« Nikon D90の操作性 (2) | トップページ | 静かな時よ帰れ »

2008.12.08

Nikon D90の操作性 (3)

Dsc_0525s
(画像クリックで拡大します)
Nikon D90  SIGMA 17-70 F2.8-4.5 DC MACRO  F8 1/200秒 EV0.0 WB:晴天 ISO200 PL

昨日は雲ひとつない好天の一日だった。
ピクチャーコントロールを“VIVID(ビビッド)”にして、PLで更に空の色を強調。
Nikonで撮る人は わりとあっさり目の色調を好む人が多いように感じるので、
もしかするとこういう色合いは「Nikonらしからぬ」雰囲気なのかもしれないなぁ。
でもオレは昔からこういう色合いが好きなのである。だから出来上がりを見てニンマリ。

ところでD90、どうも露出が明るめに設定されているようで使いにくかったので、
ついに「基準露出レベルの調整」という機能を使ってしまった。
これは、撮影者の好みに合わせて適正露出の基準を設定できる機能。
測光モードごとに、1/6段ステップで±1段の範囲で設定できる。
これは露出補正とは別個の機能で、そもそもの露出の基準を変更してしまうもの。
だから、一旦設定してしまうと、ファインダーや上部の液晶では特に表示はされない。

これを大胆にも、全てのモードで-1段下げてしまった。
でも、どうやらこれくらいの感じがオレにはちょうどいいようだ。
(だから今後の露出補正表示は、通常のD90の感度よりも+1段分高く表示されていることになります)

話は変わるけど、
露出モードといえば、昨日撮影をしていて、超基本的なミスをしてしまった。
スポット測光を使った後、気づかずに100枚以上スポット測光のまま撮影。
ああなんたること。
Nikonの露出計は随分コロコロ目が変わるんだな~なんてビックリしていたんだが、
ミスに気づかなかった自分自身が情けなくなった。トホホ。
ま、デジカメは液晶モニターがついているので、致命的なミスにはつながらなかったけど・・・。
デジカメになっていろんな設定が便利になったりしているのに、
測光モードの戻し忘れは、相変わらず自分で気をつけないといけないんだなぁ。

*Nikon D90関連の記事はこちらにまとまっています。

|

« Nikon D90の操作性 (2) | トップページ | 静かな時よ帰れ »

Cameraのはなし」カテゴリの記事

Nikon D90」カテゴリの記事

SIGMA 17-70 F2.8-4 DC MACRO」カテゴリの記事

コメント

masaさん,こんばんは。

ここのところ怒濤の勢いでレポートされる
D90の詳細に,Nikonを離れた私も結構
物欲を刺激されてます(笑)。

しかも!「基準露出レベル調整」とやらも
ついているとのことで驚きです。

確かに以前D80を使っていたときも
私も明るく感じていて,常に-0.3~-0.7で
撮ってました。
これは良いですね~。

しかし,さすがにNikon。
マウントを変えたのは失敗だったかなァ」・・・。

投稿: taku | 2008.12.08 21:03

あ~スポット測光になりっぱなしミスは僕もK10Dで横浜行ったときにやりました。しかも、スポットで撮った後じゃなくって、知らないうちになってて・・・なんか現代カメラの評価測光にしてはちっとも露出当たんねーなーと思ってたら、帰る頃に気がついた。お粗末~涙

投稿: まこ | 2008.12.08 21:55

TAKUさん
ということは、D80には基準露出レベル調整はなかったんですね?
おそらく全体的に高めの基調になっているので、
簡単な解決策として、ソフトで対応したってことでしょうね。
でも、これ結構便利ですよ。自分好みがすぐつくれるので。
(「便利」っていうのもおかしい話ですね。もともとの設定が
 少し高すぎるんだから、もう少し普通にしてくれればいいだけのことですね)
まだまだNikonの入り口に立ったばかりなので、いいとか悪いとか、
そういう評価ができるのは、もう少し先なのかもしれません。


まこ殿
やはりこのミスは誰にでも起こりうることなんですね。
特にPENTAXはレバー切替だから、気づきにくいかもしれない。
そして間違って触れてしまう可能性も高い。
ファインダーの中に、「すぽっと」って表示して欲しい。ひらがなで(笑)。

投稿: masa | 2008.12.09 22:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60034/43359252

この記事へのトラックバック一覧です: Nikon D90の操作性 (3):

« Nikon D90の操作性 (2) | トップページ | 静かな時よ帰れ »

目次とページング