« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月の8件の記事

2008.04.27

春の宵を走る BMW R1100GS

R0011571s
(画像クリックで拡大します)
RICOH GR DIGITALⅡ  F2.4 1/6秒 EV-0.7 WB:AUTO ISO400

我が愛車、BMW R1100GS。
99年に中古で購入して以来、これに乗り始めてからもう10年も経ってしまった。
なんとまぁ、10年経つってこんなに早いものなのか。
(その10年間で最大の旅となった北海道ツーリングレポート、もしよかったらこちらからどうぞ  *未完成ご容赦^^;)

その間、故障は一度も無かった。
何度もゴロゴロひっくり返ったけど、全く壊れなかった。
倒れるたびに傷が増えたけど、それが全然気にならなかった(そういうバイクなんだと思う)。
そしていまだに買い換える気が皆目起こらない。

そういえば、GSを買う決め手になった、奥多摩湖で出会ったビーエム乗りのお兄さんの言葉。
「ビーエムいいですよ~。飽きないし」
まさしくこれだと思う。激しさとか荒々しさとは確かに無縁なんだけど、しかしちっとも飽きないのだ。

ここ数年、冬場は全く乗らないので、春になるといつもバッテリーがあがってしまう。
それで毎年恒例の春の儀式、「バッテリーチャージ」&「オイル交換」を終えてきた。
暮れゆく空の下、涼しい風の中を走る家までの道のりが大好きだ。
さて、春の宵とは だいぶ違いますが、GSの話になったので懐かしいツーリングの写真でも貼り付けておきましょう。

Imgp3015s
(画像クリックで拡大します)
PENTAX *istD  smcPENTAX FA35mmF2AL  F13 1/60秒 ISO200 WB:AUTO PL 2004年 北海道にて

| | コメント (8) | トラックバック (0)

雨の撮影 OLYMPUS E-3

P4112635s
(画像クリックで拡大します)
OLYMPUS E-3 ZD ED 12-60 F2.8-4 SWD  F3.7 1/80秒 EV-0.3 ISO160 WB:AUTO Little compton Cotswolds England

*イギリス コッツウォルズ地方をレンタカーで回った旅の写真を、本家HPにアップしました。
  よろしければご覧ください。Cotswolds ENGLAND 2008

今回のイギリスへの旅では、現地のことを全く調べずに行ってしまった。
「コッツウォルズっていう場所が、ロンドンから車で行けて、景色がイイらしい」
ということを本屋で立ち読みした後は、100%何もしなかった。
行くときの飛行機でガイドブックでも読もうかと思ったけど、お酒飲んじゃったので断念。
というわけで、現地で行き当たりばったりで決めた。

しかし何も調べなかったわりには、
「イギリスってコロコロ天気が変わるから、頻繁に雨に降られるんじゃないかな?」
ということを想像していた。根拠の無い単なるイメージだったけれど、意外とこれが当たっていた。
良い天気だなと思っていると、5分後にはドバッと雨が降ってくる、てなことが多いのである。
4月なので、霰(アラレ)にも何度か遭遇した。かなり寒いのである。東京の3月上旬みたい。

で、
その想像に従って、カメラはE-3にしてみたのだ。
今日の2枚の写真は、どちらも雨がパラパラ降る中で撮ったものだけど、
防滴構造のカメラがあると、つくづくありがたいのだ。そして安心なのである。
今までなら、雨が降ると一眼での撮影は全てあきらめていたところなのに、
これだと濡れても全然気にならないんだからね。
日本とかイギリスとかそういう雨の多い土地では、防滴構造って実に使える機能だと思う。

しっとりと濡れた緑の色って、なんともホッとさせられる色だな~。

P4112706s
(画像クリックで拡大します)
OLYMPUS E-3 ZD ED 12-60 F2.8-4 SWD  F4 1/125秒 EV0.7 ISO400 WB:AUTO  Cotswolds England

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008.04.22

緑の大地

R0011187s
(画像クリックで拡大します)
RICOH GR DIGITALⅡ  F4.8 1/320秒 EV-1.0 WB:AUTO ISO100 Cotswolds England

*イギリス コッツウォルズ地方をレンタカーで回った旅の写真を、本家HPにアップしました。
  よろしければご覧ください。Cotswolds ENGLAND 2008

イギリスは、曇り空にも表情があるから不思議である。
べったりと平面的な日本の曇り空とはだいぶ違っている。
緑の色が濃い。目にも鮮やか。
Oxford Cityを通り過ぎて、更に北西方面を目指す。
道路の周囲はどこもかしこも緑で覆われている。快適なドライブ。


R0011185s
RICOH GR DIGITALⅡ  F6.1 1/640秒 EV-0.7 WB:AUTO ISO100

イギリスの木の形は特徴的である。
まるで童話の挿絵のようだ。シルエットにするとちょっと怖いくらい。
しかし実に様になっていると思う。(つづく)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

コッツウォルズの空

R0011181s
(画像クリックで拡大します)
RICOH GR DIGITALⅡ  F6.1 1/400秒 EV-0.7 WB:AUTO ISO100 Cotswolds England

成田から飛行機で12時間。4月9日の夕方にイギリスのヒースロー空港到着。
イギリスまでJAL直接で行けるっていうのが猛烈に嬉しい。なんつっても出張なんで。
しかもエコノミーが満席で、自動的に「プレミアムエコノミー」ってのに格上げしてくれた。
更にバルクヘッド(通路最前列)だったので、信じられんほど快適だった。
飛行機って座る場所一つでこんなに違うもんか。

空港真横のホテルで一泊した後、翌日適当にレンタカーを借りる。
カウンターのおっさんに、BMWのX5がありまっせダンナ、とか言われたが、
ディーゼルだったのであっさり却下。もしガソリンだったら奮発して乗ってもよかったが。
そこから高速道路に乗って、コッツウォルズ地方っていうところへ向かった。
一人で走ってると地図が見れないのでめちゃくちゃ方向間違えて、1時間はロスした。

イギリス人の運転は比較的穏やか。ローマ市内とかの狂乱交通状況とはその差歴然。
しかも日本と同じ左側通行。これはとっても安心。
そして交通標識が全部英語表記でとっても親切(あたりまえだけど)。

いかにもイギリスの空、って感じの曇り空。
天気がめまぐるしく変化する。実に不思議な気候。(つづく)

*イギリス コッツウォルズ地方をレンタカーで回った旅の写真を、本家HPにアップしました。
  よろしければご覧ください。Cotswolds ENGLAND 2008

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.04.20

春の帰還

P4123236s
(画像クリックで拡大します)
OLYMPUS E-3 ZD ED 12-60 F2.8-4 SWD  F8 1/250秒 EV-0.3 ISO100 WB:AUTO LowerSlauthter England

*イギリス コッツウォルズ地方をレンタカーで回った旅の写真を、本家HPにアップしました。
  よろしければご覧ください。Cotswolds ENGLAND 2008

春の出張から帰ってきました。
それにしても、くたびれましたねホント。
この土日なんて、家で寝たままどこにも行きませんでした。
でも、これでようやく重たいものから開放された気がします。
ようやっと、日本の春を楽しめる気分になりました。
さぁ、桜の残っているどこか山の方へ、のんびり行ってやろうではないかぁ。と思います。

イギリス出張は、予想通り大変でした。
後半に仕事があると思うと、やはり100%リラックスはできなくて、
それでもどうにか、写真撮ったりして遊んできました。
イギリスは、天気のはっきりしないトスカーナ、みたいな雰囲気でしたね。
でもキレイな場所はたくさんありました。
おいしくない食べ物もたくさんありました(笑)。

しばらくは、のろのろとイギリス旅行記でも書いていこうかと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008.04.08

春の懸案

P2102321s
(画像クリックで拡大します)
OLYMPUS E-3 ZD ED 12-60 F2.8-4 SWD  F13 3.2秒 EV-0.7 ISO100 WB:AUTO 山中湖

明日から出張で17日まで消えます。
ロンドンです。初イギリスです。でも仕事なんでちっともウキウキ感がありません。
一応3日間の休みを取ったので前半は観光できますが、
何の予定も決めてません。宿すら取っていないけど大丈夫なのか?(って、いつものことだけどさ)

またしてもレンタカーで少しまわってやろうかと思ってます。
以下のようなラインナップを持参する予定ですが、でも、
いつもの旅行と違って そんなにたくさん写真は撮らないかもしれませんね。
だってその後に仕事があると思うとブルー(笑)。

どうもこの出張が終わるまでは、どうもパーっと遊ぶ気になれません。
帰ってきたら、ようやく私の休日が訪れることでしょう。
その時にこそ、山の上の桜を撮りに、山梨や長野の山々へ行きたいものです。
それを心待ちにしているのです。それを励みにしてどうにかやっつけてこよう。
というわけで行ってきます^^

Dscf0197s
(撮影:FinePix F30)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008.04.06

うららか

R0011097s
(画像クリックで拡大します)
RICOH GR DIGITALⅡ  F6.7 1/800秒 EV-1.0 WB:AUTO ISO100 

水曜から出張なので、準備のための買い物で朝から新宿へ。
西口の駐車場に車を停めて、高島屋方面までのんびり歩く。
日曜の西口近辺は人通りもまばらで、とても静か。
なんて爽やかな季節だろう。歩いているだけでウキウキする。

昔話だけど、初めて入った会社は西口の高層ビルの中にあった。
時々土曜日に半日だけ出勤することがあって、そういう時は、
昼過ぎに開放された後、仲間と一緒に西口をフラついたり、
早めにお酒を飲んだりして、妙に楽しかった記憶がある。
休日の街って、普段と全然違う表情を見せてくれたりするので、
なんとなく得した気分がするもんだ。

しかしこんなに爽やかな季節なのに、出張の準備で遊びにもいけない。
その分、帰ってきたら山に行って山の桜を撮ってやろうと目論んでいる。ここはガマンなのだ。

R0011114s
RICOH GR DIGITALⅡ F4.8 1/400秒 WB:AUTO ISO100

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.04.04

GR DIGITALⅡの青空

R0011079s
RICOH GR DIGITALⅡ F6.7 1/800秒 EV-0.7 WB:AUTO ISO100 中央区

スカッと晴れた青空。
前日の雨と強風のおかげで、4月の東京にしては珍しくキレイな空だ。

カナダに居る我が友人、通称“少年”から、「GRD2の青空はどうなの?」と聞かれていた。
でもこれまで青空に恵まれていなかったので、GRD2の青空が、自分でも まだわかっていなかった。
その質問に答えられるような青空が、ようやく撮れた。
悪くないと思う。

しばらく使ってみて思ったけれど、GRD2は先代GRDのような極端なマゼンダかぶりは ないような気がする。
まあこれは、もうちょっと使ってみないとわからないけど。
それにまだ、GRD2で自然の風景を撮っていない。そういうところで試してみないとね。

先週の土曜日は、間違って(?)新宿御苑に行ってしまったが、
あそこは桜の写真を撮る場所じゃなくて、お酒を飲む場所なんだと再認識させられた。
ゴザ持っていけばよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

目次とページング