« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月の12件の記事

2010.11.26

西麻布 EOS 5D Mark ⅱ

Img_5960_m
(画像クリックで拡大します)
CANON EOS 5D MarkⅡ EF17-40mm F4L USM   F4  1/25秒  WB:太陽光 ISO3200  港区

日本酒を頼むと、枡や受け皿の上にコップが載ってきて、
どぼどぼと溢れさせて酒を注がれるが、
あの習慣はなんなんだろうか?

まぁ気持ちはわからないでもないが、はっきり言って飲みにくい。めんどくさい。
普通に徳利とお猪口で出してほしい。
枡の上にコップっていうのは、べちゃべちゃ雫が垂れてどう考えても飲みにくいじゃないか。

徳利で酒飲んでる時も、できれば放っておいてほしい。
やたらとお酌したがる後輩クンとかがいるけど、そんな必要ない。
飲みたきゃ自分で酌して飲むからいい。だって面倒じゃんお互いに。

酒くらいマイペースでのんびり飲もうよといいたい。
あと、頼んでもいないのみ勝手に人の分まで生ビール頼む人がいるけど、
あれは重罪です。なんで頼むんだよアンタのペースに巻き込まないでくれよな。

そして今日は珍しく、一人でヤキトリ食って したたか酔っ払いましたわい。


※EOS 5D Markⅱ の記事はこちらにまとまっています。よろしければご覧下さい。
私のメインサイトはこちらです。写真も多数掲載しています。よろしければどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の夕  EOS 5D mark ⅱ

Img_2370_m
(画像クリックで拡大します)
CANON EOS 5D MarkⅡ EF17-40mm F4L USM   F5.6  1/20秒 EV-0.7   WB:太陽光 ISO160  新宿区

※EOS 5D Markⅱ の記事はこちらにまとまっています。よろしければご覧下さい。

西新宿で、カメラ好き写真好きの友人と久しぶりに一杯。
日本酒を飲みながら、彼が新しく買ったデジカメについて、熱い会話が進行。
シグマのDP2というやつを買ったらしい。
実はオレも、このカメラには相当興味がある。
興味があるんだけれど、しかし欲しいという気持ちにまで至らない。
全部RAWで撮って自分のパソコンで現像するという作業が、面倒に思えて仕方ない。
「フィルムに極めて近い画作り」というのは大変魅力的だが、
それならフィルムで撮った方がいいんじゃないだろか、と思ってしまうのも事実。

でもこうやって、カメラとか写真の談義をしながら酒を飲むというのは、
実はこれ、シアワセなことなんだなぁと改めて思う。
週末に、早く写真を撮りに行きたいものである。

私のメインサイトはこちらです。写真も多数掲載しています。よろしければどうぞ。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2010.11.25

公園  EOS 5D markⅱ

Img_6123_m
(画像クリックで拡大します)
CANON EOS 5D MarkⅡ EF 35mm F2   F2.5   1/15秒   WB:太陽光 ISO3200

西麻布で たった一軒だけ知っていた居酒屋が、消滅してしまった。
なくなってしまった店の前で、しばし呆然。
六本木でコンサートを聴いた後、いつも必ず寄る店だった。
気取ってなくて、高くなくて、気楽で楽しい店だったのに。

チェーンの居酒屋じゃ寂しすぎる。
しかし高級ぶって威張ってる店は居心地悪い。
安心して酒が飲める居酒屋って、実は極めて少ない。
そんな落ち着いて飲める店の一つだっただけに、消滅は誠に残念。

もともとあまり開拓精神が無い。
一度気に入ったら、徹底的に通って、飽きるまで同じ店に行き続ける方だ。
日本酒がうまくて、こじんまりしてて、静かに飲める店、募集中。
店員さんが馴れ馴れしく話しかけてこないような店の方が、オレにはいいのである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.11.21

入口 EF17-40 F4L USM

Img_5981_m
(画像クリックで拡大します)
CANON EOS 5D MarkⅡ EF17-40mm F4L USM   F4   1/25秒   WB:太陽光 ISO3200 渋谷区

久しぶりに8時間以上寝て目が覚めた。
なんたる快感。

朝からフロ入って、時代小説を読む。シアワセタイム。
ゴハン食べて昼寝。
夕方、川に出てさんぽ。カフェに行ってコーヒー立ち飲み。夕暮れの写真を撮る。

それ以外は、換気扇の掃除くらいしかしなかった(結構重労働だけど)。
This is 休日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.20

路地 EF17-40 F4L USM

Img_5941_m
(画像クリックで拡大します)
CANON EOS 5D MarkⅡ EF17-40mm F4L USM   F4   1/25秒   WB:太陽光 ISO3200 港区

小田急線は滅多に人身事故とか起きないのに、2日連続で発生。
以前は中央線ユーザーだったから、人身事故はものすごく頻繁にあった。
それにしても、どうしてああいう事故って連続するんだろうか?オレにはさっぱりわからない。

しかし電車が止まってしまうと本当に困る。
東北沢で文庫本読みながらボーっと待っていたけど、
復旧まで1時間以上かかるなんてアナウンスがあったもんだから、
オレも含めて多くの人たちが仕方なくゾロゾロ降り始めた。
みんなどうするんだろうと思っていたら、
改札の外にある地図を一生懸命見て、どんどん歩き始めた。
バスでもあるのかと思ってたけど、甘かった。
しょうがないので下北沢まで歩くことに。
天気が良くて、なんだか妙に爽やか。
こんな時間に、歩いたことのない道を行くのは、なんだか新鮮。
でもやっぱりそれは勘違いじゃないのか。歩きたくて歩いてるわけじゃない。
今朝は寒いし、トイレにも行きたくなってきた。ああ苦しい。
適当に歩いて、下北沢到着。井の頭線でご出勤。渋谷でトイレピットイン。
災難な金曜日だったぜ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.11.18

すぐにはムリです

Img_5986_m
(画像クリックで拡大します)
CANON EOS 5D MarkⅡ EF17-40mm F4L USM   F4   1/15秒   WB:太陽光 ISO3200 渋谷区

朝から展示会立会い。
たまには山歩きしてるんだから、一日くらいの立ちっぱなしなら平気、かと思いきや、
「歩いてる」のと「じっと立ったまま」というのは使う筋肉が全然違うんだと今さら思い出す。腰辛い。

何年か振りで会う人に不意打ちされると、
すぐには名前が思い出せないことが多い。ああ誰だっけって考えてる。
人の顔と名前を覚えるのが苦手だ。だからとても困る。記憶力の悪さを呪う。
だけどいろんな人に一度に会える時間は楽しい。
帰り道の新宿駅のホームの騒々しさに、辟易。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

タワー EF17-40 F4L USM

Img_5924_m
(画像クリックで拡大します)
CANON EOS 5D MarkⅡ EF17-40mm F4L USM   F4   1/30秒   WB:太陽光 ISO3200 港区

近づくと豪快、離れて見ると優美、
タワーってホントに魅力的。
こういう美しさ、新しいスカイツリーには果たしてありやなしや。

久しぶりにフジヤカメラへ。
昔欲しかった高級コンパクトが、いまや本当に安い。
T3もTC-1も、3万円台前半でそこそこのモノが手に入る。
T2なんて、「アタリあり」の個体ではあるが 1万切ってるのもあった。
フィルムの高級機も、いまやプレミアを維持できないのか。それともたまたま安かったのか。
逆に考えればフィルム派にはおいしい時代か。

一眼コーナーには、EF50のF1.4が八百屋のみかん並にぎっしり並んでる。
なんでこんなにあるんだ?20個どころじゃないぞ。
久しぶりに行ったけど、以前みたいにショーケースの中がすっかりがらんどう、ってことはなかった。

で、
本日は何も買わずにルノワールでお茶して退散。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.11.15

夜のともだち

Img_5868_m
(画像クリックで拡大します)
CANON EOS 5D MarkⅡ EF17-40mm F4L USM   F4   1/15秒 EV-1  WB:太陽光 ISO3200 港区

夜になると、どうしてもデジタルになってしまう。
でもそりゃあそうだろう。夜こそがデジタルの強みなんだし。
三脚持って街を歩くのも大変だし、そうなるとフィルムで撮るのは ちと辛い。

高感度の使えるデジタルカメラは、夕暮れだろうが夜だろうが、
そんなのおかまいなしに、なんだか魔法のように撮れてしまう。
この前までISO400で一生懸命撮っていたものが、今や3段も上の3200が使えてしまう。

カメラぶらさげ、フラリ、フラリ、
今夜は一体何を食ってやろうか、そして何を飲んでやろうかと想像しながら、
写真を撮っては歩く、歩く。この楽しさ。

しかしなんと、行きつけの店がまたしても閉店してしまったこの現実!
不景気って、イヤです!ああ哀しや!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.14

歩いて撮ろう

Img_5994_m
(画像クリックで拡大します)
CANON EOS 5D MarkⅡ EF17-40mm F4L USM   F4   1/15秒 EV-0.3  WB:太陽光 ISO1600 渋谷

久しぶりにカメラを持って街をウロウロ。
写真を撮りながらの街さんぽは随分と久しぶり。
なんだか妙に楽しい。

歩くにはちょうど良い季節だ。
神谷町あたりから、全く知らない道を適当に流す。
警察官が妙に多いのが気になるけど、でもまあいいでしょう。

考えてみると、5D MarkⅡを買ってから、まともに使った記憶が非常に少ない。
これまでずっとフィルムメインだったので(これからもそうだと思うけど)、
どうしても出番が少なくなってしまうのだ。
でもこのカメラで夜のスナップとかすると、実に最強だってことに(今さら)気がついた。
ISO3200常用しても、どうにか画になってしまうこの現実。
デジタルカメラの進歩を改めて思い知らされる。

もう少し歩きたかったなと思いつつ、時間切れで終了。
メシも食ったし、酒も飲んだし、満足。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010.11.10

会議は眠る

Hana_3_m
(画像クリックで拡大します)
CONTAX T2 Sonnar T* 38mmF2.8  RVP100 (Velvia100)

日曜日。
普段使わない東名に乗って、
普段行かない箱根に行ったら、
意外と近くて意外だった。

いつも中央道ばっかり使っている。
高速道路利用の95%くらいは中央道じゃないかと思う。
だから関越とか東名とかに乗ると、もう全然落ち着かない。
とんでもなく遠くに来ちゃったような気がして、くたびれちゃう。
でも、都心から3車線で始まる道路って、やっぱり便利だなと思う。
箱根まであっという間だった。
これから少し箱根でも通ってみるかな。
要は行きやすければいいのだ。通える撮影スポット探索中。

さて本日は午後から半日会議漬け。あーくたびれた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.05

那智様よ永遠なれ

Yuyake_1_m
(画像クリックで拡大します)
CONTAX T2 Sonnar T* 38mmF2.8  RVP100 (Velvia100)  近所

なんだかあまり話題にもなっていないのでなんだか寂しいのだが、
あの親愛なる野沢那智さまが亡くなってしまったのだ。
なんたることだ。

みんなまだ事の重大さがわかっていないようだけれど、
考えてもみてほしい。
もし仮にダイハード5ができたとしても、もう那智バージョンでは見ることができないのである。
そのことをみんなわかっているのか?

那智さまの凄さは、映画の冒頭の吹き替え第一声を聞いた瞬間に、
「ムフッ」
と笑わせられてしまうところだと思う。
「出オチ」と言ったら失礼だろか?でもやっぱり出オチなんだよね。
那智さまは、誰の吹き替えをやっても、独特の味があり過ぎて、思わず笑いがこぼれてしまう。
だってそうなんだ。でもバカにしてるわけじゃない。あの声が、あの口調が大好きなんだ。
だから出てきた瞬間に、嬉しさと楽しさで、思わず笑ってしまうのだ。

山田康雄の「泣けるぜぇ」みたいなキメゼリフはなかったけれど、
うめきや叫び声一つとっても、完全にオリジナルだった。
オレの持っているDVDには、「英語版」「日本語版」そして「野沢那智版」の3つがあった。
それはもう、単なる吹き替え版の枠を超越した、特殊な付加価値を持った存在だった。

あの那智さまの絶叫は、新たなバージョンではもう聞けないのだ。
さようなら、さようなら、愛しの那智さま。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.03

秋の陽は短い

Yuyake_3_m
(画像クリックで拡大します)
CONTAX T2 Sonnar T* 38mmF2.8  RVP100 (Velvia100)  近所

久しぶりにT2写真をアップ。
しばらくスキャナーを使わずにいたら、操作法をすっかり忘れてしまった。
35mmフィルムの読み込み設定が思い出せなくて、
昔のメモを引っ張り出して、格闘(まぁそれほどのことじゃないけどね)。
スキャン作業って、やるまでがものすごく面倒。
でもやりはじめて調子に乗ってくると「もっと読み込むフィルムないか?どんどんやったる」
って気持ちになる。しかしそこまでいくのが大変なんだが。

しばらくつづいてた5D MarkⅡの写真も悪くないなと思ってたのに、
ポジからスキャンした画像の力には、やっぱり全然かなわない。これは何なんだろう。
T2は相変わらず撮ってる時は頼りないんだが、できあがりは絶対裏切らない。凄い。

さて本日は恒例の小金井公園BBQ。
当初の予想より遥かに多くの人数が集まり、みんな結構楽しみにしてるんだなと再確認。
メシと酒がうまかったな~。
しかしここのところ一気に冷えてきたので、日陰はとても寒かった。
装備バッチリのつもりだったのに、ヘッドランプ忘れたのは大誤算。山じゃあり得ないことだ。

| | コメント (3) | トラックバック (2)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

目次とページング