« 冬の休養 | トップページ | 富士山狂い »

2009.01.18

秋葉のメモリー

Dsc_1710_46s
(画像クリックで拡大します)
Nikon D90  SIGMA 17-70 F2.8-4.5 DC MACRO  F10  13秒 EV0 WB:晴天 ISO200 芦ノ湖

D90で使うレンズはSIGMA17-70以外に35mmF2を持っているのだが、なぜかちっとも使っていない。
他のレンズの感想についても見たいと思っている人がいたら誠に申し訳ないけれど、
当分これ以外のレンズを買うつもりはないのである。今のところ十分間に合っているのだ。
それにしても、D90は よく写るカメラである。驚いている。

さて、タイトルだけ見ると秋葉原での懐かしい思い出話か何かに思えるかもしれないが、実は全然違う。
SDメモリーカードの話である。
今や激安になって2MBで500円くらいで買えてしまったりするメモリーカードであるが、
この前買った8MBのカードには やられてしまった。
撮影は普通にできるのだが、家に帰ってきてカードリーダーに挿すと、うまく動かない。
読み込みしようと思っても、中身が見えないのだ。
仕方がないのでデジカメの中に戻してUSBケーブルをつなぐと、こんどは動く。
それで今までは、この方法でデータをPCに移植してきた。

ところが今日、気づいてしまった。
JPEG+RAWで撮影したデータの、RAWが撮れていないのだ。
同じJPEGデータがナゼか2枚撮影されていて、RAWが無い。
RAWだけで撮ると普通に撮れるのに、同時記録にすると 不思議なことに記録されない。
カードリーダーでうまく認識してくれなかった時点で、もっとよく調べてみるべきだった。

やむを得ないので新しいカードを買ってこようと思う。
メモリーカードって、うまく動けば何も意識はしないんだけど、
こういうことがあると、とっても神経質になってしまう。
小さくて薄くて軽いが、それだけに繊細なところがあるんだろうか。
それにしても、あんなに小さなものに何百枚も写真が記録できるって、実に不思議だと思う。

|

« 冬の休養 | トップページ | 富士山狂い »

Nikon D90」カテゴリの記事

SIGMA 17-70 F2.8-4 DC MACRO」カテゴリの記事

夜景・夕景 Night view」カテゴリの記事

富士山 Mt.Fuji」カテゴリの記事

日記・雑記・コラム」カテゴリの記事

コメント

いつも《DAILY FOCUS》を楽しませていただいています。

芦ノ湖の静かな情景に、見ているとホッとします。きっとこの辺りで温泉に入ってゆっくりされてたのでしょうね。
素敵な作品なので参考にさせていただこうと撮影データーを見たら、シャッタースピード13秒!ISO200!
山の陰を嘗め回すように見ても、このサイズではノイズのノの字もありませんね。
私もOLYMPUSを使っています。といってもE-3よりも一世代前の機種E-410ですが。
室内で子供の顔を写すのですが、昼間の光が入り明暗差が激しくなります。
そんな場所で写真を撮ると、例え本人に光が当たっていなくても、顔の皮膚等単一色の部分にノイズが結構のります。可愛い子供の顔がザラザラで、それがショックで。
やっぱりNikonなのか、それともD90が良いのか、はたまた最新のOLYMPUS E-30なら大丈夫なのか。
デジタル機器の購入と言うのは、時期が難しいと実感しています。

私のxD Pictureカードも度々エラーが起きます。カメラが認識してくれないのです。
オリンパスの東京オリンパスプラザにもっていったら、フロントの人が「xDは安全面で弱いんですよ」なんてシラッと言っていました。直ぐ変なデーターがカード内に紛れ込むようです。
OLYMPUSの職員も製品同様実直でよいのですが、もう少し自分達の製造・販売する商品に対して、気概というものを持ってもらいたい、なんて思ってしまいました。
もちろん自分の買ったものに何の問題もなければ、そうも感じることはないのですが。

今回のエントリーがちょうど自分の感じていることと近い感じがして、いろいろ書いてしまいました。
今年も《DAILY FOCUS》に期待しています。

投稿: x24070ki | 2009.01.19 12:18

x24070kiさん
はじめまして。書き込みいただき嬉しく思います^^ ありがとうございます。
実は温泉に入ったのはここではなくて、山中湖の方でした。
実は2週連続で行ったものですから^^;

それにしても、最近のデジタル一眼はすごいですね。
周囲の連中がそういう話をするものですから、どうも悔しくなってきて、
思わずNikonに手出しをしてしまった次第です。
NikonとCanonの新しい機種が、やはり特にすごいみたいです。
ご存知かもしれませんが、Nikonは何故かISO200が基準になっているので、
これが一番低感度みたいなもんです。実際にはISO200以下の感度も選択
できるのですが、画質的にはISO200の方が良いらしいです。
そのISO200を使って30秒や1分露出したところで、ノイズは殆ど見えません。
OLYMPUSもE-3は低ノイズですが、フォーサーズの撮像素子には限界があるのか、
ISO400くらいまでが実用で、それ以上はちょっと辛いですよね。

でも、最近またしてもフィルムに凝ってます(笑)。
基本が一番だなと、改めて楽しんでます。
是非また遊びに来てください。書き込みありがとうございました^^

投稿: masa | 2009.01.20 00:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60034/43784598

この記事へのトラックバック一覧です: 秋葉のメモリー:

« 冬の休養 | トップページ | 富士山狂い »

目次とページング