« セプテンバー | トップページ | その時どうなる »

2011.09.03

Distagon T* 35mm F2 ZE

Img_9919_m
(画像クリックで拡大します)
CANON EOS 5D Mark Ⅱ  CarlZeiss Distagon T* 2/35mm ZE   F2  1/320 WB:AUTO ISO1600 安曇野市

休み明けの1週間というのは、本当に辛い。
夏休みが人生のハイライトであるならば、その翌週は暗黒の日々である。
その1週間を どうにか乗り切り、やっとオレにも平和が訪れた。

というわけで、飲みすぎた。
3年ぶりで兄弟飲みしたので、なおさらやりすぎた。
本日は部屋の掃除くらいしかしていない。台風が来るとか言ってたくせに、結局大雨は降らず。
しかしオレにはちょうどいい。ダラダラするにはお似合いの気候。


話は変わるが、このZeissのDistagon 35mm F2は、
F2開放で撮ると、結構周辺光量が落ちる。
オレは周辺減光するレンズが大好きなので、これをむしろ歓迎している。
周辺減光するのがイヤだという人は結構いるけれど、「なにが問題なの?」と思ってしまう。
場面によっては、写真の良い隠し味になって、雰囲気づくりを手伝ってくれる。

ただし、すべての場面で良い感じになるわけではないので、
そういう場合は少し絞る。
F2.8だと、光量落ちを絶妙に改善しながらも、画面中心部のドラマ性は確保される。
F4まで絞ると、かなりカッチリした写真になり、光量落ちも気にならないレベルに。
更に絞ると、異様なシャープさの世界に突入。

とりあえず、何にも考えないでF2.8で撮りまくるのもよし。
チャレンジングに全部開放F2で撮るのもよし。
35mmという画角がオレにとっては絶妙で、ストレスなく何でも写せる。
50mmだと広角側が足りないので、風景では少し苦しいけれど、35mmならそれも問題なし。
小さい花を撮ってるとマクロプラナーもいいなと思うけれど、これは使ってみないとわからない。

無事に暗黒面を突破したので、このレンズ持って また山にでも出掛けたい。

Img_9962_m
(画像クリックで拡大します)
CANON EOS 5D Mark Ⅱ  CarlZeiss Distagon T* 2/35mm ZE   F2.8 1/500 WB:太陽光 ISO100

|

« セプテンバー | トップページ | その時どうなる »

CarlZeiss Distagon T* 2/35mm ZE」カテゴリの記事

EOS 5D Mark Ⅱ」カテゴリの記事

上/甲信越 Japan」カテゴリの記事

旅の写真 journey」カテゴリの記事

風景写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60034/52640346

この記事へのトラックバック一覧です: Distagon T* 35mm F2 ZE:

« セプテンバー | トップページ | その時どうなる »

目次とページング