« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月の9件の記事

2008.01.30

OLYMPUS ZD ED12-60のゴースト

P1262090s
(画像クリックで拡大します)
OLYMPUS E-3 ZD ED 12-60 F2.8-4 SWD  F4.0 30秒 (Manual) ISO100 WB:AUTO 22時30分 朝霧高原

雪が残る朝霧高原で、夜の富士を撮りました。
画面中央下の部分に、なんとも気になる赤いゴーストが出ています。

ZD ED12-60は「逆光に非常に強い」という話をよく見かけます。
「ゴーストが出る」という話は、他の方のBlogでは まだ一件しか見たことがありません。
でも私の場合は、画面内に強い光源がある場合、かなりの頻度で発生するんです。

これまでPENTAXのK10Dを使ってきて、ゴーストが気になったことなんてありませんでした。
なぜならば、発生していても、あまり気になるような色や形じゃなかったからだと思います。
(PENTAXのDA14が逆光にやたらと強かったからかもしれませんが)
でも、こういう赤いゴーストは、やはりどうも気になってしまいます。
それ以外にも、白い多角形のゴーストがランダムに多数発生することも稀にあります。
(ちなみにDA14でも太陽を真正面にして撮ったら同様のゴーストが出たことがありますが)

これはどうなんでしょうね?私の固体特有の症状なのか、それともそんなことないのか。
私にはわかりません。わかりませんが、やはり気になります。逆光撮影、大好きですから。
OLYMPUSさんに聞いてみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不意の来訪

P1262080s
(画像クリックで拡大します)
OLYMPUS E-3 ZD ED 12-60 F2.8-4 SWD  F4.0 60秒 (Manual) ISO100 WB:AUTO 22時頃 朝霧高原

また富士山に行ってしまいました。

山の向こう側が なんだか妙に明るいな、とは思っていたのですが.....

P1262082s
(画像クリックで拡大します)
OLYMPUS E-3 ZD ED 12-60 F2.8-4 SWD  F4.0 4秒 (絞り優先AE) ISO400 WB:AUTO

まさか真後ろから来るとは思いませんでした。
月が出るのはわかっていたんですが、どこにも見えないから「変だな」と思っていたところでした。
ちゃんと天文年鑑読まないとダメですね(笑)。
いきなりだったんで、どう撮っていいのかわからず慌ててしまいました。

富士山は「さあ撮ろう」と思うと、すぐに隠れてしまったりするから不思議です。
ものの1分くらいで、瞬間的に雲につつまれてしまうこともあります。
全天が晴れていても、富士山だけは なかなか雲が取れなかったりします。

難しいからこそ、なおさら追いかけたくなるのかもしれませんね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.01.25

覗き込む楽しさ

Sky_1s_2
(画像クリックで拡大します)
CONTAX RTSⅡ CarlZeiss Planar T*50mmF1.4  RVP100

カメラ屋の店頭でD300をさわった後でF6を手にすると、
そのファインダーの違いに衝撃を受けてしまいます。
広くて明るい銀塩のファインダー。
D300もかなり大きなファインダーですが、F6と比べると、やはりそこには歴然とした差があります。
フィルムカメラっていいなぁ、と思う瞬間です。
キヤノンのEOS 1Vも、今や店の隅っこに追いやられて一人寂しくディスプレイされており、
なんだか切ない気分です。

かたや、中版や大版カメラの未来はどうなるんでしょうね。
PENTAXが645デジタルを出すと言いながらなかなか出てこないので、
まあ出てこないならそれはそれでいいではないか、
出てこないなら銀塩中版が生き残れるではなか、
なんて思ってしまうこの頃なのです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.01.23

笑って生きろ

Sky_2s
(画像クリックで拡大します)
CONTAX RTSⅡ CarlZeiss Planar T*50mmF1.4  RVP100

筑紫哲也のNEWS 23を見ていたら、
がん闘病中の筑紫さんが久しぶりに出演して、がんの特集をやっていました。

「ナチュラルキラー細胞」っていうのがあるんだそうです。
聞いたこともない言葉でしたが、これは白血球の一種なんだそうで、
細胞やウィルス、そしてガン細胞を殺す働きがあるらしいです。
そしてなんと、この細胞は 笑うことによって活性化するんだそうです!

病は気から、というのはウソじゃなかったんですね。
バカな話をして大笑いしたりすることが、実は重要なんです。
これはスバラシイ!これならオレにもつづけられそうだ(笑)。

そして生きがいや楽しみを持つことも大切らしいです(これも楽勝でクリアだな)。
ストレスだらけの世の中を生きぬくには、毎日笑っていることが大切だったのか!ハッハッハ!
ちなみに、愛想笑いとか、お世辞笑いとか、そういうのでもいいんだそうです(ふ~ん)。
なんかこれを見ていたら、妙に希望的な気分になってしまいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.01.21

寒さはつづく

Dscf2116s_4
FUJIFILM FinePix F30 F2.8 1/20秒 EV0 WB:AUTO ISO1600 F-クロームモード

毎日寒いですね。
さすがは大寒という感じ。
温暖化で もうやる気がないのかと思っていたのに、予想外のがんばりをみせている地球です。

どしゃぶりの雨の音を聞きながら、
3日間くらい家から一歩も出ずに眠り続けてみたいですね。
そして飽きたころに、おもむろに遊びに行くのが私の憧れ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.17

Hologonとの距離

11_scramble_1s
(画像クリックで拡大します)
CONTAX G2  CarlZeiss Hologon T*16mm F8  FUJI RVPF  渋谷 Shibuya

最近、めっきりHologonを使っていません。
でも、私にとってHologonは超お宝レンズであり、自分の持ち物の中でも最高峰に属する機材なので、
おそらく永遠に手放すようなことはないと思います。
たぶんまたしばらくしたら、
Hologonで撮りたい気持ちがムクムクと湧き上がってくることでしょう。
それでいいんだと思っています。
無理して使おうとしてもダメ。
その機械を使って良い写真が撮れるイメージを持てること、それが大事なんだと思います。
(上の写真は本家ホームページで以前載せたものです。よろしければこちらもどうぞ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.01.14

温泉で帳消し

P1051970s
(画像クリックで拡大画像にリンクします)
OLYMPUS E-3  ZD ED 12-60 F2.8-4 SWD  F9.0 1/1000秒 EV-0.3 ISO100 WB:AUTO

今年に入って富士山の写真ばかりで失礼しております。
またしても富士山に行ってしまいました(今年2回目)。だからお許しください。
しかしながら、今回は成果が殆ど出ませんでした。
雲が多くて写真にならなかったのです(というわけでこれは正月の時の写真)。
富士山の姿そのものは道中で何度も見えたんですが、雲がかかることが多くて、
自分が撮りたかった目的地に到着すると全然見えない、というパターンの繰り返しでした。
夜もずっと曇り。朝も曇り。
しかたがないんで朝に温泉入って帰ってきました。まあこういう日もあります。

話変わりますけど、
「液晶保護光沢フィルム」っていうのを、パソコンの液晶モニターに貼ってみました。
これはいいですね~。
友人のM隊長が持っていたノートPCの液晶画面がとってもキレイだったので、
「そういうモニターは高いんだろうねぇ」と聞いてみたら、
パソコンショップで売っている「光沢フィルム」っていうの貼れば、今使ってるモニターが光沢タイプになる!
というもんですから、すぐさま買ってきてしまったのです。
画面に貼り付けする時に、隙間に入った空気を抜く作業が少しだけ面倒ですが、
しかしわずか数千円でツルツルした光沢タイプの画面になるんですから、そこはガマンです。

これを貼ってから写真の画像を見ると、
これまでよりも格段にキレイに見えるようになりました。
でもおそらく、こういうのは好みが分かれると思うので、光沢タイプはキライ!
という人も中にはいるんだろうと思います。私はとっても気に入りましたけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.08

夜の富士

P1041884s
(画像クリックでフルサイズの画像へリンク)
OLYMPUS E-3  ZD ED 12-60 F2.8-4 SWD  F2.8 30秒 EV0 ISO800 WB:AUTO

正月休みの終わりに、富士山を見に行ってきました。
寒かったけど、景色が良くて実に爽快でした。
湖を周遊して、写真を撮って遊んでました。
温泉入ったり、寒いのに車で寝てみたり。
こういう気楽な遊びも、なかなか楽しいもんです。

まるで朝焼けみたいにも見えますが、これ真夜中の写真なんです。
街の灯りが相当写りこんでます。でも実際に目で見ると、とても暗い灯りなんですよ。
長時間露光だと、こんなに明るく見えるんですよね。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008.01.03

謹賀新年的退屈

Dscf1609s
(画像クリックでフルサイズの画像へリンク)
FUJIFILM FinePix F30 F6.5 1/600秒 EV-0.3 WB:AUTO ISO100 F-クロームモード (トリミング)
 *5月の富士山です。今年は富士山を攻めまくってやろうかと考えております(フフフ)

年末の「正月は何もしないぞ」という志を貫いて、
本当に何もしない正月を迎えました。
こたつに入り、飲んで食ってテレビ見て寝て、
起きてまた飲んで食ってキャベジン飲んで寝て、
そしてあっという間に三が日も終わろうとしています。
みなさんはどんなお正月でしたか?

あまりにも良い天気がつづきますが、全然外に出ず、
パソコンいじくったりしています。ようやくパソコンを買い換えました。
旧機種の今にも止まりそうなHDDの恐怖ともおさらばです。
画像の表示が爆発的に早いです。画像を縦に回転しても、ストレスがありません。
楽しいので、昔のデジカメの画像なんかを整理していると、あっというまに時が過ぎます。

しかし家で過ごすにはあまりに惜しい好天ですので、
ちょっとどこかへ行ってみることにしました。ようやく撮影初めです。
それではみなさま、ことしもどうぞよろしく。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

目次とページング