« 不意の来訪 | トップページ | 午後の日差し »

2008.01.30

OLYMPUS ZD ED12-60のゴースト

P1262090s
(画像クリックで拡大します)
OLYMPUS E-3 ZD ED 12-60 F2.8-4 SWD  F4.0 30秒 (Manual) ISO100 WB:AUTO 22時30分 朝霧高原

雪が残る朝霧高原で、夜の富士を撮りました。
画面中央下の部分に、なんとも気になる赤いゴーストが出ています。

ZD ED12-60は「逆光に非常に強い」という話をよく見かけます。
「ゴーストが出る」という話は、他の方のBlogでは まだ一件しか見たことがありません。
でも私の場合は、画面内に強い光源がある場合、かなりの頻度で発生するんです。

これまでPENTAXのK10Dを使ってきて、ゴーストが気になったことなんてありませんでした。
なぜならば、発生していても、あまり気になるような色や形じゃなかったからだと思います。
(PENTAXのDA14が逆光にやたらと強かったからかもしれませんが)
でも、こういう赤いゴーストは、やはりどうも気になってしまいます。
それ以外にも、白い多角形のゴーストがランダムに多数発生することも稀にあります。
(ちなみにDA14でも太陽を真正面にして撮ったら同様のゴーストが出たことがありますが)

これはどうなんでしょうね?私の固体特有の症状なのか、それともそんなことないのか。
私にはわかりません。わかりませんが、やはり気になります。逆光撮影、大好きですから。
OLYMPUSさんに聞いてみようと思います。

|

« 不意の来訪 | トップページ | 午後の日差し »

Cameraのはなし」カテゴリの記事

OLYMPUS E-3」カテゴリの記事

夜景・夕景 Night view」カテゴリの記事

富士山 Mt.Fuji」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60034/17894258

この記事へのトラックバック一覧です: OLYMPUS ZD ED12-60のゴースト:

« 不意の来訪 | トップページ | 午後の日差し »

目次とページング