートしたような感じです。

そのまま正月へ突入。
メシと酒のうまかったこと。
健康っていいよね~。

その間、オレはいくつかの新兵器なども入手しているのだけれど、
まだ全然使ってあげられていない。さあそろそろ活動開始しよう。
今朝も早起きして、多摩川で風景撮影してきたばかり。なんだか良い感じです。

では今年もゆるゆるとおつきあいくださいませ。

Img_3460s
CANON EOS 5D Mark Ⅱ   SIGMA 35mm F1.4 DG HSM  F1.4  1/50  WB:太陽光  ISO100  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

目次とページング