« 雨の森 | トップページ | なんでもこい »

2011.06.07

海沢渓谷 豪雨

Img_8946_m
(画像クリックで拡大します)
CANON EOS 5D Mark Ⅱ  EF24-105mm F4L IS USM  F22 6秒  CPL  WB:太陽光 ISO100 東京都奥多摩町 海沢渓谷

有楽町のビックで現像フィルムの受取。
引越しする前の職場は途中の駅にカメラ屋が無かったので現像には難儀したけれど、
今はビックがあるので助かっている。本当はヨドバシならベストなんだけど、まぁそれは贅沢ってもんか。

ここ最近通っていた奥多摩の海沢(うなさわ)渓谷の写真。
雨が多かったので、これまでずっと5D MarkⅡで撮っていたけれど、
この前の土曜日は、久しぶりにリバーサルで撮ることができた。

自分はフィルムもデジタルも どちらも撮るけれど、
撮っている時の充実感と、出来上がりの完成度は、断然フィルムの勝ちである。
デジタルで撮っていると、ショット数は圧倒的に稼げる。いろんなアングルも試せる。
しかしながら、どうしても安易に撮ってしまっている自分がいるのも事実。
もっと気をつかって丁寧に撮ればいいのだけれど、
撮ったらすぐに液晶で確認できるっていう便利さからか、どうしても安易に走ってしまうことが多い。
で、この前の土曜日はフィルムで撮ってみて、とにかく枚数が稼げなくて参った。
もっといろんなアングルを試したかったのだけれど、あっという間に時間切れ。
しかたない、こういう時は、少ないカットに力をこめて、狭い範囲で できることを全てやろう。
と思って、邪念を捨てて集中してがんばった。

今日、“あがり”を見てみたら、
丁寧に、時間をかけて、気合をこめて撮ったフィルムの出来栄えは、
デジタルで撮ってる時の比じゃなかった。
例え失敗しても、その失敗が確実に頭に残り、身についていく。
フィルムの階調の広さも、輝度差の大きい景観の場合には、実に頼りになる。
645Nのファインダーは、見ているだけでも楽しいし、ピントも合わせやすい。
スポット測光だと、迷いも少なくて、撮ることに集中できる。
しばらく浮気して5D MarkⅡばかり使っていたことを、ちょっと反省。
やっぱりフィルムは楽しいなと再認識である。

そんなわけで ここしばらくは、奥多摩方面に通ってしまうかもしれない。

|

« 雨の森 | トップページ | なんでもこい »

Cameraのはなし」カテゴリの記事

EF 24-105 F4L IS USM」カテゴリの記事

EOS 5D Mark Ⅱ」カテゴリの記事

風景写真」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しく拝見しております。

”あがり”、5DⅡをもってしても PENTAX645の方が いいですか。

UP 楽しみにしております!

投稿: 田中ちゃん | 2011.06.08 21:08

田中ちゃんさま
いつもご覧いただきありがとうございます。
フィルムは楽しいですね、やっぱり。
バケペンのシャッター音にも憧れます。
フィルムの方が、撮る事の“重み”みたいなものがある気がします。やめられまへん^^;

投稿: masa | 2011.06.13 23:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60034/51884763

この記事へのトラックバック一覧です: 海沢渓谷 豪雨:

« 雨の森 | トップページ | なんでもこい »

目次とページング