« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月の2件の記事

2012.12.04

D800は中判か?

Hakuba_4_m
(画像クリックで拡大します)
New Mamiya 6  Mamiya G 75mm F3.5 L  RVP100   白馬村

最近ニコンのD800を買った私の友人 F氏が、
D800を買って以降、「とにかく金がかかる」と言って嘆いている。

どういうことか。

1 高画素になって微細なブレが見えてしまうようになり、
  D700の時には必要を感じなかった高価な三脚が必要になってしまった。

2 D700では大満足で使っていたレンズ郡が、D800で使うと粗が見えるようになり、
  D800に対応しているレンズへと移行が必要になった。

3 使っていた現像ソフト(Lightroom)のバージョンがD800に対応していなかったので
  アップグレード版を買ってきた。さてそれをインストールしようとしたら、アップグレード版は
  なんとWindows XPに対応していなかった。

4 しかたないので買いたくもなかったWindows7を買ってきてインストールした。
  それで現像ソフトを立ち上げると、今度はパソコンのフリーズが多発。
  サポートセンターに聞いたら、メモリー不足を指摘された。

5 とうとうパソコンまで買い換えた・・・


しかし本人は、D800というカメラ自体には何の不満も持っていない。
それどころか大変気に入っているのである。本人がそう思ってるんだから、まぁ問題ないんでしょう。
(私もD800がキライとか言ってるわけではないです)

しかし実はこれと似たような話が、私の周囲で複数発生していて、
こちらの場合は、最新で最高級のカメラを買ったはずなのに、本人が幸せになれていないのである。
システムに振り回されちゃってるのだ。

画素数が上がるのは進化の流れだから仕方ないのかもしれないけど、
しかしそんなに上げる必要あるんだろうか?
自分なんて、今持ってる機材で既に十分な画質だと思っているのだが。
キヤノンはニコンのような超高画素の流れとは別の方向性に見えるけれど、
ニコンが高画素で挑んできた以上、この先は戦わざるを得ないのだろうか。
そうなると、将来オレにも上の1~5のような事態が降りかかってくるのかなぁ。

ところで、あまりに無知な疑問なのでマコトに恥ずかしけれど、
D800って手持ちで撮れるの?スナップでは使えないの?
と、そういうことが気になってしまう。
あのスペックは、もはや中判のフィルムカメラに匹敵する。
一眼レフの中判フィルムカメラも手持ちで撮れないことはないけれど、
もし手持ちで撮る場合には、失敗は ある程度覚悟しながら撮っていると思う。
ボディの大きさと重さで、使ってる本人にもそういう自覚が生まれる。
しかしD800のあのサイズだと、手持ちで撮るのが自然だと思うし。

まあ、ややこしいことで煩わされずに、
カメラを買って、良い写真撮って、それでシアワセになりたいよね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012.12.02

笹子トンネルの事故

Nec_0152_m

今朝起きた笹子トンネルの崩落事故、
ショックですね。
(被害に遭われた方には心からお見舞い申し上げます)

撮影や旅行で、頻繁に利用する中央道。
そういう身近なところで起きた事故だけに、なんともショックです。他人事じゃない気がします。
供用開始は1977年。もう既に、完成してから30年以上も経過しているわけですね。
このトンネルの供用開始と共に、中央道は大月-勝沼間が開通したわけですから、
なんとも重要なトンネルなわけです。
(そもそも、1977年以前は、中央道は大月までしかつながってなかったっていうのが意外な感じです。
 もっとずーっと昔から存在していたんじゃないかと勝手に思ってました)

他の高速道路では もっと長いトンネルがあったりしますが、
中央道では笹子トンネルはかなり長い部類なので、自分にとっては印象が強くて、
それで過去にこんな記事を書いたりしたこともありました。
いつだったか渋滞している時に、なんとなく携帯で撮影したのが上の写真です。
何度も通る場所なのに、高速道路の風景って、こんな時じゃないと写真に撮れないですからね。
それにしても、トンネルの真上にこんなにでかいコンクリートの建造物があるなんて、渋滞して初めて知りましたよ。
この外壁を見ても、やはり時の流れを感じてしまいます。
最初は事故はこの辺りで起きたのかと勘違いしてましたが、どうやらトンネルの真ん中あたりだったんですね。

事故の原因が もし老朽化だったとすると、
点検作業なんかで、これから相当な時間がかかることになるんでしょうか?
今年の年末年始は中央道で移動できるのかどうか、気になってしまいます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

目次とページング