« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月の4件の記事

2009.08.27

ちょっと霧ケ峰

Dsc_2444s
Nikon D90  SIGMA 17-70 F2.8-4.5 DC MACRO  F8  1/100秒 EV0.7 WB:晴天 ISO200

8月中旬に、ビーナスラインの辺りへふらふらと行ってきました。
夜になったら峠の駐車場にたくさん人が集まってきて、何かと思ったら流星群だったんですね。
それでオレもにわかに参戦して、アスファルトの上にマット敷いて寝転がって見ていたのですが、
どうやらこれがいけなかったみたいです。翌朝から激しい腰痛に・・・。
オレもそんな年になってしまったんだな~(結局その後、病院に行く破目に。トホホ)。

今年の夏は、ホントに雨ばかりでしたね。
おかげで7月は、殆ど外出しませんでした。で、家に引きこもって、ひたすら部屋のかたづけしてました。
今までやろうと思ってもできなかった、戸棚や押入れの中の整理です。
不要なものは、とにかく徹底的に捨てました。恐ろしく大量のゴミを捨てました。
本棚も見事に片付けを行い、新しく収納ケースを買ってきて、それはもう完璧に整理されました。
雨のおかげとも言えますが、でもやっぱり、天気の良い夏の方がいいですね。

Dsc_2416s
Nikon D90  SIGMA 17-70 F2.8-4.5 DC MACRO  F10  1/60秒 EV0.3 WB:晴天 ISO220

Dsc_2452s
Nikon D90  SIGMA 17-70 F2.8-4.5 DC MACRO  F8  1/60秒 EV0.3 WB:晴天 ISO400

霧ケ峰は、今年の夏を象徴するような風景でした。
駐車場から、軽~く車山湿原を見て戻って来ようと思ってふらりと出発したら、
意外と長い道のりになってしまい、結構疲れました。途中からは雨降ってくるし・・・。
でも、久しぶりの山は、やはり気持ちがいい。
雨の中、濡れるのをかまわずにD90で写真を撮ってましたが、しかし濡れるのはやはり不安でした。
おそらくこの時に、「キヤノンにシステムチェンジしよう」と決めたんではないか?と思います。

Dsc_2459s
Nikon D90  SIGMA 17-70 F2.8-4.5 DC MACRO  F5.6  1/80秒 EV0 WB:晴天 ISO400

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009.08.15

空白の都心

P8036859s
OLYMPUS E-3  Distagon 25/2.8(YC) Kindai MountAdapter使用  WB:AUTO  ISO250

自動車で新宿-中野-新宿と移動。
妙に快適に運転できると思ったら、そういえばお盆だったのか。
どこもかしこも、快調に飛ばせて実に爽快。

カメラ屋をハシゴして軍資金づくり。
愛着のあるカメラに別れを告げるのは辛い。

去年の冬に買ってまだ1年経っていないニコンD90。
当初は大喜びで使っていたが、ここ最近は まるで出番なし。
久しぶりに昨日、山に持って行ったが、霧模様の山はやがて雨に。
それでもかまわず撮っていたが、やはり濡れるのは不安だった。
水に無敵のE-3が、今となっては手元に無いことが痛い。
というわけで、とうとう新型5Dを買うことに。
K-7もいいなと思ったんだけど、あのシャッター音には萎える。
それにPENTAXは防塵防滴レンズのラインナップが少ない。

ついでに寄った登山用品店。
どうして登山用のウェアはデザインが酷いのだ。
それにシャツ1枚で1万円ってどうなんだよ。相変わらずの殿様商売。
ユニクロに登山用ウェアもつくって欲しい。
帰り道は、FMでブルックナーを聴きながら またも快適走行。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009.08.11

GR DIGITAL Ⅲはどうだ?

R0010703_1s
(画像クリックで拡大します)
RICOH GR DIGITALⅡ AE F2.4 1/125秒 EV-1 WB:昼光 ISO100  渋谷区

前にも書いたけれど、ズーム付きのGR DITITALが欲しかった。
新しく出る“GRDⅢ”では、もしかしてそうならないかな?なんて期待してたけど、なるはずなかった。
短焦点をやめちゃったらGRじゃなくなっちゃうってことか。
それならGXを買えって言われそうだけど、あれはデカイからイヤなのだ。それにノイズが多いし。
(というわけで、GX200は とっくの昔に手元を去っていったのでした)

今度のGRDⅢは、どうなんだろうか?
液晶がデカくなって、レンズも明るくなって、高感度も強くなったというけれど、
今となってはGRDⅡが異様にお安くなってしまったので、こちらの方がお買い得感があるのではないか。
そもそもGRDⅡが非常にすぐれたカメラなので、今のところこれで十分って気がしている。
ズームがないことだけが惜しいのだ。28-70でいいからズームつきが欲しい。
でも、ズームさえガマンすれば、今のところ最上のコンパクトデジカメな気がする。
なんだかんだ言いながら、いまだに常用していることがその証拠なのだ。

究極のコンデジ、いつか出ないだろうか。
「この1台だけで、海外旅行に行ってもいい!」と思えるようなやつ。
前から何度も言ってるけれど、いまだに出てこない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.03

南仏の空

Imgp0096s_3
(画像クリックで拡大します)
PENTAX *istD  smcPENTAX DA14mmF2.8ED  1/400 F9  PL WB:AUTO ISO400 フランス Aix-en-Provence(エクサンプロヴァンス)近郊

8月ですね。
夏といえば、こんな風に気持ちの良い青空を見たいものですが、
今年はなんだか変な天気です。世界中で冷夏の様子。

フランスでは、夏でも湿気がなくて、実に爽やかでした。
(もう4年も前の話ですけどね)
ムッとするような日本の熱気の中でビール飲みながら花火を見るのも楽しいですが、
カラッとした空気の中をドライブする痛快さも堪(こた)えられないものがあります。
空がキレイなので、PLかけ過ぎると黒くなるほどです。

最近になって、久しぶりにフランスで撮った写真を見返しているのですが、
PENTAXのDA14mmで撮った映像は、改めて「いいな~」と思ってしまいます。
うまくはいえませんが、なんていうか、透明感っていうのか、空気感っていうのか、
そんなものを映像の中から受ける感じがします。
短焦点の威力なのでしょうか。
これを使って、もう少し夜景も撮っておけばよかったと反省してます。
そしてあの頃に手ぶれ補正のボディがあったなら、もっとよかったなと・・・。

※フィルムで撮ったフランスの写真をホームページにUPしています。
 よろしければこちらからどうぞ  フランスの写真 2005
http://www.ne.jp/asahi/carahan/quasar/photo/2005france/title.htm

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

目次とページング