« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月の6件の記事

2008.07.31

夢のサボリ時間

P7216762s
(画像クリックで拡大します)
OLYMPUS E-3  ZD ED 40-150 F4-5.6  F5.6 1/250 EV0.7 WB:AUTO ISO125

電車の中で面白い本を読んでいると、
このままずーっと本を読んで電車に乗っていたい、
そしてできることなら終点まで行っちまって、そのあとそのまま折り返しで乗ってきて、
眠くなったら寝て、起きたらまた本を読んで、
腹が減ったら適当に降りてメシ食って、それでまた電車で読書したい、
とか思ってしまう(長い妄想だな)。

楽しい本を読んでいるとなおさらだ。
そういう時、電車の時間もあっという間に過ぎる。
いつもなら乗ってるだけで苦痛なのに、そういう時はすぐ会社の駅に着いてしまう。もうかよ、って。
どういうわけか時々勉強してやろうなんて急に思いついてコムズカシイ本なんて読んでみるけど、
体は正直である。そういう時は、立ったまますぐに寝てしまう。
これはきっと、体が拒否反応を示しているんだろうな。こういうのは不健康だ。

久々に本棚から真田太平記を引っ張り出して読んでみたら、止まらなくなってしまった。
できるなら、仕事なんかしないでず~っと読んでいたい。
冷房の効いた喫茶店でタバコふかしながら、ずっと読み続けてサボっていたい。
と思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.07.27

花の野反湖

P7216691s
(画像クリックで拡大します)
OLYMPUS E-3  ZD ED 12-60 F2.8-4  F10 1/60 EV0 WB:AUTO ISO125 PL

7月の3連休を利用して念願の野反湖へ行ってきた。
天気予報は曇りとか雨とか、なんだかとてつもなく微妙だったけれど、
行ってみたらキレイに晴れてくれたので、とてもラッキー。

野反湖は、長野県と群馬県の県境近くにある。
標高は1,500m。キャンプ場は涼しくて快適だった。
ちょうどノゾリキスゲという この黄色い花が満開の時期だった。
この花が見たかったのだ。
(ニッコウキスゲと同じ花だが、ここではノゾリキスゲと言う)

ここはインターから かなり離れているので不便なのだけれど、
こんなにスバラシイところが関東にもあったのかと驚いてしまった。
まだまだ知らないところがたくさんあるのだな~。

さて今年の夏は、野反湖に行ったり、富士山に行ったりと なにかと慌しく、
ちょっと更新をサボってしまいました^^; これからがんばって写真を掲載していきたいと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.09

これが真価なのか?

Imgp5747s
(画像クリックで拡大します)
PENTAX K10D  smcPENTAX DA14mmF2.8ED  F5.6 1/40秒 EV-0.3 WB:AUTO ISO100

なんだかあちこちで大雨が降ってますが、
気温が上昇してくると、大気中の水分濃度が増えてきて、
それで雨が降ると、ものすごくたくさん降ってしまうんだそうです。
だからこれからは雨がもっと増えるんでしょう。きっと。困ったもんです。
北海道の方ではサミットやってますが、きっと何にも決まらないんでしょうね。

話は変わりますが、PENTAXのデジカメで撮った写真には、
その描写力にうわっと驚いてしまうものが時々あります。おおおっ!って。
これはナンなんでしょうね。PENTAXの色作りなんでしょうか。
それとももしかすると、短焦点レンズの描写力なんでしょうか。
istD時代から今のK10Dまで、私が持ってるPENTAXのレンズは短焦点しかありません。
友人BUHIさんにDA16-45を借りてた時はありますが、あれはあくまで借り物。
それ以外はみんな短焦点(って言ったって数本しかレンズ持ってませんが)。

レンズ一本でどんどん写真を撮ったら、もっと良い写真が撮れるのかもしれません。
でもいつでも余計にレンズを持って行ってしまうので、そうはいきませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.02

記録は破られる

Imgp3288s
(画像クリックで拡大します)
PENTAX *istD  smcPENTAX FA35mmF2AL  F13 1/90秒 ISO200 WB:AUTO 2004年 北海道 美瑛にて

もう7月。
夏になると、どうしても北海道の虫がウズイテシマウ。
人が少なくて、空間が広くて、緑がたくさんあって・・・
とにかくジュワーっと効くのだ。風呂上りのサロンパスなんかより全然効くのだ。
ああ北海道、行きたいな~。

話は変わるが、デジタル一眼レフが売れているらしい。
オレみたいな物好きが買うのはわかるが、それ以外に誰が買っているんだろうか?
いまさらながら不思議になってしまう。カメラって、そんなに必要なものか?(オレが言うのもナンだけど)

でもオレが一番びっくりしたのはそのことじゃない。
1980年、なんとフィルム一眼レフは128万台も売れていたのだ!
そしてデジタル一眼レフは、まだその記録を抜いたわけじゃない。
今年抜きそうだ、というだけの話だ。
今から30年近くも昔に、フィルムの一眼レフが、そんなに売れていたなんて、ビックリだ。
それに比べれば、デジカメなんてまだまだ売れていないのかもしれないな。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

予想外の反応

Dscf0175s
(画像クリックで拡大します)
FUJIFILM FinePix F30 プログラムAE F2.8 1/10秒 EV-0.3 WBオート ISO400 F-クロームモード

イタリアで世界遺産に落書きした日本人が処罰されたというニュースが先日ありましたが、
なんと当のイタリア国内では、
「わが国ではあり得ない厳罰」 などと報道されているようです。

どうやらイタリアって、落書きだらけらしいですね。古代遺跡にも落書きがたくさんあるとか。
もっと怒るのかと思いましたが、なんだか意外でした。これがイタリア人の発想なんでしょうか。

もう7月ですね。夏の予定を立てないと。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008.07.01

山に咲く

P6285694s
(画像クリックで拡大します)
OLYMPUS E-3  ZD ED 12-60 F2.8-4  F5 1/100 EV-0.3 WB:晴天 ISO100

梅雨の合間の晴天を狙ってプチ登山に行ってみた。
山梨の芦川町というところにある、釈迦ケ岳という山。
晴れていれば、山頂からキレイな富士山が見えるらしい。
結局晴れ間はほとんどなくて、どんより曇り空だったけど、
まあ梅雨時だし、もともと天候には期待してなかった。
それよりも良い運動になった。そして緑もキレイだった。

久しぶりに山に行くと、妙にワクワクしてしまう。
往復3時間程度の行程だったが、結構な運動量で、なまった体に良い刺激。
最後は雨まで降ってきたけど、小雨だったのでカッパは使わずに済んだ。

帰り道、河口湖近辺で温泉に入ってリラックス。
フロに入ると疲れが飛ぶので、帰り道も眠くならずに一気に戻ってこれた。
あっという間にもう7月。今年は自然のある場所にどんどん行ってみたい。

しかし最近妙に道が空いてるように見えるのは気のせい?やっぱガソリンが高いから?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

目次とページング