« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月の6件の記事

2011.05.26

手ぶれ補正って

Img_7929_m
(画像クリックで拡大します)
CANON EOS 5D Mark Ⅱ EF70-300mm F4-5.6L IS USM  F8 1/160秒 EV-0.7 WB:晴天 ISO400  長野県小川村

廃車を見ると、反応せずにはいられない。
風景の中にある廃車って、どうしてこんなに気持ちをそそられるんだろう。
そういえば前にもこんな写真を撮ったなぁと思い出した。

ところで、手ぶれ補正の技術って、ホントにすごい。
オレは技術とか数学とかに弱いから詳しい仕組みとか理屈とか そういうことはわからないけど、
よくぞこんなものをつくったものだと感心してしまう。
100mmくらいのレンズだと その効果が目で見てもわかりにくいけど、
300mmくらいのレンズをつけると、それはもう驚くほど効果がよくわかる。
ファインダーを覗きながら 「おおおおお」 と唸ってしまう。
望遠端の状態でファインダーを覗きながら、途中でシャッターボタンを半押しすると、
その瞬間、小刻みに動いていた風景が、「ヌルッ」という感じで動きを緩めるのである。
これって、レンズ内に手ぶれ補正がついているカメラの特権なわけで、
PENTAXやOLYMPUSの一眼レフみたいにボディ内臓タイプだと、目では見えないわけである。

これのおかげで、今年の長野の旅行では、三脚なしで随分と写真が撮れた。
本当は三脚構えてじっくりいきたいんだけど、時間的にそれができなかった。
そんな時間の無いオレを救ってくれた手ぶれ補正の技術って、アンタはエライ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.25

ドライブと音楽

Img_7328_m
(画像クリックで拡大します)
CANON EOS 5D Mark Ⅱ  EF 17-40mm F4L USM   F5.6  1/50秒 EV0   WB:太陽光 ISO100 東京都八王子市 裏高尾町

撮影の帰り道、車のFMでマーラーの復活をやっていた。
自分ではなかなかCD出して聴こうとは思わないけど、ラジオでかかっているとなんとなく
「ラッキ~」
と思って喜んで聴いてしまう。
他人がチョイスした音楽を聞くのって、なぜだか得した気分になるから不思議だ。

風爽やかな新緑の山道を下りながらマーラーなんて聴いていると、
なんだか妙な気持ちである。でも悪くはない。
この日の放送は、メータとウィーンフィルの、結構古い録音のものだった。
これを聴いてたら、なんとなくスイッチが入ってしまったのか、
中学生の頃に夢中で聴いた、あの懐かしのバーンスタイン×ニューヨークフィルの演奏が聴きたくなった。

21世紀、恐るべし。ちょっと検索したら、すぐに見つかった。
しかもリマスターされて音質が良くなってるらしい。録音は なんと1963年である。
バーンスタインはその後2回ほど復活を録音しているが、
この63年版とは全然別の指揮者じゃないかと思うくらい、全く演奏が違うのである。
若さとスピード感溢れるこの63年版が、断然良い。
LPじゃなくてCDで聴けるヨロコビ(しかしLPって古いな~)。
曲の途中でA面からB面によっこらしょとひっくり返すあの儀式も、今は無いのである。

たまにはマーラー聴くのもいいもんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

森の湿度

Img_8881_m
(画像クリックで拡大します)
CANON EOS 5D Mark Ⅱ  EF24-105mm F4L IS USM  F5.6 0.5秒 EV-1.3 CPL  WB:太陽光 ISO1600 東京都奥多摩町 海沢渓谷

この日は昼くらいまで晴れていたが、予報では午後から雨。
そして予報は的中。雷まで伴った激しい雨に。
こういう時に限って折り畳み傘が壊れてしまい、カメラは否応なしにびしょ濡れ。
この日の機材を645Nでなくて、5Dにしておいてよかったなと つくづく思った。
とりあえず、濡れても大丈夫なカメラだと安心。

以前使っていたオリンパスE-3の防水性能は強烈だったので、
富士山に行って泥だらけになった後でシャワーで水ぶっかけて洗ったことがあったけど、
びくともしなかった。それはそれは頼りになる強靭さだった。
5Dの場合は そこまでの防水性能は期待できないけど、
それでもやはり防塵防滴の安心感というのがある。
でも、残念なのがレリーズのソケット。あれを使うには、
ゴムの蓋をべろっとめくらないといけない。雨の中でそんなことできない。
そこだけ惜しい。仕方ないので2秒セルフとかリモコン使ってごまかしている。

こんどこそ、折り畳み傘を新調していこうと固く誓うのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.24

海沢渓谷 雨

Img_8875_m
(画像クリックで拡大します)
CANON EOS 5D Mark Ⅱ  EF24-105mm F4L IS USM  F13 10秒 EV-0.3 CPL ND8  WB:太陽光 ISO100 東京都奥多摩町 海沢渓谷

最近、この海沢渓谷という場所にすっかりはまっている。
東京にも、こんなにスバラシイ自然があったのかと驚いている。
ここにいて、沢の音を聞いていると、ひんやりして、気持ちがよくて、心が安らぐ。
川の音、森の発する湿気、濃密な酸素、新緑の眩しさ、澄んだ水。
日々の疲れや煩わしさが瞬間的に帳消しになる気さえする。

黄色い小さな花の名前を、オレは知らない。
そんなことも知らないのかと自分でも呆れるが、でも知らない。
小さな花が、たくさん咲いている。4月には、白くて小さな花がたくさんあった。

でも、今回行った時には、心に迷いがあり過ぎた。
どこで撮ろうか、何を撮ろうか、どうやって、どのレンズで、
どの絞りでどのフィルターでどの画角で・・・
そうやって迷った時の写真は、見事に出来栄えに反映してしまう。
迷いは隠せないのだ。
まだまだだなと思う。
写真は引き算。何かを得る時は、何かを捨てなくてはならないのだ。

まだまだ旅はつづいていく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.05.20

皐月

Img_7742_m_2
(画像クリックで拡大します)
CANON EOS 5D Mark Ⅱ EF70-300mm F4-5.6L IS USM  F8 1/250秒  WB:晴天 ISO125  長野県白馬村

5月の連休は、安曇野-白馬-鬼無里-小川村-飯山と移動して、
その後友人の誘いで北軽井沢へ移動。
それから、あまりにも気に入ってしまった小川村を再訪。
春の上信地方を満喫しつつ、渋滞に苦しみながら帰ってきた。

最高にのんびりした風景の中で、心底のんびりして楽しんできた。
フィルムで撮りたいと思いつつも、結局1枚も撮れなかった。
そのかわりに、デジタルで枚数だけはたくさん撮ってきた。
自然の中にいるだけで、本当にシアワセな気分になってしまうものである。

ところで全然関係ないけど、最近のコンデジって本当に安い。
こんな値段でいいの?っていうくらい安いのに、機能は盛りだくさん。
フルハイビジョンの動画までついてて、夜景だってオートで相当撮れて、そして安い。
以前に比べて開発期間や販売期間が短いので機能や操作の練り込みは不足しているが、
性能の充実にはおそるべきものがある。
そんなわけで、自分以外に人の分まで買ってみてしまった。
小さい・軽い・すぐ撮れる。いつでも持ち歩いていれば、いろんなものが撮れるだろう。
もうちょっと良いものが出るのを待ちつつも、今あるものを買わずにいられない自分なのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.18

山村の景

Img_8453_m
(画像クリックで拡大します)
CANON EOS 5D Mark ⅱ EF70-300mm F4-5.6L IS USM  F11 1/125秒  WB:晴天 ISO200  長野市

超久々の更新となってしまいました。失礼しました。
さて、群馬・長野方面に行ってきました。
予想通り、フィルムで撮ってる時間がなく、珍しくデジタル大活躍となりました。

手ぶれ補正が異常に効くのでびっくりしながら、望遠ズームばかり使ってました。
三脚立てずに撮れるので、とにかくたくさん撮れます。
しかしながら、三脚立てて構図を追い込みながら撮るのとは、完成度が やはり少し違いますね。
もっとじっくり撮る時間があればいいんですが。
でも楽しい旅でした。やはり長野はいいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

目次とページング