« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月の7件の記事

2012.09.28

続続:登山のカメラ

Img_2474_m
(画像クリックで拡大します)
CANON EOS Kiss X4   EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM   F8  1/80  WB:AUTO CPL  ISO100  蝶ヶ岳~常念岳間 (蝶槍)

    ◆久々にギャラリーを更新しました。蝶ヶ岳と常念岳の山行き風景、よろしければこちらからどうぞ。


前回の「続:登山のカメラ」で少し話したが、今年は山用のカメラを新調してみることにした。
で、何を買ったかは、
8月6日のエントリーで既に書いた通り、EOS Kiss X4なのである。

このカメラ、とにかく軽い。
5D Mark2と比べたりすると、それはもう笑っちゃうほど軽い。
5D2に、オレの大好きな17-40のレンズをつけた場合、合計で1,380g
X4に、17-40と ほぼ同程度となる超広角ズームEF-S10-22をつけると、合計915g
その差なんと、465gである。
もっとオレに体力があるのなら5D2を持って行けばそれで済む話なのだが、
なにしろ”なんちゃってヤマノボリ“の域を出ていない素人なのである。

数年前、中判カメラ(PENTAX 645N)と三脚を持って無謀にも白馬岳に登ろうとしたのだが、
栂池自然園の駅から500メートル歩いたところで荷物の重さに耐えられなくて汗ダクダクとなり、
目の前にあった栂池ヒュッテにそのまま泊まってしまった哀しい実績の持ち主なのだ。

山の経験が少ない人間は、写真以前に命を大切にしなくてはならない。
2年前に北海道のトムラウシ山に登った時は、
カメラはリコーのGR1だけに絞ったにもかかわらず、
稜線の台風並みの風にやられて低体温症寸前となる恐怖も味わった。
これもまた、経験と体力の不足が原因である。
本気で山岳写真をやってる人々を、オレは心底尊敬してしまう。
時々すれ違うプロ写真家の凄まじい機材量には、マジでぶったまげる。

そんなわけで、安全第一、人に迷惑かけないを信条に山へ行っている。
だから三脚すら持っていかない。
だけれども、人一倍の写真好きである。
下界では決して見られない素晴らしい山の風景を、撮らないわけにはいかないのである。

山用カメラのチョイスではいつも悩む。
おそらくこれは、一生答えの出ない悩みなんじゃないかと薄々気づいている(それを楽しんでいたりもする)。
普段の風景写真機材はPENTAXの645Nで完全に完成しており、不満も悩みも皆無なのと比べると、
これは随分な違いである。
悩みがないと、不思議と作風ってブレなくなってくる。
その反対に、カメラが毎回変わったりすると、撮り方まで変わってくるから不思議だ。
昨年の白馬岳登山(注:645持参で挫折しちゃった時とは別の話。この時は頂上まで行きました)では、
カメラはNew Mamiya 6 + G75mm(35mm換算で40mmくらいの短焦点)だった。
中判とはいえ、とても軽いカメラなので、自分でもどうにかなったのだ。
40mmで撮る山の写真というのは、いつもの自分の写真と少し違って、それはそれで面白かった。
しかし、レンジファインダーは接写は苦手だし、朝晩の手持ち撮影もフィルムではキツイ。
ましてや、雨でも降ったら、フィルム交換さえ厳しい状況になることもある。

そんなわけで、Kissにしてみたのだ。
撮ってみて驚くが、実に高画質である。APS-Cをなめたらアカン。これで十分だと思えるレベル。
もちろん、ISO800や1600以上になってくると、5D2と比べたらそりゃあもうレベルは下がるけど、
それでもなかなか頑張っている。暗くても、手持ちでいろんなものが撮れた。
風景の描写だって、コンデジにはマネのできない緻密な表現ができる。
超広角のレンズも使える。この10-22っていうレンズは、軽いのに実によくできている。

おかげさまで、この軽くて小さい相棒をすっかり気に入ってしまった。
持っていても、とにかく軽くて苦にならないのである。これは重要だ。
型落ちモデルだからバリアングル液晶もまだついていないのだが、反対にそれが気に入って買った。
軽さのためには余計なものは無いほうがイイ。
山にはピッタリのカメラである。ただし、実は雨に弱いんじゃないかって、内心ドキドキしてる。
それでも、値段が安いんだから、酷使してさしあげるのが礼儀というもんだろう。
そういう潔く使えるところもまた、このカメラが気に入っているポイントなのである。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012.09.26

D600と6D

Img_1257_m
(画像クリックで拡大します)
CANON EOS Kiss X4  SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM  F5.6  1/200  WB:太陽光  ISO100


いよいよ普及価格のフルサイズ一眼レフが登場する。
ニコンはD600、キヤノンは6D。

キヤノンはフルサイズKissが出るって噂もあったけど、
実際には、Kissより上、D60と5D3の間くらいの新たなカテゴリー創設、といったところか。
まあ考えてみれば、現存するEF-Sレンズ群をそんなに簡単に捨てるわけにはいかなから、
Kissや7Dのカテゴリーは今後も共存させないといけないんだろう。
それに、完全エントリークラスのフルサイズにしちゃって、
その後あっという間に価格下落、ってのは、買う方だってイヤだ。

当初はこの6Dの商品設定に文句ばっかり言ってたんだけど、
いつの間にか買いたくなってる節操の無いオレがいたりする。
でも、積極的に買いたい理由って何なんだろう?何かあるのか?
DIGIC5?いや5D2でも十分低ノイズだよ。
GPSも無線LANもオレには必要ないし。
電子水準器?いやまさかそれだけで買い替えないだろ。
ファインダーだって視野率100%じゃないし、連写も速くない。
そうやって考えていくと、これは単なる「新しいオモチャ欲しい病」のような気がしてならない。
きっとそうだろう。
まぁ、一つだけ間違いのない理由は「軽量化」だけどね。
付属品含めて5D2より150g軽いってのは、確実なアドバンテージ。

かたや、キヤノンと違って出し惜しみしない攻めの姿勢を感じるD600。
なかなか頑張ってるなぁと思う。今回はキヤノン劣勢なんじゃないだろか。
自らのつくった商品カテゴリーが足かせになっちゃってるキヤノン。
でも、それでも一定数は売れちゃうのがキヤノンなんだよね。
(そういう自分もなんか買いそうになってるし)

ニコンの素晴らしいシャッター音が、誠に羨ましく感じる。
D800なんて、シャッター切ってるだけでシアワセになってきちゃう。
それに比べて最近のキヤノンのシャッターは、なんか事務的。タイプライターみたい。

だけど、ニコンでどうしても馴染めないものが一つある。
メニュー構造の入れ子のわかりにくさである。あれは本当にひどい。
ニコンを使っている時、結局最後まで理解することができなかった。
キヤノンのサブ電子ダイヤルに慣れちゃうと、操作性でもニコンには多少ストレスを感じる。
オレの場合、たとえ吐き出す画像がどんなにキレイでも、
操作でストレス感じたりすると、使いたくなくなってしまうのだ。
(そもそも各部の回転方向がキヤノンと全部逆ってのも、解っちゃいるけどやはり慣れないのだ)
でも、カメラって、感性で扱うものだから、そういうことって大切なんだと思う。

さてこの2機種の闘いは、今後どうなっていくことやら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.09.14

DSC-RX1の衝撃

Img_0111_m
(画像クリックで拡大します)
CANON EOS Kiss X4   EF 24mm F2.8 IS USM   F2.8  1/200  WB:太陽光  ISO100  世田谷区


ソニーから すんごいカメラが発表された。
多くの人の関心はα99っていう大きな方のカメラにあるのかもしれないが、
オレが驚いたのは、DSC-RX1っていう、小さい方のカメラである。
このカメラ、いわば“コンデジ(コンパクトデジカメ)”の部類に入るのだが、
小さいくせにセンサーがフルサイズで、なおかつF2の短焦点レンズがついてるのである。
レンズはツァイスなのだ。そしてレンズ交換なんてできないのだ。だってコンデジなんだから。

これの発売のおかげで、α99もニコンのD600もタムロン90mmマクロのリニューアルも、
オレのなかではちょっとすっ飛んでしまった。
こういう面白い冒険的なことを仕掛けるのは、やはりキヤノンやニコンにはできない。
つくった人は、きっとかなりのこだわりがあるんでしょう。

でもね、やっぱりちょっと惜しいんですよ。
オレが欲しいコンデジは、ホントにコンパクトでないとダメなの。
キヤノンのS100と同じサイズにしてほしい。レンズは沈胴式じゃないとダメ。
それと、せっかくソニーがつくったんだから、
頑張って内臓EVFにしてほしかった。外付はジャマ。

でも、それ以外のコンセプトは絶賛モノです。
まるでCONTAX T2やT3の再来のようではないか。
35mmにしたところがエライ。F2短焦点なのもエライ。フルサイズなのがエライ。
液晶に余計なチルトとかつけてないのも潔い。露出補正がダイヤルなのもいい。
カスタムモードが3つもあるのがイイ。AEロックボタン標準装備もイイ。

このまま待っていれば、いつかはオレの欲しいコンデジも出てくるんじゃないかと期待させてくれる。
いつの日にか、
デジカメにはファインダー(またはEVF)が当たり前に装備されてるという時代が来て欲しい。
カメラは目で覗いてオデコにくっつけて撮るのが、やっぱり基本だと思う。
手を伸ばして不安定な姿勢で撮る姿はマヌケである。
「昔のカメラは手を伸ばして液晶見ながら撮ったんだよ~」とか、
そういう昔話ができる時代が来て欲しいと願うのである。

ソニーさん がんばりましたね。

    ◆久々にギャラリーを更新しました。 蝶ヶ岳と常念岳の山行き風景、よろしければこちらからどうぞ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

夏よサヨナラ

Img_1191_m
(画像クリックで拡大します)
CANON EOS Kiss X4   EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM   F5.6  1/500  WB:太陽光  ISO100  CPL  長野県塩尻市 奈良井宿

江戸は まだまだ暑いけど、
富士山では初冠雪だし、朝晩の暑さも やわらいできたし、
そろそろこれで今年の夏ともお別れの季節である。
なんだかちょっと寂しいではないか。

一番暑かった頃に、立山へ豪華旅行(と自分では信じてる)に行けたので、
今年の夏休みは満足。夏が終わってしまったことへの悔いは少ない。
それでもやはり、夏の終わりは なんだか切ないのである。

夏の終わりと秋の始まりの恒例行事、今年も山行きの季節がやってきた。
昨年に引き続き、我が山の師匠、通称「板長」と、今年もアルプスへ行くことに。
なまった体に不安はあるが、それでも行きたいんだからオレも物好きだな。
まぁとにかく、安全第一で行軍してこよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.09.12

シュワっと爽快に

Img_1267_m
(画像クリックで拡大します)
CANON EOS Kiss X4   EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM   F8  1/100  WB:太陽光  ISO100  長野県大町市

ここ数日、
山に登りたいが為に、体重を減らしている。
体重を減らす為に、メシを減らしている。
だけど、ハラが減る。
そこで、炭酸水を飲んで、腹が減った気持ちをごまかしている。
実はこの炭酸水が、空腹を紛らすには かなりの効き目がある。

まるでビールでも飲んでるような気分になれる。
これをやってると、ついでに禁酒にもなって、ますます健康になってしまう(なんかオレに似合わねぇなあ)。

ヨーロッパに行った時、
どこのレストランにも必ず炭酸水が置いてあって、
これを飲みながら昼メシを食うとすごくうまいので、この炭酸水を飲む文化っていうのがすごくうらやましかった。
「フリザンテ」とか「アクアミネラーレ コンガス」とか、イタリアで炭酸水を注文する言葉だけは
すぐに覚えて、昼メシといえば必ずこれを頼んでは、喜んで飲んでいた。
だけど日本では、炭酸水なんて成城石井でも行かなきゃ手に入らなかった。
せっかくおぼえたあの味は、結局日本に帰ってきたら封印されてしまった。
それがようやく最近、コンビにでも買えるようになったのである。これはうれしい。

そもそも日本は、水を金払って買う文化なんてついこの前まで無かったんだから、
炭酸水なんてなおさら理解不能だったんだろう。
小さい頃、外国人が買い物で水買ってるのを見て、
「こいつらなにやってんだ?」と本気で思っていた。
でもやっぱり、炭酸水はウマイと思う。メシ食うときには とてもいい飲み物だと思う。
できればもっとデカボトルで、もっと安くして売って欲しいぞ。期待しているぞ。

麦茶ばっかり飲んでるのも、もう飽きちゃったよ(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.09.05

のびるレンズのカッコ悪さ

Img_0063_m_2
(画像クリックで拡大します)
CANON EOS Kiss X4   EF 24mm F2.8 IS USM   F2.8  1/30  WB:AUTO  ISO400  世田谷区

ズームするとニュ~ッと伸びるレンズって、なんともブサイクだ。
伸びる前がどんなにカッコイイとしても、伸びたらあっという間にブサイク。

使っているうちにレンズに嫌気が差してくるのって、
オレの場合はこの「ニュ~」に原因があるような気がしてならない。
ズームがどんなに便利だとしても、やっぱりその姿が美しくないのである。

ズームじゃなくても、タムロン90mmマクロとかも、近接域でかなり伸びまくる。
あれもイカン。実にイカン。
そういう意味では、全長変化のしないEF17-40とかEF-S10-22っていうのは、
そういう不快な部分が無いので、使っていて実に気分がイイ。
望遠も便利さに負けてEF70-300をチョイスしてしまったが、
EF70-200の方にすればよかったかなと、ちょっと後悔している。

上の写真のEF24mm F2.8 IS USMも、
短焦点らしい引き締まったデザインが実に好ましい。軽いし良く写る。

だけどだけど、自分の場合、
自分自身の用途に合致しなければ、あっという間にサヨナラしてしまうこともある。
性能機能やデザインがどんなによくても、である。
マミ6は、まろやかな写り具合がとってもよかったけど、山の用途にちょっと合わずにサヨナラ。
ツァイスの35mmF2も抜群のボケ味と高い彩度がスバラシカッタが、
レンズが重たいのとMFが かったるくなったのでサヨナラしてしまった。
(ツァイスなんだからMFごときで嫌気が差してちゃダメなんだけどね)
Hologonも、一生手放さないと信じていたけれど、登板機会が少なくなったので、これまたサヨナラ。

結局使わなければ意味が無いので、自分の場合はサヨナラしてしまう。
やっぱカメラもレンズも使ってなんぼ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気がつけば

Img_0162_m
(画像クリックで拡大します)
CANON EOS Kiss X4   EF 24mm F2.8 IS USM   F2.8  1/60  WB:太陽光  ISO100  世田谷区

いつの間にか、ナイター中継が まったくなくなってしまっている (プロ野球のね)。

いや、よく探せばどこかでやってるのかもしれないけど、
探さないと見つからないようじゃあ、やってないのと一緒。
ちょっと前まで巨人戦は、優勝を逃した時の消化試合以外は全試合中継が当たり前だったけど、
わずか数年の間に、常識は180度変わってしまったのだ。
この驚くべき変化。

F1だって、今や地上波から消えてBSでかろうじてやってるレベル。
ゴールデンタイムは屑芸人の内輪ウケ無駄話ショーばっかりで、
製作側は芸人にマル投げで全然手間かけてない。
子供が喜ぶアニメもヒーロー物も、なんにもやってない。
こんなんじゃ視聴率下がるに決まってる。

大河ドラマの視聴率が悪いとか言ってネットニュースとかで大騒ぎ(大喜び?)してるけど、
なんか出てる人がかわいそう。
だって絶対本人のせいじゃないから。
そもそも平清盛なんて地味な話は最初っから人気出るわけないんだし、
ココ最近の媚びたような過剰で暑苦しい演出されると5分見てるのも耐えられない。
全く同じキャストで同じストーリーだとしても、作り方さえ変えれば面白くなるはず。
NHKのドラマは他の時間帯のものはものすごく面白いものが多いのに、
大河ドラマだけは抜群にダメになってしまった。なぜだろう。

夜の7時にウルトラマンやってた頃は、シアワセでしたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

目次とページング