« ドライブと音楽 | トップページ | 雨の森 »

2011.05.26

手ぶれ補正って

Img_7929_m
(画像クリックで拡大します)
CANON EOS 5D Mark Ⅱ EF70-300mm F4-5.6L IS USM  F8 1/160秒 EV-0.7 WB:晴天 ISO400  長野県小川村

廃車を見ると、反応せずにはいられない。
風景の中にある廃車って、どうしてこんなに気持ちをそそられるんだろう。
そういえば前にもこんな写真を撮ったなぁと思い出した。

ところで、手ぶれ補正の技術って、ホントにすごい。
オレは技術とか数学とかに弱いから詳しい仕組みとか理屈とか そういうことはわからないけど、
よくぞこんなものをつくったものだと感心してしまう。
100mmくらいのレンズだと その効果が目で見てもわかりにくいけど、
300mmくらいのレンズをつけると、それはもう驚くほど効果がよくわかる。
ファインダーを覗きながら 「おおおおお」 と唸ってしまう。
望遠端の状態でファインダーを覗きながら、途中でシャッターボタンを半押しすると、
その瞬間、小刻みに動いていた風景が、「ヌルッ」という感じで動きを緩めるのである。
これって、レンズ内に手ぶれ補正がついているカメラの特権なわけで、
PENTAXやOLYMPUSの一眼レフみたいにボディ内臓タイプだと、目では見えないわけである。

これのおかげで、今年の長野の旅行では、三脚なしで随分と写真が撮れた。
本当は三脚構えてじっくりいきたいんだけど、時間的にそれができなかった。
そんな時間の無いオレを救ってくれた手ぶれ補正の技術って、アンタはエライ。

|

« ドライブと音楽 | トップページ | 雨の森 »

Cameraのはなし」カテゴリの記事

EF 70-300mm F4-5.6L IS USM」カテゴリの記事

EOS 5D Mark Ⅱ」カテゴリの記事

上/甲信越 Japan」カテゴリの記事

風景写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60034/51777511

この記事へのトラックバック一覧です: 手ぶれ補正って:

« ドライブと音楽 | トップページ | 雨の森 »

目次とページング