« 近くで遊ぶ | トップページ | 北海道ツーリング 宗谷丘陵 »

2010.03.11

645Dで風景は変わるのか

PENTAX 645N
(画像クリックで拡大します)
PENTAX 645N  smcPENTAX FA645 75mmF2.8  F22  1/45秒   RVP100 忍野村

ペンタックスが、正式に中判デジタルカメラを発表した。
645Dである。
「中版」の定義も、デジタルになると もはやよくわからない気もするけれど、
でもまぁサイズからして中判を名乗ってもいいだろう。

今のところ自分はフィルムに夢中&大満足なので全く欲しいとは思わないのだが、
自分の新しいモン好きの性格からして、
いつの日かこの新型カメラを手に入れてしまうような気もする。
更にその先を予想すると、買ってからしばらくして、
「なんだやっぱりこれデジカメじゃん」(当たり前だけど)
とか言って あまり使わなくなる・・・とそんな気がする。
まあ少なくとも、向こう3年間くらいは買うことはないでしょうけどね(超高いし)。

でもこのカメラ、すごく頑張ってつくってると思う。
一旦は開発が白紙になったりして、紆余曲折の上、5年越しでの発売。
会社名が変わったりしたのに、発売にこぎ付けたのはエライと思う。
このカテゴリーのカメラは他にないので、明らかな差別化もできている。
「あくまでアマチュア向けのカメラ」と言い切ってるのも好感持てる。

PENTAX 645D

魅力的だな~と思うのはこういう機能。

 ・ボディ、レンズの防塵防滴(-10℃の耐寒性能)
 ・ファインダー視野率98%
 ・1/4000秒シャッター
 ・マグネシウム合金の外装
 ・2軸の電子水準器 (これいいな~)
 ・超音波モーター搭載の新レンズ
  ※オマケとして、フィルム時代同様にボディ下面と左側面の2箇所の三脚穴。
    これがあると、縦位置への切替が瞬間的に可能なのだ。

ペンタックス、頑張ってたくさん売ってください。
私はこれからも645Nで楽しませていただきます。
(ついでに645NⅡも継続販売してくれればいいのだが)

R0010960_1_m
(画像クリックで拡大します)
撮影:GRDⅢ F4.4 1/400 昼光 ISO64

|

« 近くで遊ぶ | トップページ | 北海道ツーリング 宗谷丘陵 »

Cameraのはなし」カテゴリの記事

PENTAX 645N」カテゴリの記事

富士山 Mt.Fuji」カテゴリの記事

風景写真」カテゴリの記事

コメント

645D性能も凄いけど、価格も凄いですよね。
買うかどうかの候補にあげる前に、金銭的にまず無理とあきらめざるを得ないようです。

ところで、今回のエントリーでmasaさんの撮影シーンがわかりました。
結構、低い位置から狙われているんですね。
勉強になりました。

投稿: tora | 2010.03.11 11:47

ハロウ森ボーイ!もしくは山ボーイ!
やっとネットが開通したので、みんなのブログ巡りをしています。
すーさんにコメントするのはお初かも!?

美しい写真たちに旅してる気分になりました。うっとり。
ご近所写真やカフェの写真にも、不思議と旅情を感じます。
何でだろうね。

投稿: アガタ | 2010.03.17 23:45

TORAさん
645D、買えないですよね(笑)。
でも大丈夫、いまのところ欲しいと思ってないので。
5Dですら、最近ちっとも稼動していません。
この撮影の時は、氷を画面に入れたかったので、
低いと高い位置、両方で撮りました。空がキレイでした~(^^)


アガタさま
あら嬉しや~ あら嬉し~
お越しいただき感謝カンゲキであります(^^)
引越してネットも繋がり、ようやく落ち着いたでしょうか。
これからようやくハッセルさんを活躍させてあげられるね。
川沿いのご近所Cafe、最近ハマッテます。雰囲気いいんですよ。
フィルムで撮ると、やっぱりイイ感じ~。

また是非遊びにきてくださいませ。

投稿: masa | 2010.03.19 08:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60034/47781562

この記事へのトラックバック一覧です: 645Dで風景は変わるのか:

« 近くで遊ぶ | トップページ | 北海道ツーリング 宗谷丘陵 »

目次とページング