« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月の6件の記事

2007.11.29

ささいなことですが

Pb250052_m
(画像クリックでフルサイズの画像へリンク)
OLYMPUS E-3  ZD ED 12-60 F2.8-4 SWD  F11 1/160秒 EV0.3 ISO400 WB:AUTO 高尾山

今までずーっとPENTAXのデジタル一眼ばかり使ってきたので、
急にOLYMPUSの機器を使ったら 「え?」 と思うことがいくつかあった。

オートブラケットの撮影順序を変更しようとしたら、なんとこれが変更できなかった。
アンダー → 適正 → オーバー ってのが好きなんだけど、
適正アンダーオーバーの順序しか許してくれない。
これが変更できるのって、もはや当たり前だと思っていたのでびっくりした。
どこに変更画面があるのかと思って10分くらい探しまくってしまったが、
遂にわからなくてサポートセンターに聞いたら「できません」と言われた。

合焦時の「ピピッ」の音が妙にデカイ気がして、
K10Dと比べてみたら、やっぱりデカかった。
K10Dは、かなり小さくて、E-3は思いのほかデカイ。
これだと室内では結構目立つ。
そしてこれもまた、調節する機能は無い。onかoffのみ。

それ以外にもいくつかあったけど、こまかすぎて思い出せない。
メーカーによる操作性の違いって、やっぱりあるんだなと改めて思った。
でも、ブラケットの順序くらい、変更できるようにしてよね。

さて、早く休みになって撮影しに行きたいもんですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.28

OLYMPUS E-3 つかいはじめ

Pb250131_m_2
(画像クリックでフルサイズの画像へリンク)
OLYMPUS E-3  ZD ED 12-60 F2.8-4 SWD  F3.5 1/100秒 EV0.3 ISO100 WB:AUTO 高尾山

新しくオレの手元にやってきた、OLYMPUS E-3。
このカメラ、一体これから何年くらいオレと遊んでくれるのだろうか、なんて思います。
長い付き合いになることを祈りつつ、その歴史の第一歩、初撮影です。

一緒に買った12-60っていうこのレンズ、これはかなり良さそうですね。
まだ少ししか試していないので「良さそう」なんて言ってますが、
既に「かなりいいな」と実感しています。
とにかく寄れます。
なんとなく食べる前の自分の弁当なんて写してみたりしましたが、
これがもう、実にくっきりと大きく写るんです。
マクロっぽくも使えるし、広角側も35mm版で24mm換算と、かなり広く写せます。
そして望遠側が換算120mmまで使えるってのも、とても便利がいいです。

このレンズをつけると、AFは驚異的に速いです。
描写については、もうちょっと試してみたいと思ってます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.11.27

はじめまして OLYMPUS E-3 

Dscf2171_m_2
撮影:FUJIFILM FinePix F30 F2.8 1/320秒 EV-0.3 WBオート ISO100 F-クロームモード

OLYMPUS E-3の放つ強い引力に、遂に抗うことはできませんでした。
今日から新たな相棒クンの登場です。E-3です。

防塵防滴のタフネスさと、無敵のダストリダクションは、
フィールドできっと強い味方になってくれることでしょう。
その他にも、新機能が満載ですが、
まだ1日しか使っていないので、その実力の検証は、まだまだこれから。
ゆっくり付き合っていきたいと思います。

とりあえず最初の感想ですが、
想像していたよりも重たくありませんでした。
決して軽くはないのですが、でもギリギリ許容範囲です。

ファインダー内でISO感度が確認できるのが、ものすごく便利です。
ISOオートの時でも、現在適用されているISO値が見えるのがいいですね。
露出補正をダイヤル一つで変更可能にカスタマイズできるのもGoodです。

それにしても、新しいツールが手元に来るのって、ワクワクしますよね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007.11.06

OLYMPUS E-3の引力(PART3)

Imgp4572_m_2
(画像クリックでフルサイズの画像へリンク)
PENTAX *istD  smcPENTAX DA14mmF2.8ED  F2.8 1/6秒 ISO400 WB:AUTO 江ノ島

(※E-3購入後の記事はこちらにまとまっています

ものすごく久しぶりに、*istDの画像です。
この写真は、この前の日曜日に行った江ノ島の画像とは別の、3年前に撮ったものです。
久しぶりに画像を見つけたのでUPしてみました(いまや*istDも防湿庫に眠りっぱなりになってますが...)

それにしても、OLYMPUSのE-1を現役で使い続けてる人ってすごいですよね。
私なんて、今や*istDには見向きもしなくなっちゃってますからね。
4年が経過してもそれだけ魅力のあるカメラって、すごいなと思います。
(しかしそういう人に限って、キヤノンの高いヤツをサブ機で使っていたりするもんですが)

さて、またしてもOLYMPUS E-3の話です。
この新しいカメラで最も興味深い機能といえば、
実はバリアングルの液晶ではないかと私は思います。

「一眼レフでライブビューなんて絶対に邪道だ。やめて欲しい」
と、ついこの前までマジメに思っていました。
でも、これ、あったらすごく便利なんじゃないかと気がついてしまいました。
もともとスイバルのデジカメがダイスキでしたし、
ウェストレベルで撮ったり、マクロで使ったり、食べ物の写真撮ったり、
ハイアングルやローアングルで撮ったりと、それはもう使い方は無限にあると思います。
Aモードっていうのがついてないので少し残念ですが、でもまあいいでしょう。

本当は他にもすごい機能がたくさんあるんですが(11点ツインクロスのAFとか)、
どうもやはり、今までに無い機能には ことのほか目が行ってしまいますよね。

そしてそのオリンパス、9月中間の純利益が70%増と、なにやら絶好調の様子。
なんだか勢いがありますね~(PENTAXはどうなんだろうか?)
私の場合、「今度こそ、ニ大メーカーの機器を使ってみようかな~」といつも思うのですが、
最終的にどうしても「第三のメーカー」を選んじゃうんですよね。どうしてなんでしょう?
そういう中堅メーカーの機器の方が、妙に愛着を感じられるってのも事実なんです。
巨大メーカーのミドルクラスの機器を使えば無難で間違いは無いんでしょうけど、
どんどん後継機が出てきて、どんどん買い換えさせられる商法、
みたいなものが垣間見えてしまって、なんとなくそっちに行きたくない、
っていう気持ちが自動的に働くのかもしれません。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

OLYMPUS E-3の引力(PART2)

Imgp5674_m
(画像クリックでフルサイズの画像へリンク)
PENTAX K10D  smcPENTAX DA14mmF2.8ED  F11 1/160秒 ISO400 WB:AUTO PL 栃木

(※E-3購入後の記事はこちらにまとまっています

またしても昨日のつづきでOLYMPUSネタです。

OLYMPUSデジタル一眼のフラッグシップは、E-1からE-3に引き継がれようとしています。
そのE-1というカメラは、発売から既に4年近くが経過しているにもかかわらず、
いまだに現役で愛用しているユーザーが多いと聞きます。
これはすごいことです。今の世の中、デジカメなんて1年で陳腐化するのが当たり前。
それでも使いつづけたくなる魅力って、一体なんなんでしょうか。

ここでは細かいことについては省きますが、ひとことで言うと
「愛着が持てること」
これに尽きるんでしょうね。
GRデジタルなんかもこの部類に入ると思いますが、
デジタルの時代にこそ、そういうモノへのこだわりって大事なんだと思います。

E-1の特徴のひとつとして、その独特な発色があるようです。
特に空の色。濃い青に描写されるそうです。
PENTAXで言えば、DAブルーみたいなもんでしょうか。
私はデジカメの場合、よくPLフィルターを使いますが、
願わくばPLなんて使わなくてもこってりと濃い青が出てくれればいいですね。
Zeiss&フィルムで撮るときには、PLなんて使わなくてもこってりした青空が撮れるので、
撮影も楽なんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.05

OLYMPUS E-3の引力

Imgp5823_m
(画像クリックでフルサイズの画像へリンク)
PENTAX K10D  smcPENTAX DA14mmF2.8ED  F10 1/500秒 ISO400 WB:AUTO PL 江ノ島

だいぶ以前から、OLYMPUSのE-1っていいな、と思っていた。
何がいいかというと、「防塵防滴のボディ」と、「超音波のダストリダクション」が、である。
istDを買ったばかりの3年前くらいから、このブログにも何度かそういうコメントを書いた記憶がある。
雨の日でも気にせずに撮影できる、砂浜でも気にせずにレンズ交換できる、
それってすごいことだな、と思っていた。

K10Dが発表された時、防塵防滴のボディにクラクラきた。遂にPENTAXもやったかと。
しかし考えてみればレンズは防塵防滴じゃないし、なんだか中途半端な気がした。
その後に防塵防滴の☆レンズが遅れて出てきたけど、自分が欲しい領域のレンズじゃなかった。
ゴミ取り機能も期待していたのに、効き目が薄くてちょっとガッカリした。
結局これでは完全なフィールドカメラにはなりきれない。

そういうところへ、OLYMPUSからE-3が発表されたもんだから、
最近妙に興味津々なのである。
なんかすごいみたいだよね。ちょっとワクワク。
(実は既にショールームで触ってしまったりしたのだ。AFも早くてビックリ)

(その後、OLYMPUS E-3を購入してからの記事はこちらにまとまっています。よろしければどうぞ)

ところで、
久しぶりに江ノ島へ行ってみた。
天気が良くて、寒くも暑くもなくて、実に快適だった。
本当はもっとゆっくりしたかったのだけど、横着して車で行ってしまったので、
フラフラ歩きする時間が少なくて心残り。でも帰り道は確実に楽なんだけどね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

目次とページング