« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月の3件の記事

2012.03.30

さよならムーバ

Imgp0178_m
PENTAX Optio S5i

とうとう別れの時がやってきてしまった。
2003年から愛用してきたオレの携帯、R692i (日本無線製)。
防水フローティング構造。なんと水にプカプカ浮かぶのである。
まちがって湖にドボンしちゃっても、沈まないのである。
そしてこうみえても、液晶はカラーである。
だけど256色しかないので、写真とか送られてきても、画像を判読できないことが多かった(笑)。
メールも512バイトしか受信できないので、256文字以上になると分割されてしまう。
最近の長ったらしい引用メールをccで送られると、
中身の無いリプライ部分が3通にも4通にもなって送られてくるのには辟易した。

どうしてそんな不便な機種を使いつづけてきたかというと、
携帯電話に金をかけるのが とてつもなくイヤだからなのである。
携帯会社に毎月お布施を払うのがバカらしいのだ。
だからここ数年は、毎月2,000円くらいしか払っていなかった。
どこにも電話しないし、かかってくる相手も身内の1名が殆ど。あとはメールするだけ。
その他の用事は仕事携帯で済んでしまうのだ。

それにしてもこの携帯、山へ行くときの信頼感は絶大だった。
落っことしても濡らしても、壊れる気がしなかった。
稜線に出れば、思いのほかきちんと電波を拾ってくれた。
シンプルにして頑丈であれば、それでいいのだ。

そんな大好きだった電話にも、終わりの時がやってくるのだ。
movaサービスは終了し、強制的にFOMAへ交換させられた。
ほぼ10年使い続けたこの電話も、あと2日でアンテナマークが消えてしまうのである。
寂しいではないか。

256文字の制約の中で、その日のできごとをコンパクトにまとめて、
3ヶ月の旅の間、友人達に旅日記のメールを毎日送り続けたことがあった。
制約があることで、簡潔で抑制された文章となり、
日々の出来事や自分の思いを256文字に込めることで、面白いものが書けたと思う。
愛用していたんだけどな。
でも、もう使えないんじゃ仕方がない。
さらば愛機よ。おつかれさん、ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.27

春なのに

Img_1776_m
(画像クリックで拡大します)
CANON EOS 5D MarkⅡ EF17-40mm F4L USM   F8  1/50秒  WB:太陽光 ISO1600 

暖かくならない!

いつになったら春が来るんだろう。
思うに、子どもの頃の気候は、こんなもんだったような気もする。
4月に雪が降った記憶もある。
そう考えると、地球は正常気温に回帰してるのかと少しだけホッとしてしまう反面、
これもやっぱり気象の異常さからくるのだろうかなんて逆に疑ってしまうこともある。
寒いおかげで桜はちっとも咲かない。冬用コートも手放せない。

さて先日は、友人と下北沢で一杯。
久しぶりにカメラを持って電車に乗り、駅構内を少しだけスナップ。
こういうことをしたのは かなり久しぶりである。
撮っていて、なんだか妙に楽しかった。街中スナップの楽しさを思い出した。
デジカメって、こういう暗い時に撮ると、今や実に頼りになる機械である。
ここ最近は、高感度性能が更に向上しているようで、なんとも恐るべしである。
ただし昼間は液晶が見えにくいので、やはり撮りにくい。
そんなわけで、最近はいつもお留守番の5DⅡなのである(哀れだ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.11

あの日から1年

Imgp5484_1_m_2
PENTAX K10D  smcPENTAX DA14mmF2.8ED  F11  福島県

5年前に行った、福島の港。双葉郡浪江町の請戸という港。
すごくキレイなところだった。
ここで大好きな貝をたくさん買って、その晩に浜辺でキャンプしてたらふく食った。
今ここの港はすっかり壊滅してしまった。
テレビでその様子を偶然見て驚いた。それはまさしくこの港だった。

キャンプしたのは楢葉町の天神岬。ここも温泉があっていいところだった。
今になって地図を見てみるとこの時は、
福島第一原発と第二原発を挟んで行き来していたことになる。
誘われて行ったキャンプだったが、原発があるなんて行くまで知りもしなかった。
外から見える排気塔が、なんだかとても恐ろしかったのをよく覚えている。

大震災が起きてから数ヶ月間はものすごく長い日々に感じたけれど、
いつの間にかもう1年経ってしまった。なんて早いんだろう。
あのキレイだった海も浜も街も、今は人も家も無いというのが想像つかない。

ひたすら恐怖だった原発事故の推移。もう二度と味わいたくない。
震災から一ヶ月後に、山梨に桜を撮りに行ったけれど、あの時、心は全然落ち着かなかった。
恐怖を一時的に忘れたくて、気晴らしに出掛けていたようなもんだ。
居酒屋で酒を飲んでても、あの頃は心底酔えなかった。
だけど、今も状況は基本的にあんまり変わっていない気もする。
1年たっても、いまだに決まっていないことが山ほどあって、見通しさえ立ってないじゃないか。

震災は終わったわけじゃない。これからまた地震が来ることだってあるかもしれない。
だからスーパーに行って、備蓄の食料を買い増ししてしまった。
そして今日も相変わらず、渓流に行って撮影をした。オレの楽しみはこればかりである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

目次とページング