« 温泉で帳消し | トップページ | 寒さはつづく »

2008.01.17

Hologonとの距離

11_scramble_1s
(画像クリックで拡大します)
CONTAX G2  CarlZeiss Hologon T*16mm F8  FUJI RVPF  渋谷 Shibuya

最近、めっきりHologonを使っていません。
でも、私にとってHologonは超お宝レンズであり、自分の持ち物の中でも最高峰に属する機材なので、
おそらく永遠に手放すようなことはないと思います。
たぶんまたしばらくしたら、
Hologonで撮りたい気持ちがムクムクと湧き上がってくることでしょう。
それでいいんだと思っています。
無理して使おうとしてもダメ。
その機械を使って良い写真が撮れるイメージを持てること、それが大事なんだと思います。
(上の写真は本家ホームページで以前載せたものです。よろしければこちらもどうぞ

|

« 温泉で帳消し | トップページ | 寒さはつづく »

Cameraのはなし」カテゴリの記事

Carl Zeiss Hologon」カテゴリの記事

コメント

Hologon T*16mm F8、憧れの伝説の出目金レンズですね。
発売当初、欲しくてたまらなかったのですが、予算が無く
買えなかった悲しい思い出のあるレンズです。
付属ケース品群がまた格好良いんですよね。
本当に羨ましいです:)
現在中古で20万円弱、まだまだ需要はあるようですんね。
玉数が少ないのも高額になっている要因だと店員さんは
おっしゃっていました。
大事に使ってあげてくださいね。
そしてたまにはフィルムも使ってあげてくださいませ:)
Hologonの写真、独特の空間ですね。素晴らしいですー。

投稿: habitat | 2008.01.20 03:05

HABITATさん
実は私、とても安くHologonを手に入れました。
たしか8万円台だったと思います。
良い時期に買っておいて、ラッキーだったと思います。

海外旅行には、Hologonは絶対必需品です。
ちなみに私、今でもフィルム大好きなので、
半分くらいはフィルムで撮ってます^^

投稿: masa | 2008.01.21 23:42

8万円台、そんなに安く手に入れられてのですかー。
本当にいい買い物をされましたね!
別サイトで拝見させていただいたmasaさんの写真で
フィルム好きなのは存じております^^
私のカメラもやっとこさ帰ってきました。
銀鉛ファインダーの持つ空間、心地良いですよね。

投稿: habitat | 2008.01.25 10:56

HABITATさん
ここのところ、銀塩のシステムは軒並み高値安定ですね。
Hologonとか、TX-1とか、今だったら高くて絶対買えません。
ただし、高いものと安いものが混在していて、
ものすごくお買い得なシステムもありますよね。
かつては絶対買えなかったような高価なカメラを
今になって入手できるというのは、ある意味良い時代なの
かもしれませんよね^^;

投稿: masa | 2008.01.30 01:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60034/17721111

この記事へのトラックバック一覧です: Hologonとの距離:

« 温泉で帳消し | トップページ | 寒さはつづく »

目次とページング