« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月の7件の記事

2010.02.25

645Nのピント確認

PENTAX 645N
(画像クリックで拡大します)
PENTAX 645N  smcPENTAX FA645 75mmF2.8   F22 1/45秒  RVP100  田貫湖

ペンタックスフォーラムで645Nの点検。
先週撮ったポジのピントが怪しいと感じたのだが、結果は問題ナシだった。
ということは、被写体ブレか、もしくは三脚のセットが甘かったのか。
雪の上に立てたので、なかなか真っ直ぐ立たないなとは感じていたのだが、
自分の撮り方に問題があったとわかり、ちょっと凹む。カメラのせいにしようとしちゃいけないな。

その他、全レンズ異常ナシとわかり、ちょっと嬉しかった。
ただし本体のミラーの戻りが少し弱っているので、いずれOV必要とのこと。
それとフィルムバックのモルトが劣化。そういえばフィルムの周辺に光線漏れしてるカットがあったな。
近いうちにドック入り必要か。サブボディも検討必要だ。

フォーラムは、三井ビル時代と比べると随分小さくなってしまった。
以前は座ってゆっくり話が聞けたけど、今のカウンターはセブンイレブンみたいでちょっと哀しい。
ただし接客対応は相変わらず丁寧だと思う。良い会社だな。点検も無料だった。
645デジタルの発表も そう遠くないと思うけど、全く興味ナシ。今後も645Nを活躍させよう。
このカメラ、本当によくできている。究極の実用機。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.02.22

出来上がりのコーフン

CONTAX T2
(画像クリックで拡大します)
CONTAX T2 Sonnar T* 38mmF2.8  RVP100 北海道 浜頓別町 クッチャロ湖

クッチャロ湖の夕陽。
この時は本当にキレイだった。
同じ日にデジタルで撮った画像もあるが(コレです)、今さら見てみるとフィルムの方が断然好きだ。

今日は新宿のクリエイトで現像。
久々に大量持ち込み。35mm×13本と、220×6本。
しかし35mmは忘れられていた放置未現像フィルム (オレのではない)なので、退色気味。
一気に大量のポジにざっと目を通すのは、実に快感。
新宿クリエイトも小さくなってしまった。ギャラリーがなくなり、殺風景なカウンターのみになってしまった。
気がつけば、1月で新橋営業所もなくなっていた。びっくり。
オレが働く会社の近くには、なぜかいつもクリエイトがあって重宝した。
新橋と渋谷に一番通った。仕事中に抜け出してルーペ使ってニヤニヤしてることもよくあった。
新宿は駅から遠いのが難点。車じゃないと行く気がしない。困ったもんだ。でも頑張って行くよ。
だからこれ以上営業所が減らないよう、是非がんばって欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.20

Satisfaction 2

Biei_2_m
(画像クリックで拡大します)
CONTAX T2 Sonnar T* 38mmF2.8  RVP100 北海道 美瑛

莫大な数量の未整理ポジ。
またしてもそれを整理してやった。
「おかしい、たしかついこの前に全部整理したはずなのに」
と思って確かめてみたら、前回やったのは2006年2月だったようだ (その時の日記はこちら)

「もう全部整理してあるもんね~。
 だから安心、ちょっと片付ければすぐまたキレイになるから」
こういう思想が一番危ない。
上がってきたポジをカメラ屋のライトボックスでガマンしきれずに見てしまい、
帰ってきて机の上に放置。そしてそのままどんどん増えてきて、何かの時に どさっとどこかへしまう。
ふと気づくと、大量の未整理ポジ。あれ?これなんだっけ?見なかったことにしよう・・・。

そうやって、4年間で溜まりにたまったフィルムの山。
一年発起して整理を開始。約3日間で終了!と思った瞬間、足元からもう一袋出てきた!
おわ!まだ半分だったのかよ!もうやだよ!
しかしオレは負けなかった。諦めなかった。そしてついに、完結!
ファイルはとうとう10冊になってしまった。
でも、今回は完全に時系列で整理したので、過去の写真もすぐに検索できる。
のろのろと、ストックから引っ張り出した写真をスキャンしていこう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.02.19

やった高橋大輔

CONTAX T2
(画像クリックで拡大します)
CONTAX T2 Sonnar T* 38mmF2.8  RVP100 北海道 美瑛

男子フィギュア、高橋大輔ついにメダル獲得。
やった。人のことなのに何でこんなに嬉しいんだろう。
それが日本人ってもんなのか。
ようやく男子もメダルが獲れるようになったんだな。

それにしても気になるのは、アメリカのジョニー・ウィアー。
ルックスが中性的で、なんか及川ミッチーを彷彿とさせる。
自分に酔ってる感じがたまんない。
なるほどファッションショーのモデル経験も持ってるのか。
そして彼の滑りは素晴らしかったのに、妙に得点が低いのが謎である。
SPもフリーも良かったと思うのに、順位が低い。
会場からもブーイングの嵐。
ナゼダロウ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

飛んでけニッポン

CONTAX T2
(画像クリックで拡大します)
CONTAX T2 Sonnar T* 38mmF2.8  RVP100 北海道 宗谷丘陵

またしても東京に雪。
どうやらこれは温暖化の影響らしい。妙な気候だ。
朝には あんなに降っていたのに、午後になったら あとかたも無く消えてしまうのも不思議。
こうやって雨や雪の日が増えてくると、春が近いんだなと思う。
毎日スカッと晴れた冬の青空は、もう見られないのかな。


テレビで長野五輪ジャンプ団体戦の時の特集をやっていて、思わず見入ってしまった。
例の大逆転で日本が勝って、原田が泣きまくった あの時の試合だが、
吹雪で競技中止になる寸前だったのを、テストジャンパー達の決死のジャンプのおかげで
どうにか競技が続行し、おかげで日本が金メダルを取れたという話だった。カンドーしてしまった。
そういう話をちらっと耳にしたことはあったけど、実際にあんなものすごい死闘があったなんて、
全然知らなかった。しかも飛んでる人たちは、みんなものすごい実力者ばかりなのだ。
中にはリレハンメルで日本代表で飛んでいた人なんかもいるのだ。すごいのだ。
その人たちが、視界不良で非常に危険な状況の中、なんとか競技を再開させようと
必死で飛んでいくのである。これはすごい話だ。

ところでリアルタイムのオリンピックも始まったけれど、
日本選手が苦戦していて見ていてなんだか苦しい。がんばって欲しいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.13

十勝の空よ

CarlZeiss Hologon T*16mm
(画像クリックで拡大します)
CONTAX G2  CarlZeiss Hologon T*16mm F8  FUJI RVP100  北海道 芽室町

東京も激寒な日々。
最近太り気味なのであまり食べないようにしているせいか、寒さが余計に凍みる。
結局寒さに敗北して、ココイチでチキンカレー食ってしまった。ムムム。

セコニックの露出計の値がちょっと怪しいかなと感じ始めたので、
飯田橋まで測光値の点検に行く。
セコニックと提携している小さなカメラサービスの会社で、無料で診てもらえた。
結果は驚くほど良好。反射光は なんとパーフェクト。
入射光も輝度が低い場合のみ、0.1EV程度のアンダー。ほとんど問題ナシ。
「新品でもこんなに精度出ること少ないよ。これアタリだよ」 と言われてニヤリ。

このサービス会社の方との会話がヒジョーに楽しく、結局1時間以上雑談してしまった。
撮影会のエピソードとか、登山の話とか、プロ写真家の話とか、とにかくいろいろ。
わざわざ足を運んで行った甲斐があったというもんだ。
また話がしたいんだけど、なんか用事ないかな。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010.02.01

「14」 EOS 5D Markⅱ

EOS 5D MarkⅡ EF17-40mm F4L
(画像クリックで拡大します)
CANON EOS 5D MarkⅡ EF17-40mm F4L USM   F4   1/20秒 EV-0.7   WB:太陽光 ISO160

本日もワークショップのみなさんと軽く一杯。
のつもりが気づけば終電。
しかしチェーンの居酒屋は安い。お一人さま2500JPY。

今回のワークショップは、いわば特別講習。
NY帰りのスーパーレタッチャー T氏による、フォトショップ講座だった。
レイヤーとかマスクとか、今まで全然わからずにいた技術に、ようやく触れることができた。
これでオレも、今までより ちょっとはうまくスキャンできるかな?
(でも、正直ちょっと難しかった。しばらく使わなかったら即座に忘れる自信アリw)

 ※ちなみにレタッチといっても、オレの場合はフィルムスキャンする際のみ実施する。
  フィルムスキャナーだと、何故か見た目の通りの色や明るさには なかなか取り込めないので、
  やむを得ず、必要最低限のレタッチ処理を行う。あくまで見た目に揃えるため。
  デジカメの場合は全部JPEG撮りなので、デジタルのレタッチは殆どやらないと思う。

飲みながら、カメラ談義、写真談義で大いに盛り上がった。
いろんなバックグラウンドの人々と、共通の話題を持てるのがイイ。
そして自分の知らなかったいろんなコトを知ることができる。すごく刺激的。
ワークショップを通じて楽しいことが山ほど増えた。
お楽しみは、この先もまだまだつづく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

目次とページング