« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月の12件の記事

2009.12.24

新相棒 New Mamiya 6

New Mamiya 6
(画像クリックで拡大します)
New Mamiya 6  Mamiya G 75mm F3.5 L F13 1/250  RVP100 (+2増感)

ニューマミヤ6 欲しい欲しい病に取り憑かれてしまい、
気がつくと あっという間にオレのもとへとやってきた、新たな相棒、ニュー マミロク。

マミヤのレンジファインダーには、このマミ6と、その後継のニューマミヤ7があります。
大きな違いはフォーマット。マミ6は6×6のスクエアー。マミ7は6×7。
そしてマミ6は沈胴式。使わない時は、レンズをひっこめることで結構小さくなります。
(なんとマミ7は沈胴できないのです。固定なのです)

ブローニーで、気軽に持ち運べる機種が欲しいと思っていました。
PENTAX645でもいいんですが、ちょっとデカイ。それでマミ6。
スクエアーフォーマットで撮りたいと思ってたんです。

たとえばこれ、山に持って行く時なんてサイコーだと思うのですよ。
こんなに小さくて軽い中判って、なかなかないと思うし。
ファインダーも明るくて広くて、見やすいです。

この相棒とは、長く付き合っていきたいと思ってます (まあカメラ買った時はいつもそう思うんだけどね:笑)。

New Mamiya 6 G 75mm F3.5
撮影:GRDⅢ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

最近飛んでこない

New Mamiya 6
(画像クリックで拡大します)
New Mamiya 6  Mamiya G 75mm F3.5 L F16 1/250  RVP100 (+2増感)

たけしのテレビでUFOの話をやってた。
そういえば最近、UFOのテレビとか全くやらないな。
なにか理由でもあるんだろうか?

テレビに出てくるUFO映像ってホントにひどいものが多いけど、
夕べのヤツも実にひどかった。
映像機器がこんなに発達した時代だってのに、このきたない画像はないんじゃないか?と思った。
逆に考えると、きたない映像ではもはや視聴者に通用しなくなってきて、
インチキやニセモノの画像が使えなくなったので、それでUFO番組が減ってしまったのか。
オレは結構好きだったんだけどな。
それとももっと他の理由か?どこかの圧力とか?(ワクワク)

ちなみに心霊写真とか幽霊モノとかは死ぬほど苦手なので、その部分の放送は見てません(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.18

片山右京氏無事

EOS 5D MarkⅡ
(画像クリックで拡大します)
CANON EOS 5D MarkⅡ EF17-40mm F4L USM   F4   1/25秒  EV-0.3 WB:太陽光 ISO640

なんと小林可夢偉が2010年シーズンにBMWザウバーと契約が決まってしまった(F1の話ね)。
これはすごいことではないか。
彼は今期、たったの2回しか本選に出場していないのだ。
その2回のレースでいずれもポイントをゲット。バトンさまを ぶち抜いたりもした。
それが大きくアピールしたのだろう。少ないチャンスをものにしたってことか。

その他にもいろいろニュースがあって、シーズンオフなのにF1が気になる年の瀬なのだが、
今日は片山右京氏が富士山で遭難ってニュースを聞いて驚いた。
片山氏は個人的に非常に好きな人なので無事に保護されたのでホッとしたけれど、
同僚の方が まだ安否不明のままなので単純には喜べない。片山氏も複雑だろう。

遭難地点はマイナス25℃、独立峰ならではの超強風はヒマラヤよりも激しいと聞く。
去年の夏に登ったあの山が、今は想像もつかない過酷な世界なのだ。
そういう世界にチャレンジする人々っていうのは、本当にすごいと思う。
この前ほんのちょびっとだけ、雪や氷のある山を おっかなびっくり登っただけに、
妙に感じ入ってしまうのだ(本日は話が錯綜してまして失礼)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009.12.17

その気になりたい

Contax T2
(画像クリックで拡大します)
CONTAX T2 CarlZeiss Sonnar T*38mm  RVP100

今年の夏の北海道にはT2も持っていったのだが、
なんと確認したら 現地では5枚しか撮っていなかった。
5Dと645で夢中で撮っていたので、T2まで手が回らなかったのだ。

36枚撮りのベルビアはその後も一向に枚数が減らなくて、
しかたなくこの前24枚で途中巻き上げして現像してしまった。

なんとなく最近、T2では物足りなさを感じてしまうのだ。
マニュアルが使えないので、そこがどうもなんだかちょっと満たされないのだ。
って、コンパクト機にそんな無茶な要求しても仕方がないのだが、
別に要求しているわけじゃなくって、他のカメラを選ぶ機械が増えてしまっただけなのだ。
本来このカメラはAEでお気軽に使うのが正しいと思う。だからしかたない。

だけど、上がってきたポジを見てみると、
やっぱりいいんだなこれが。いやホントに。

さんざん操作しまくってマニュアルで撮ってその気になっても、失敗を量産。
だったらT2だけの方がよくないか(笑)。
でもまぁ、その気になるかどうかって、大切ですからね。フフフ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.12.16

懐かしの旅

Img_2276_m
(画像クリックで拡大します)
CANON EOS 5D MarkⅡ EF17-40mm F4L USM   F5  1/50秒  EV-0.3 WB:太陽光 ISO1600   渋谷

10月にメインサイトの引越しを実施したのだけれど、
これがもう地獄のようにめんどくさい大作業だった。
画像の容量が増えてきたのでレンタルサーバーに変更したんだけど、
URLの変更に伴う微修正が大量に発生して、相当な手間がかかった。
できれば二度とやりたくないと思う。

まぁ、でも、以前から手直ししたいと思っていた箇所に一気に手を入れられたので、
スッキリしたことは事実。ブログと違って自分の思ったようにレイアウトできるし、
なによりバックアップさえ取っておけばきちんと保存できる。
ブログなんて、いつ何が起きるか100%の保障なんて無いしね。

昔のツーリングの話とか、結構マメに書いてたんだなぁと思う。
他愛もない内容だけど、読み返してみたら、自分でも結構面白くて笑ってしまった。
お時間のある方、いかがでしょうか。2002年の野辺山ツーリングレポートです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.14

もう失敗しないだろう

Gyoen_1_m
(画像クリックで拡大します)
PENTAX 645N  smcPENTAX A645 35mmF3.5  F4 1/125秒  手持ち    RVP100

今ごろ出てきた春の写真。しかも2008年。
新宿御苑に桜を見に行った時のものだろう。645の写真は やっぱりいいな。

さて今日は、午後から日が出たので慌てて川原に出動。
宿題のネガ撮影を順調にこなし、日のあるうちに完了したので満足。
さて、川でも眺めながら ゆっくり一服だ、と思ったらライター忘れた。
しかたないから諦めて更に撮影だ、と思ったら感度2段も間違えてた。
ウキャー!
もうぶっちぎれた。まだ日があるけどふてくされて撮らない。もう撮らない。
と思ったがカバンにPROVIAを発見したので更に撮影続行。

ネガだと減感できるとこないだろうな。できても時間が間に合わないな。
しかたないから失敗覚悟でこのまま現像。ああ慣れないことするもんじゃない。
ネガも感度400も、ほとんど使ったことないからなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

北海道ツーリング2009 稚内

Img_0905_m
(画像クリックで拡大します)
CANON EOS 5D MarkⅡ EF24-105mm F4L IS USM  F5 1/12秒  EV-1 WB:曇り ISO1600   北海道  ノシャップ岬

仲間たちと夕日を眺めていつまでも楽しそうに笑っている学生たちが、
たまらなく羨ましく見えました。最高の時間でした。

(メインサイトに写真をUPしました。よろしければこちらからどうぞ。北海道ツーリング2009
http://carahan.main.jp/photo/2009hokkaido/title.htm

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.12.11

北海道ツーリング2009 オロロンライン

北海道ツーリング オロロンライン EOS 5D MarkⅡ
(画像クリックで拡大します)
CANON EOS 5D MarkⅡ EF17-40mm F4L USM   F11   1/250秒  EV-0.3 WB:太陽光 ISO400 PL  道道106 オロロンライン

こういう道は、北海道以外には なかなか無いなぁ。
こうやって晴れて景色がくっきり見えることも、なかなか無いなぁ。
こういう時にバイクで走れるって、運がいいなぁ。

(メインサイトに写真をUPしました。よろしければこちらからどうぞ。北海道ツーリング2009
http://carahan.main.jp/photo/2009hokkaido/title.htm
(EOS 5D Mark ⅱの記事はこちらにまとまっています。


ところで今日は一日雨。
外へ行けないというのは実に寂しい。
というのも、家のすごく近くに、とても良いカフェがあるのを発見してしまったからなのだ。
川沿いの、店なんて全然ない場所に、ポツンと新しくできたカフェ。
果たしてどんなもんだろう?と思って入ったら、これがなかなかいいのだ。実に落ち着くのだ。
「午前11時から日没まで」っていう開店時間も、なぜだかわからないが好感が持てる。

雨だとカフェに行けないから寂しいのだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

北海道ツーリング 2009

北海道ツーリング EOS 5D MarkⅡ R1100GS
(画像クリックで拡大します)
CANON EOS 5D MarkⅡ EF17-40mm F4L USM   F13   1/100秒  EV-1 WB:太陽光 ISO200 PL 北海道 稚内市

5年振りにバイクで北海道へ行ってみた。

やっぱりサイコーだった。
北は やっぱりバイクに限る。

北海道から帰ってきて、北アルプスとか八ヶ岳とかフラフラと歩き回っていて、
ちっとも写真を整理していなかった。反省。
そんなオレも、たまにはヤルノダ。やればできるのだ。

(というわけで写真をUPしました。よろしければこちらからどうぞ。北海道ツーリング2009
http://carahan.main.jp/photo/2009hokkaido/title.htm

この写真を撮った“利礼の丘”という場所は、とにかく眺望がスバラシイ。
そして全然人が来ないというのもポイントなのだ。風がないと、めったやたらと静か。
ただしオレは、途中でコケたので妙に疲れた記憶があるけどね(笑)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009.12.08

中判で撮りたいのだ

PENTAX 645N RVP100
(画像クリックで拡大します)
PENTAX 645N  smcPENTAX A645 35mmF3.5  F5.6 1/45秒     RVP100

猛烈な湿気に包まれた7月のある日、
気がつくと窓の外には大きな虹が出ていた。
虹の反対側には、すごい色に焼けていく空。そういえばこの日は、オレの誕生日だったな。

PENTAX645Nは、このように手持ちでも十分撮れる。
街中で撮ってるとバカでっかいボディに ぎょっとされることもあるけど、でも別に問題はない。
パッタコン、って大きなシャッター音も心地良い。
ただし、一日中街中をフラフラしながらこれで撮るのも少しだけ辛い。
というわけで、最近ニューマミヤ6が気になって仕方がない。

一度645のフォーマットを見慣れてしまうと、35mmが妙に寂しく感じてしまう。
街のスナップも、山の写真も、できればブローニーで撮りたいもの。
ニューマミヤ6くらいの大きさ重さなら、実現できるな~、と考え始めると止まらないのだ。

欲しいと考え始めると、もう誰にも止められないんだよね。
まあ、他にもこういう病気の人たくさん知ってるけど(笑)。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009.12.02

フル乗車+α

GR DIGITALⅢ
(画像クリックで拡大します)
RICOH GR DIGITALⅢ AE  F1.9 1/30秒 WB:MANUAL ISO734

この感度で このノイズなら、十分使えると思う。
GRDⅢ、いいではないか。

今日は子連れが二組遊びに来た。
双子用の、巨大なベビーカー。折りたたんでも車に入るだろうか?と思ったら入った。
双子用じゃない普通のベビーカーも、無理やり積んだ。大人3人、子供3人。違反だなこりゃ。

家の中は、騒然とした状況だった。にぎやかとはこのことか。
泣いたり笑ったり泣いたり。特に双子のおかあさんは大変だな~と思った。
そういえば、オレの友人には更に上手の三つ子がいたっけな。また顔見に行かないと。

夜は風呂に入ってからクリームシチューを食べる予定。
ビーフシチューではないが、赤ワインしかないのでそれを飲むぞ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009.12.01

師走

R0010316_m
RICOH GR DIGITALⅢ AE  F1.9 1/30秒 WB:昼光 ISO300

夕べは友人二人が昼過ぎから遊びに来て、結局そのまま夜まで宴会。
友人ひろむくん持参の“なんとか金賞”受賞のボルドーワインが絶品で、すっかり酔っ払い。
調子に乗ったひろむくんに付き合わされて、最後は駅前のヤキトリ屋でトドメ。

そんなことしてる間に、世間は師走に突入だ。
ああ、夏の天幕生活が懐かしい。はやく春が来ないかなと今から待ち遠しい。
それまでは、ワークショップでプリントなどして楽しんでいこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

目次とページング