« 続続:登山のカメラ | トップページ | 悩める秋 »

2012.10.13

青空の下を

Img_2530_m
(画像クリックで拡大します)
CANON EOS Kiss X4   EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM   F8  1/660  WB:AUTO  ISO100  蝶ヶ岳~常念岳間

    ◆久々にギャラリーを更新しました。蝶ヶ岳と常念岳の山行き風景、よろしければこちらからどうぞ。


晴れていると、山の写真は本当にキレイだ。
これがもし曇っていると、全然別物の写真になってしまう。
特にデジカメの場合には、それが顕著だ。驚くほど精彩を欠いてしまうのだ。

そんな時、CONTAXのT2なら、
それはもうびっくりするくらい、ステキな写真を生み出してくれるのである。
雨や曇りの時の描写は、デジカメには太刀打ちできない。それほどT2はスバラシイのだ。
しかし、そんなことばかりも言っていられない。
デジカメでもキレイに写せる方法を考えていかなくてはならないだろう。

ところで9月の蝶~常念での縦走では、ほとんどの写真をEF-S 10-22で撮りきった。
このレンズ、本当にスバラシイ。
オレの場合、山では長いレンズを殆ど使わない。
ほんのたまに「使いたいな」と思うけれど、それよりも広角側のニーズの方が断然強い。
標準側が35mm換算で35mmくらいまでついているこのレンズは、
つけっぱなしで歩いていて、ほとんどのものが撮れてしまう。
そしてめちゃくちゃ寄れる。寄れることは、これまた超広角レンズの絶対条件なのだ。

PLをつけると、広角レンズは どうしても空に色ムラが出てしまう。
それで思い切って、この山行きでは途中からPLの使用をやめてしまった。
標高2,000mを超えると、PLナシでも空の色はバッチリ濃く出るのである。
それに気がついたので、PLが無くても問題にならなかった。
悩みがなくなった分、撮影が倍くらい楽しくなった。

そんなあの山も、そろそろ雪の季節。
立山の室堂で今日 雪が積もったとラジオで言っていた。
東京も、すっかり涼しくなってきたなぁ。

|

« 続続:登山のカメラ | トップページ | 悩める秋 »

EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM」カテゴリの記事

EOS Kiss X4」カテゴリの記事

上/甲信越 Japan」カテゴリの記事

登山/山の写真」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、初めて拝見します。
私と同じカメラ、レンズスペックでこんなにも素晴らしい写真が撮れるなんて感動です。
7Dに買い換えようかと思ってましたが、このブログを見て思いとどまりました。あなたのように素晴らしい写真が撮れるまで使い潰すつもりでkiss x4を使い続けようと。

良かったらkissで撮影した写真をもっと載せて頂けると嬉しいです。これから楽しみに拝見していこうと思います。

投稿: | 2013.04.21 12:28

コメントいただいた某様

はじめまして。とても嬉しいコメント誠にありがとうございます。
残念ながらお名前がありませんでしが、是非また書き込みしてやってください。
実は既に、私の手元からX4はなくなっているのですが、
売ってしまって後悔してました。
特に、EF-S10-22っていうレンズは とてつもなくスバラシイ写りだったので、
全然手放したくはなかったのですが、ボディがなければ使いようがないので
泣く泣く手放しました。
今回、X7でシステムチェンジしますので、いずれまたこの銘レンズを手に入れて
やろうと目論んでます。そしてなによりも、シグマの17-70が使いたいです。

Kissの写真をがんばってUPしていきますので、
よかったらまた遊びにきてやってください。よろしくお願いします。

投稿: masa | 2013.04.24 01:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60034/55877272

この記事へのトラックバック一覧です: 青空の下を:

« 続続:登山のカメラ | トップページ | 悩める秋 »

目次とページング