« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月の15件の記事

2006.11.29

南仏の鷲の巣村で

Imgp0648_m_1
PENTAX OptioS5i  F4.3 1/1250  ISO80  フランス プロヴァンス リュベロン地方の町 “ゴルド(Gordes)”

PENTAXの新聞全面広告、見ましたか?
思わず新聞買ってしまいました。「拝啓 ペンタックスユーザーのみなさん・・・」っていうやつ。
もっと刺激的でインパクトのある全面広告かと思いましたが、背景色も穏やかだし、余白も多くて、
かなりソフトな感じでしたね。もっと派手なのを期待してましたが、まあこんなもんなのかな。
それにしても、かつてのPENTAXで こんな風な広告を見たことがありません。
テレビCMなんかより、よほど衝撃がデカイです。

さあ、いよいよK10Dが発売になりますね。
発売される前から こんなに期待してるって、一体ナンなんでしょうか。
久しぶりに、デジタル一眼が欲しいという気になっちまいました。

上の写真は、ゴルドという南仏の町です。
PENTAX K10Dのカタログに載っている写真は、おそらくここだと思われます。
撮ってる角度が違うので最初ははっきりしなかったのですが、
拡大して家やら木やらを細かく観察したので、ほぼ間違いないと思われます。
オレが行った時は町がとても混雑していて、なおかつ夕方で宿が決まっておらず、
ろくに写真も撮れずに引き上げてきたのでした。それが今でも無念・・・。
だからK10Dのカタログ見た時には、嬉しさと悔しさが入り混じった変な気持ちになりました(笑)。
ゴルド その他の写真はこちらに掲載しています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.11.28

F30のピント確認

Dscf0556_m
FUJIFILM FinePix F30 プログラムAE F7.2 1/739秒 EV-0.7 WBオート ISO100 F-クロームモード

FinePix F30で夜景を撮っていたら、無限遠で何度かピントを外しました。
テスト撮影で、同じアングルから露出補正しながら数枚撮っていたら、
そのうちの何枚かは どこにもピントが合っていない。
手持ちだったので毎回AFポイントが微妙にずれるのです。
それで運悪く平面的な場所にAFポイントが当たっちゃうと、いともあっさりピントを外してしまう。
ビル内だったのでそれほど暗くはなかったのですが・・・

この前まで使っていたのがCanonのIXYだったこともあって、
ピント精度ではどうしても見劣りしてしまいます。IXYなら、こういう心配は殆ど要らなかった。
IXYには無限遠固定機能がついてるけど、殆ど使わなかった。
反対にF30には無限遠固定機能が無い。そして無限遠を時々外す。なんだか皮肉です。

ピントに関しては ちょっとがっかりしていたのですが、
しかし良い機能を見つけました。
撮影直後に液晶で画像をチェックする「撮影画像表示」には、
「1.5秒」、「3秒」の他に、「拡大」というのがあります。
これを設定しておくと、撮影直後に一気に最大倍率の画面が表示されます。
DISP/BACKボタンを押せば、通常サイズに一発で戻ります。
これ、かなり便利です。常用してます。
ピンボケだけでなく、微細な手振れなんかも確認できるので重宝します。
この機能で、AFの弱さが(ちょっとだけ)相殺される気がします。
(もしかしてこの機能、他のカメラでも普通についてたりする?・・・)

Dscf0530_m
FUJIFILM FinePix F30 プログラムAE F2.8 1/88秒 EV-0.7 WBオート ISO200 F-クロームモード

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.11.26

F30のISO1600

Dscf0464_m
FUJIFILM FinePix F30 オート F2.8 1/22秒 WBオート ISO1600 F-クロームモード

ついこの前まで(つまりF30を購入するまで)、
コンパクトデジタルカメラのISO1600が本当に使い物になるなんて、
全然知りませんでした。
いろんなメーカーで「高感度による手振れ補正」を宣伝してます。
「高感度でも、画質が落ちません。とってもキレイに撮れます!」
正直に言いまして、全部 「おおげさだ」と思ってました。いやもっと本音で言うと 「ウソだ」と思ってた・・・

昨年、FinePix F30の先代であるF10が発売された時も、
電車の中吊り広告で高感度を一生懸命アピールしてましたが、
全く信用していませんでした。
自分が使っている一眼デジ*istDのISO1600が全く実用にならないほどノイズだらけなんだから、
コンデジにそんな画質ができるわけないって、思い込んでました。
だから、店頭に飾ってあるF30を、手にとって見たことすらなかった・・・

しかし、知らないということは、実に恥ずかしくて、もったいないことなんだと知りました。
もしもF30の存在をもっと早く知っていたなら、コンデジ選びで悩む時間は不要だったはず。
そして夏の海外旅行でも、高感度を活かしていろんなスナップが撮れていたかもしれない・・・

FinePix F30のISO1600は、スナップ撮影としてならば 十分な画質を実現しています。
だから安心してオートのままで撮影できる。
画質にシビアになるような場面ならば、そのときは ISO400以下にしてやればいい。
でも、暗いところでブレずに撮るならば やはり1600です。
この前まで使っていたIXY DIGITAL 800ISはISO800までしかついていませんでしたが、
そのISO800ですら、ノイズだらけで使い物になりませんでした。
CCDのサイズが違うから直接比較はできませんが、それにしてもF30の画質はスバラシイです。
_094_m
FUJIFILM FinePix F30 オート F4.9 1/37秒 WBオート ISO1600 F-クロームモード

猫も夜景も、どちらもISO1600です。
こんな暗さでもブレずにスナップが撮れるなんて、これはスバラシく楽しいことではないですか。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

F30のF-クロームモード

F30_044_m
FUJIFILM FinePix F30 夜景モード F2.8 2.5秒 WBオート ISO200 F-クロームモード 長時間露光ON

FinePix F30で夜景モードを使うと、ISO感度は200で固定されます。
夜景モードの時は むやみに増感せず、キレイな画像で撮れるように配慮されてるみたいです。
この仕様は好感持てます。
夜景モードを使う場合、「長時間露光」という設定があって、「ON」と「OFF」を選べます。
「ON」にしておくと、自分でシャッタースピードを選べます・・・というか、選ばないといけない。
つまりマニュアルになっちゃうわけです。これだと、最長15秒までのシャッタースピードを任意に選べます。

反対に長時間露光を「OFF」にしておくと、オートで3秒までのシャッタースピードが選択されます。
3秒まで対応しているのだから、夜景の時は常にこれを使っていればいいのですが、
不思議なことに、「OFF」の時は、オレの好きな「フジクロームモード」が選択できないのです。
「ON」の時には選択できるのに・・・

というわけで、どうしてもフジクロームモードで撮りたいので、
一旦長時間露光を「OFF」にしてから露出を測り、それからまた「ON」に戻して、
さっき測ったシャッタースピードを手動で入力する・・・という面倒な操作が必要なのです。
どうしてこんな仕様になってるんでしょうか?
マニュアル時にもフジクロームモードを使えるようにしてほしい!

F30_043_m
FUJIFILM FinePix F30 夜景モード F2.8 2.68秒 WBオート ISO200 F-スタンダードモード 長時間露光OFF

スタンダードモードで撮ると、フジクロームモードに比較してあっさりした雰囲気に見えます。
でも本当は、これが実際の色に近いと思いますが。
暗部の諧調も、フジクロームモードに比較すると かなり残っています。
でも、フジクロームモードのきゅっと引き締まったリバーサル調の空と地面の黒が、私は好きです。
濃い目の緑の感じなんかも、好きですね。

ところでこのカメラ、無限遠で時々ピントを外します。上の写真も、ちょっと甘め。
それなのに、ピントの無限遠固定ができないのです。この機能が是非欲しかった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.11.24

コンパクトデジカメの変遷

F30_007_m_1
FUJIFILM FinePix F30 プログラムAE F2.8 1/66秒 WBオート ISO200 F-クロームモード

昼休みにいつもの喫茶店で取説読みながら カメラをいじくりまわす。
これが結構なお楽しみタイムだったりします。
そんなわけで、いろんなカメラで撮った店内写真が存在するわけですが、
今までのコンデジ中、一番気に入った出来栄えなのが、このF30でした。

前回記事につづいて、またしても「フジクロームモード」で撮ってます。
一目見て、こういう色づくりがキライだな、と思う人もいるでしょうね。
でもオレはこれが結構気に入ってます。
スタンダードモードを使うと、あまりにもあっさりしていて、もはや物足りないです・・・

旅行の時には、スナップやメモがわりにコンパクトデジカメを必ず携行します。
今年のイタリアでは、CanonのIXY DIGITAL 800ISを持っていきました。
しかし800ISは、場面によって低感度でもノイズが目立つときがあり、出来上がりがあまり気に入りませんでした。
撮った後で、パソコン上でISO感度が確認できないってのも、なんだか妙な仕様でした。

その前は、GR DIGITALを使ってました。
しかしこれも、期待していたほどには気に入りませんでした。
画像が全体的に赤っぽくなる傾向があり、不自然に感じる時もありました。
ピントが遅く、レンズが駆動する音も大きめ。
ISO100でもノイズが結構ありますが、これはまあこういうチューニングなんでしょう。
ただし、GR DIGITALのコンセプトは素晴らしいと思います。操作性も良好でした。

そんなわけで、IXYとGR DIGITALは私の手元から既に去ってしまっています。
今年に入ってから3代目のコンデジが、F30なのです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.11.22

おろしたての石鹸

F30_069_m_1
FUJI FinePix F30  絞り優先AE F8 1/1024秒 W/Bオート ISO200  F-クロームモード

FUJIのFinePix F30、買いました。
まるっきりノーマークのカメラでしたが、友人BUーくんがさんざんすすめるので、
見ていたら つい惚れちまいました。

BUーくん曰く、このカメラのデザインは「石鹸」なんだそうです。
なるほど確かにそうだ。
世にもかっこ悪いこのデザインは一体ナンなんだ。

それでもこのカメラ、かなり面白いです。
お気に入りは、フジクロームモード。リバーサルっぽい濃い色調の仕上がりになります。
ちょっと極端ですが、私はこういうのキライじゃありませんね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.11.19

フィレンツェの空に

Hologon_firenze_2_m
CONTAX G2 CarlZeiss HologonT*16mm  RDPⅢ  フィレンツェ ドゥオーモ(大聖堂)

イタリア旅行の写真、ようやく全てをUPしました。よろしければどうぞ。
2006 イタリア トスカーナの旅(10~16)

大量のポジの中から先ず写真を選定し、
フィルムスキャナーでじわりじわりと読み込んで、
それを自分のページに貼り付け、コメントを書く・・・
デジカメだったら、もっと早くできていたと思います。
それでもやはり、フィルムには絶大なる魅力があり、なんとしてもフィルムで撮りたいのです。
そんなわけで、9月の旅行の写真は、今頃になってようやく完成となりました。

写真の数が増えたので、今回は「田舎編」と「都会編」にジャンル分けしてみました。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006.11.18

川沿いで見つけた

T2_3_m
CONTAX T2 CarlZeiss Sonnar T*38mm  RVP100

4週間ぶりでバイクに乗りました。
といっても、近所の川沿いや町の中を30分ほど走ったのみですが。
バッテリーが弱っているので、少し走って充電してきたのです。
これでまた数週間はセルが回るでしょうが、
これからますます寒くなってくるので、そうすると乗らなくなるだろうな~。
そしたらまた上がっちゃうんだろうな~。

今日は適当に走っていたら、
家から10分くらいのところに偶然ラグビーのグラウンドを発見。
社会人ラグビーのテストマッチをやっていたので、こりゃいいもの見つけたってわけで
バイクを停めて1時間ほど見入ってしまいました。
近くで見ると、やはり迫力がありますね。
ぼーっと見ているうちに、ああ、オレもそういえば昔やってたんだっけ、
なんて思い出してしまいました。よくもあんな激しいスポーツを・・・^^;

次回は望遠レンズでも持って、スポーツ写真でも撮ってみようかな。
帰り道は曇ってしまい、ちょっと寒いプチツーリングになりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.11.16

足音

Izumi_3_m
CONTAX T2  CarlZeiss SonnarT*38mm  RDPⅢ

もうそろそろ、コートの季節なんでしょうか。
ちょっと寂しいです。
オレは冬がダイキライなので。

冬になると、全然水を飲まなくなってしまいます。
これは体に悪いだろうから、できるだけ飲むようにしていますが、
ふと気が付くと、全然飲んでいなかったりします。

コートを着ないと寒いのに、電車の中が異様に暑かったりして、これも困ります。
外へ出かけても、あまりの寒さに萎えて、写真の枚数が減ります。
やっぱり冬は苦手だな~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.11.14

10万キロを突破

T2_4_m
CONTAX T2 CarlZeiss SonnarT*38mm  RVP100

山梨から帰ってきてふと気づくと、
距離計が10万300キロになってました。
10万キロを刻む歴史的なその瞬間を、この目で見てやろうと思っていたのに、残念。
(っていうより、楽しみっていうほど気にしてなかったのかもしれないけど・・・)

改めて車検証を見てみたら、初年度登録は なんと平成元年。
年齢計算が実に簡単じゃないですか、カブリオくん。来年でもう19歳になるのですね。
そんな長い歴史を刻んできた自動車に乗っているということに、喜びを感じてしまいます。

それにしてもこの車、ホントにフィーリングがいいんです。
小さな車体に似合わず、太くて厚いエンジン音。
重厚な加速感(そんなに速くないけど)。
適度に重たくて、曲がって楽しいステアリングフィール。
この乗り味は、現代の自動車には無いのだ。乗ってる人だけが知っているのだ~。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.11.13

待ち遠しい月末

T2_2_m
CONTAX T2  CarlZeiss SonnarT*38mm  RVP100

久しぶりに、ベルビア使いました。
今まで少し敬遠気味だったVelviaでしたが、こういう強調色が最近は楽しく感じます。
山梨の紅葉はちょうど見ごろで、私が行った周辺は、観光客も少なめで、のんびりできました。

さて、そろそろ近づいてきましたね、PENTAX K10D の発売日。
随分と長いこと、デジタル一眼レフから遠ざかっていましたけれど、
このカメラの登場で、久しぶりに「欲しいな~」と思わせられてしまいました。
新技術を投入した機能的な面も勿論魅力なのですが、
実は細かい使い勝手の部分にこそ、大いに魅力を感じています。
たとえばダイヤルの機能を自分の好きなように割り当てられるカスタムファンクションとか。
こういうのって、*istDを使っている時からずっと欲しかった機能なんですよね。

発売の日が大いに楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.11.12

二の滝×2

Imgp1235_m
PENTAX *istD smcPENTAX DA14mm F2.8ED  F11  3秒 WB:日陰  PL

山梨に行ってきました・・・・・と言ってから早や1週間。
ここのところちょっと更新をサボってました。スミマセン。
お酒飲んだり、オサケ飲んだり、忙しくて^^;

さて、久しぶりにコダクロームを使ってみました。
紅葉にコダクローム?それちょっと合わないんじゃないの?と思われるかもしれませんが、
その通りでした(笑)。
なんとなくコダクロームが使いたくなって気分的に止まらなかったので、
まあ今年は実験してみよう、なんて思ったんです。
ちゃんと撮りたいなら、やっぱりベルビア辺りの方が良いでしょうね。

夕方、かなり暗くなってから撮った山梨県北杜市、石空川渓谷の 二の滝です。
このくらい暗くなると、フィルムよりもデジカメの方が暗部の諧調が出たりします。
二つ並べてみると、どっちがいいのか自分でもわからなくなります。
(でもやっぱりフィルムの方がいいかな)
みなさんはどちらがお好きでしょうか。

Rts_2_m
CONTAX RTSⅡ CarlZeiss DistagonT*25mmF2.8  Kodachrome64 PL

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2006.11.05

知りませんでした

Imgp1214_m
PENTAX *istD smcPENTAX DA14 F2.8ED  1/50 F9.0

山梨県に行ってきました。
たった2日間の行程を“旅”というかどうかは わかりませんが、
それでも本人は、立派に旅だと思ってました。

中央道を使って適度に走れて気軽に行けるという理由から、
ツーリングといえば山梨になることが多い(というより殆どな)わけですが、
今回は山梨の良さを再発見してしまいました。

これまで行ったことのなかった場所を探検して、
おおこんな場所があったのかと感激し、
狭くて険しい山道を坦々と走り、
日本の原風景のような農村が点在する風景を見て、
山梨とはこんなに広い場所だったのかと驚きました。
近いと思ってあまりマジメに見ていなかったのかもしれません、これまでは。

325i Cabrioくんは、今回も好調でした。
80年代の車ですから、あまりぶっ飛ばすような走り方はしませんが、
その分、スピード違反になる確率は低いと思います(これはメリットなのか?)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.11.03

放心時間

T2_valdibotte_6_m
CONTAX T2 CarlZeiss SonnarT*38mm  RDPⅢ

連休ですね。
嬉しいですね。
ちょっと山の方でも行ってみることにします。
良い景色が見れるでしょうか。楽しみです。
のんびりしてみたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.11.01

日々坦々

Imgp1191_m_1
PENTAX *istD  smcPENTAX DA14mmF2.8ED  1/30 F4.5

日付が変わって既に11月。
11月だというのに、まだ冬物スーツを出していない。
衣替えの季節が、昔と今では完全に1ヶ月ずれてしまった。
中学生くらいの時は、10月になったらもっと涼しくなったはずだけどなぁ・・・。

毎日同じことばかり繰り返しているので、ホント最近は変化に乏しい。
何か違うことしてみたい。見たことない場所へ行ってみたい。
他の人々は、毎日一体何をしているんだろう?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

目次とページング