« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月の10件の記事

2007.01.29

そして1年が

Imgp4034_m
PENTAX K10D  smcPENTAX DA16-45 F4ED AL  Av F4.0 1/6秒 EV1.0  ISO400 WB:オート

自分が泊まっていたホテルの横の通り。
歩いている時は「地味な場所だな」と思ってたけど(マジです)、
こうやって写真で見てみると強烈ですね。一体どこを見て「地味だ」と思ってたんでしょうか。

この通りには床屋さんがたくさんあって、夜中の12時過ぎても何故か営業してます。
店内には、オネエサンたちがずらりとソファに座っていて、妙に色っぽい目つきでこっちを見ます。
このナゾについて、我が友人ウィラード大尉に尋ねてみたところ、
そういうのは普通の床屋さんじゃなくて、ちょっと違ったマッサージとかをする床屋さんなんだそうです。
それ以外にこの通りには、マッサージ店とか、夜中でもやってる食堂とか八百屋さんとかがあって、
なんだか不思議な商店ゾーンになってます。
こういう道路上にまで思いっきり張り出した看板って、香港映画みたいですよね。

さて、我が友ウィラード大尉と私は、寒空の下、
しばらく川沿いなんかを散歩したりしましたが、あまりの寒さに撃沈。
またしても喫茶店で時間をつぶしてしまいました。

気が付けば、大尉の中国駐在も、既に1年が経過(在住は蘇州です)。
10代の前半からつづく腐れ縁な我々ですが、それにしても最近の大尉は
がんばっているなぁ
という印象でした。友人も居ない、人々は妙にずうずうしい、そして言葉も通じない、
そういう環境の中でも、どうにか順応してしまい、今やあちらの言葉もカナリイケテル。
そういう姿を見るにつけ、うーん、やるではないか、と思ってしまうのでした。

Imgp4038_m
PENTAX K10D  smcPENTAX DA16-45 F4ED AL  Av F5.6 1/15秒 EV0.7  ISO400 WB:蛍光灯(W)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.01.23

上海戦士の休息

Imgp4072_m
PENTAX K10D  smcPENTAX DA16-45 F4ED AL  Sv F7.1 0.4秒 ISO400 WB:昼光

金茂大厦(Jin Mao Tower:420.5m)には吹き抜けがあって、
最上階からは こんな光景を見ることができます。
これを見ると、スターウォーズで皇帝がベーダーに落っことされるところを
どうしても思い出してしまいます。
(設計した人は絶対にエピソード6の影響を受けたと思うんだけど、どうだろか)

この吹き抜けは1Fまでつづいてるのかと思うと そうではなくて、
ビルの途中までなんですよね(420m全部吹き抜けにしたら下なんて見えないよ)。
吹き抜けの下はバーになってます(下の方にかすかに見えている)。

我が友人ウィラード大尉の案内により、このカフェで休憩することになりました。

Imgp4111_m

エレベーターを一旦乗り換えする必要があるので、この場所は見つけにくいです。
そのせいか、このバーはとても空いていました。ジャズの生演奏が心地良いです。
ウィラード大尉は、一服したい時にはよくここへ来て、長いときには2~3時間くつろいでいくらしいです。

Imgp4091_m

外の気温は2℃。おまけにビル風が強くて猛烈に寒かったので、
ここでの休憩はとてもありがたかった。かなりのんびりしてしまいました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

白色摩天楼

Imgp4060_m
PENTAX K10D  smcPENTAX DA16-45 F4ED AL  Av F9 1/100秒 EV0.3  ISO100 WB:昼光

金茂大厦(Jin Mao Tower:420.5m)っていうのに昇りました。
このあたりには、異様なくらいにニョキニョキと高いビルが立ち並んでいます。
ものすごいです。異常です。

隣に見えてる工事中のビルは、このビルよりも高くなるんだそうです。
(手掛けてるのは なんと日本の森ビルなんだとか)

Imgp4082_m
PENTAX K10D  smcPENTAX DA16-45 F4ED AL  Av F10 1/60秒 EV1.0 ISO100 WB:昼光

しかしこんな風に白く霞がかかってて、よく見えません。
スカッと遠くまで見える日は、1年に何度もないなんて言ってました。空気が汚れてます。

こんなに近代的なビルが立ち並ぶスーパーシティだというのに、
ビルの下の大きな通りには、
ベンツも走っていれば、リヤカー牽いた自転車のお姉さんも走ってたりします。
リヤカーの中には、なんだかわからないけどとにかくもう何かがたくさん入ってて、それを懸命に引っ張ってます。
高級車の横を必死で走るリヤカーというのは、ものすごく不思議な光景です。
車の運転もとにかく乱暴なので、道でボーっと立ってたりすると、非常に危険です。注意。

なんかしかし、すごいとこだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.21

上海の裏町に

Imgp3983_m
PENTAX K10D  smcPENTAX DA16-45 F4ED AL  Av F4 1/80秒  ISO400 WB:昼光

地理があまりにもわからないので、上海では殆どタクシーを使ってました。
しかし英語が全く通じないので困りました。
ガイドブックの地図を指差しても、日本語で書いてある地図なので、なかなかわかってもらえません。
とにかく滅多やたらと無愛想な運転手が勢揃いの国なので、タクシー乗るのも疲れます。

豫園(よえん)という名所へ行ってみたら、
みやげ屋ばかりの超観光地だったので、人だらけですっかりお疲れ。
しかし、街からちょっと離れて裏通りへ入ってみると、なんとなく惹かれる風景があります。
生活の臭いたっぷりの、暗くて汚くて狭い路地の先には・・・
いや、やっぱりそれ以上先には行けないんですよね。なんだか怖くて。
だから、路地裏写真とかも、なかなか撮りにくい感じ。

Imgp3986_m
PENTAX K10D  smcPENTAX DA16-45 F4ED AL  Av F4 1/15秒 EV-1.0  ISO400 WB:昼光

もっとこんな風景を撮りたかったですが、あきらめて、街へ戻りました。
そして友人と一緒に、高いビルの上で、お昼の中華料理を食べました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湧き上がらない

Imgp3938_m
PENTAX K10D  smcPENTAX DA16-45 F4ED AL  Av F4 1/20秒 ISO400 WB:昼光

すっかり更新をサボってしまいました。すみません^^;

東京も、ようやく寒くなってきましたね。
しかし正月に行ってきた上海の寒さは、こんなもんじゃありませんでした。いやホントに寒かった。

さてその上海ですが、
どうもなぜだか「写真を撮ろう」って意欲が湧いてこなかったのです。海外旅行だというのに。
勿論寒さも原因の一つだとは思いますが、でもそれだけじゃないと思う。

まず、ホテルに着いてバスから降りて道に立ったら、なんだか妙なニオイ。
近辺に食堂が多い地帯だったので、おそらく料理に使う香辛料とかのニオイだと思いますが、
どうもこれが苦手。うわ~って感じ。
ホテルの部屋、汚くはないんだけど、でも虫が出る。
そして水の色が錆びさびで赤い。ホテルで既に萎えてる。

翌朝、ホテルの前を大量の自転車通勤のみなさんが通るのを見て、
あ、まだ自転車使ってるんだなと思いました。もういないのかと思ってた。
自転車とバイクと車で、朝の道はごった返して騒然としてました。とにかくうるさい。

ホテルの朝食は、食うものが全然無いバイキング。
客の人数と食い物の量が全くマッチしてない。
それどころか座る席さえない。
そういう状況なのに、店員はボーっと突っ立って何もしようとしない。
この国には、サービス業って概念が無いんじゃないかと思いました。

それで外へ出たら、寒いしホコリだらけだし、人は多いし・・・
ガイドブックに乗ってる名所へ行ってみたら、これが超観光地で、みやげ屋ばかり・・・
なんかもう、写真って気分じゃないです(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.01.12

バスに揺られて

Imgp4225_m
PENTAX K10D  smcPENTAX DA16-45 F4ED AL  Av F4 1/8秒 EV1.0 ISO400 WB:オート

今回の上海は、
空港からホテルまでの現地係員がつく「ツアー旅行」だった。

こういうのは初めての体験だった。
空港に着いたら、バスに乗せてくれて、ホテルまで連れていってくれる。
ホテルでは なんとチェックインまでしてくれる。

なんて便利なんだろうと思う反面、
なんてめんどくさいんだろか、とも思う。
ぞろぞろと固まってバスに乗ると、不思議な日本語を話す中国人のお兄さんが
旅行の注意事項を書いたプリントを何枚も配って、延々と話し始める。
なんなんだこの窮屈さは。

やはり勝手きままな個人旅行がいいなと思う。
空港に着いて、重たいスーツケースをゴロゴロ転がしながら、
レンタカーのカウンターを探してウロウロしたり、タクシー乗り場を探したり、
ホテルの怖いおじさんに「言葉通じるかな」と思ってドキドキしたり、
そういう不自由さがある反面、個人旅行には 有り余るほどの「自由」がある。

今回は空港からホテルまでのたった1時間の団体行動だったけど、
もうそれだけで、オレにはたまらなくめんどくさかった。
バスで有名観光地を巡る旅は、オレには無理なのか?と思ったりもする。

ところで今回の旅のお供はこれだけ。
Dscf0761_m
左はPENTAX K10Dと、借り物のDA16-45 (ぶーさんありがとう)、
真ん中は、オレの旅には絶対必需品のCONTAX G2と、CarlZeiss Hologon16mmのペア、
右は日常的にも常備しているCONTAX T2。
そしてこの写真を撮っている、FUJI FinePix F30。

しかし今回は、いつもに比べて全然写真を撮らなかった。
G2とHologonの組み合わせでは、なんと1枚も撮っていない。
T2も、フィルムたった1本使っただけ。どうも枚数の上がらない旅だった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.01.11

夜の空から

Imgp4013_m
PENTAX K10D  smcPENTAX DA16-45 F4ED AL  Av F4 1/13秒  ISO400 WB:オート

上海行きの飛行機に乗って上空から東京の夜景を見下ろしたら、
東京・新宿・池袋・渋谷・品川が、なんとくっきりと見えるんです。
灯りだけで、都市の輪郭が完璧に判ります。環七・環八も、はっきりと光の筋になってます。
中央線沿いに辿っていくと、吉祥寺とか荻窪までわかりました。
自分の家は だいたいあの辺りなんだなぁって、推測できて楽しかった。
ちょっとびっくりでした。こんな風に見えるんですね。
空から見ると、東京という都市の巨大さを思い知らされます。
Dscf0750_m
窓の映りこみが激しいですが、だいたいこんな風に見えました。光の海ですね。


さて成田からたったの3時間半、
こんなに近いところに上海はあったのかと思いました。
しかしホテルがぼろかった。ゴ○○リ出てきてすっかりブルー(泣)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.01.10

なんとなく上海

Imgp3919_m
PENTAX K10D  smcPENTAX DA16-45 F4ED AL Av F6.3 1/50秒 ISO400 WB:オート

正月に時間が随分あることに気が付いて、
よっしゃどっかいったろかいなと思いつき、
12月も半ば近くになってから旅行会社へ。
しかし出遅れ組は、なかなか思うところへは行けない。
最初はタイに行ってウマイもの食いたいと思ってた。
それがダメなら香港でウマイもの。ダメなら台湾でウマイもの。
しかしこれらの案は全滅。
だいたい予算が4~5万って、そんな値段で探せるわけないよな(担当者も困っていた)。

で、
最近妙に人気があるよという上海案が浮上。
全然その気じゃなかったけど、パンフレット見たら「ま、いいか」と。
まあその程度のきっかけでした。4~5万とはいかないけど、思いのほか安かったし。

そして予約が取れてから気が付きました。
「あっ、現地に友達がいたんだっけ」
今回は、我が25年来の朋友、通称“ウィラード大尉”を訪問する旅となりました。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2007.01.09

よいこらしょ

Imgp3990_m
PENTAX K10D  smcPENTAX DA16-45 F4ED AL  Av F4 1/60秒 WB:昼光 ISO400

中国に行ってきました(上海)。
いやぁ疲れました。
実質行動できたのは2日間でしたが、これくらいの時間でちょうど良かったです。

空が汚いです。空気が汚いです。
光化学スモッグなんだそうです(なんだか懐かしい)。
自動車と工場で空は汚れ、町は土けむりとゴミで汚れ、もう大変。

いやいや、すごいところでした。
面白かったけど、帰ってきて、ホッとしてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.04

今年は何をしようか

Imgp3848_m
PENTAX K10D  smcPENTAX DA14mmF2.8ED  1/6秒 F2.8 EV0.3 ISO400 WBオート

なんと2週間近くも更新せずに ほったらかしてしまいました。
遊びに来ていただいてたみなさんスミマセン。

いつの間にか暮れも正月も終わってしまいましたね。
仕事が終わった途端に脱力して、ぼーっとして、だら~っとして、寝て食べて、そして飲む。
かなり体に悪い新年でした(ハッハッハ)。

さて、
やっと更新したかと思いきや、
明日から旅行へ行ってしまうのです。
初めての中国です(上海)。
でも、今夜の飛行機に乗って、7日の朝には日本に帰ってきちゃうので、
実質は2日間の短い旅なのです。
でもそれだけに気楽であります。イタリア旅行みたいに気合入れなくてもいい。
というわけで、ちょっと行ってきます~。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

目次とページング