« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月の8件の記事

2011.10.31

裏山の至福

Daibosatsu_6_m
(画像クリックで拡大します)
FUJI  GF670  EBC FUJINON 80mmF3.5    RVP100   大菩薩峠

フットパスっていうのが最近流行っているようである。
なんのことかと思ったら、要するにお手軽なハイキングコースのことのようだ。
なんだそんなの昔から行ってるよ、なんで横文字で言うんだよ、と思っていたけど、
流行っているおかげで本がいろいろ出たりしていて、
そして結構ご近所に自分の知らない楽しいさんぽみちがあったりして、
そういうのを知ることができるのはいいことである (と自分勝手に解釈)。

今日はガイドブックを頼りに町田市にあるお手軽コースへ行ってみた。
(ちなみに上の大菩薩の写真とは何の関係も無い場所なので悪しからず)
しかしこれがちょっと驚くほどナイスなコースで、
うわあこんなところに小さな山があって畑があってこんなに景色がいいのかと、
なんか妙に楽しめてしまった。
しかもご近所なので全然金がかからない。
イヤになったらすぐ引き返せるし、遭難して人に迷惑かける心配も(ほとんど)ない。
いや~実に楽しかった。

話は変わるが、途中から曇ってきて、林の中は結構暗かったりして、
ISO100のフィルムでは 手持ちだとちょっと厳しい場面もあった。
GF670のレンジファインダーでは なかなかピントが合わせにくい場面もあった。
最後にはパラパラと雨が降ってきたりして、水に弱いカメラでは怖いなとも思った。
なかなか万能なカメラっていうのは無いもんである。

しかし、
万能だからって、
吐き出す写真がつまらないものばかりっていうカメラはもっとイヤなのである。
だからそういうカメラは自動的に使用頻度が落ちてくる。
そういうカメラにはつくづくイヤケが差している今日この頃なのさ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.10.28

ブラックホール

Daibosatsu_12_m
(画像クリックで拡大します)
FUJI  GF670  EBC FUJINON 80mmF3.5    RVP100   大菩薩峠

新宿を通らない通勤ルートは混雑回避できて非常に楽なのだが、
新宿を通らないと買い物は非常に不便だ。
買い物っていうのは主にカメラ屋と書店と登山用品店のこと。

ホントはそういう店へ会社帰りに気軽に寄りたいのだが、
今のルートでは なかなか「気軽」とはいかない。ちょっと遠回り。
でもおかげで電車が空いてるんだから、そのことの方が重要だけどね。
渋谷とか新宿で乗り換えると、それだけで帰り道の体力消費が2倍になる。
なによりも気持ちがくたびれる。

神保町とか小川町って、マジで憧れる夢の世界。
書店と登山用品店は、とにかく全て揃っている。
ただ惜しいことに、カメラ屋が無い。
もしもヨドバシの神保町店が出来たなら、それは首都圏で最強の町になってしまう。
一旦足を踏み入れたら、もう絶対に帰ってこられない。
一通り買い物した後で、ルンルン気分で喫茶さぼうるとか入っちゃったら、もう会社にも戻れない。
買い物袋開けて本読んでタバコ吸ってお茶飲んで、ああもうシアワセ。

できれば経堂あたりがそういう役割の町になってほしいんだが。
まあ無理か。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.10.26

一生おぼえられない

Daibosatsu_13_m
(画像クリックで拡大します)
FUJI  GF670  EBC FUJINON 80mmF3.5    RVP100   大菩薩峠登山道

久しぶりに昼過ぎから神田へ。
午後2時なのに、ガード下の店には もう飲み始めてる人。
町中で24時間営業。ある意味。

神田って、ホントにわかりにくい。
北西から南東へ、斜めに突っ切る中央線。
それに対して道路は水平と垂直のライン。
駅を中心にすると、どこを見ても同じ景色。
JRの改札は、どっちの出口も風景がそっくりで、今どこにいるのかさっぱりわからない。
東京在住の人でも、神田を極めている人は多くはないだろう。
別に覚えたいという意欲もさらさら無いのだが。

神田の駅前の焼き鳥屋で、昔よくレバサシつまみに飲んだ。
はっきりいって、あんなウマイ食い物はない。
巷では最近、あれが法律で食えなくなるんじゃないかなんて言われているが、
それは悪夢。日本の食文化を消してはならぬ。
でもあの店、たまには行きたいなと思っても、
神田にあるから場所がよくわかんないんだよね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.10.25

笹子と小仏

Daibosatsu_5_m_2
(画像クリックで拡大します)
FUJI  GF670  EBC FUJINON 80mmF3.5    RVP100   大菩薩峠登山道

中央道には長いトンネルが二つある。
笹子(ささご)と小仏(こぼとけ)。
これがどういうわけか、走っている時にはどっちか一つの名前しか思い出せない。

走ってる最中なので、地図も見れない。
トンネルの入口にある標識を見落とすと、長いトンネルの中で
「このトンネルの名前なんだっけ?」
という、極めてどうでもいい疑問について悩み続けなければならない。
どうでもいいことではあるが、でも思い出せないと激しく気になるのである。
「コボトケ」が すんなりと頭に浮かんでくるときは、「ササゴ」は何時間かかっても出てこない。
夜の高速を走りながら、悶々と苦しみ続けることになる。

今は携帯でネット検索なんて便利なことができるけれど、
こういう雑学みたいなことって、ちょっと前までは、
地図やガイドブックを見たり、あるいは人に聞く以外に思い出す方法なんてなかった。

そういえば昔、
「別所哲也」
が思い出せなくて、居酒屋で2時間以上 激しく悩んだことがある。
3人で考え抜いたが結局思い出せず、
とうとう最後は友人に電話をかけて、
「あのハムのCMの人だれだっけ?」
と質問してようやく回答を得たのだった。
(携帯が無かった頃なのでわざわざ赤電話でかけたなぁ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.24

山とデジカメ

Daibosatsu_3_m
(画像クリックで拡大します)
FUJI  GF670  EBC FUJINON 80mmF3.5    RVP100   大菩薩峠登山道

デジカメの液晶モニターがイヤだ。
あれがついてると、その確認作業で無駄な作業がものすごく増えてしまう。
液晶モニターは便利だが、弊害もある。

とりあえずシャッター切って、
ん?こんな明るさで撮ってねぇよ、もうちょっと暗くだよ、
でも-0.3くらいじゃ全然暗くなんないじゃんかよ、-0.7・・・-1・・・・・あれいつの間にか-2・・・
どうしてこうなる?空に引っ張られてるのか?地面の暗いとこか?じゃあスポット使うか。
なんかうまくいかねぇな。この暗部って階調出てんのか?それにこれは見た目と色味が全然違うし・・・

とかやってると、
写真撮るのが全然つまらなくなる。
いろいろ悩んだあげく家で画像見てみると、案外最初のカットで明るさも色味も合ってたりする。
液晶はウソつきだ。そして確認は余計な作業だ。
それに液晶があると、
何にも考えずにとりあえず撮ってから確認っていう安易な姿勢になりがち。
じゃあ液晶モニター消すか?とも一瞬思うが、やっぱりそれもおかしい話で。

山に行って、デジカメで撮ると、
景色を見ないで液晶ばっかり見ていたりする。その時間がもったいない。
デジカメの過敏過ぎる露出も困り者。白トビのことばっかり考えてドキドキするのもバカみたい。
せっかく山に来た時くらい、悩みなんてナシで写真を楽しみたい。
山はいいね~ なんて言いながら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

GF670で登山

Daibosatsu_1_m
(画像クリックで拡大します)
FUJI  GF670  EBC FUJINON 80mmF3.5    RVP100   大菩薩峠登山道

手持ち撮影用の中判カメラを思い切ってリニューアルしてしまった。
FUJIのGF670である。
このカメラ、数少ない現役製品である。新品で買える稀有なフィルムカメラ。

愛用していたマミロク(New Mamiya 6)とは、涙のお別れ。
G75mmの描写は素晴らしかったが、
なにしろマミロクは、内臓露出計がアテにならなかった。
マミロクの名誉の為にも もう少し正確に書いておくと、
まず、晴天順光での風景撮影には、殆ど問題なかった。きっちり写った。
しかし、曇天の時には、どういうわけか妙にアンダー気味の露出になった。
残念なのはスナップで撮る時。多くのショットで、人物が激しくアンダーになってしまい、
人物は風景の中に溶け込んでしまうのであった。
オレのマミロクが、どうやらピント不良だったというのも、システムチェンジのきっかけになった。

GF670のレンズのボケ味はちょっと硬そうだとは思ったのだけれど、
お気楽に内臓露出計を頼りながら撮れる中判カメラが欲しかった。
軽いから、山行きの友にはぴったりだと思った。

使ってみて、そのシャープさには驚いた。
露出計も実に見事に当たる。さすが21世紀のフィルムカメラ(笑)。
もしかして、ステキな友達と巡り合えたのかな?と、そんな気がしている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.10.04

9月の白馬岳

Shirouma_2_m
(画像クリックで拡大します)
New Mamiya 6  Mamiya G 75mm F3.5 L  RVP100   白馬岳頂上付近

今回の山行では、
カメラは1台、レンズも1本に絞ってみた。
正確に言えば、防水のコンデジは持っていったが、これは あくまで記録用。
マジメに撮るカメラは1台。ニュー・マミヤ6に、G75mm一本のみ。

山に持って行って、改めてマミロクの使い勝手の良さを実感してしまった。
軽くてよく写る。
デジカメみたいに撮った後で液晶の確認なんて要らないので、撮るのに時間がかからない。
だから余計な作業に縛られず、山のぼりの楽しみを邪魔されない。
ワイド系ではなく、あえて標準形のレンズで撮るのが、最近のオレのブーム。
全てを収めようとせず、とにかく切り取りに徹する。これが楽しい。

稜線で、ミラーレス一眼を持ってる人と、かなりたくさん擦れ違った。
最近の山でのトレンドは、どうやらミラーレスのようだ。
でも、あんなに天気の良い稜線で、液晶はきちんと見えるのだろうか。
よけいなことが気になってしまう。

山小屋で、マミヤ7を持ってる女の子を見かけたときは、
おお!
と心で声を上げてしまった。エライぞキミは。良い写真を撮ってくれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スバラシカッタ白馬岳

Shirouma_1_m
(画像クリックで拡大します)
New Mamiya 6  Mamiya G 75mm F3.5 L  RVP100   白馬岳頂上小屋より

気がつけば半月もここを放置してしまった。
そして気がつけば、夏もとっくに終わって妙に寒い日々。
今度は冬の電力が不足するかもなんてまたバカなこと言い始める始末。いい加減にしてくれ。

ところで、
9月の連休を利用して、
ついに憧れの白馬岳に登ってやった。
我が山仲間、関が原の板長(イタチョー)の同行のおかげで、どうにか無事に帰ってこれた。
板長にはホントに感謝である。

人生にハイライトというものがあるのなら、
きっといまこの時が、その一つなんだろう。
もしもオレが死ぬときには、きっと今この風景を思い出すんだろうな、
そんなことを思いながら、山頂からの風景を眺めていた。

天候も素晴らしく、体調も良く、山小屋で飲むビールが実にうまかった。
すっかり酔っ払って、夜の7時半には寝てしまった。
夢の中で、怖かった登りの谷の光景が、何度も出てきた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

目次とページング