« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月の11件の記事

2006.06.30

今日も蒸しますね

T2_tsumago2t
CONTAX T2  CarlZeiss SonnarT*38mm  RDPⅢ

春の信州ツーリングで撮ったT2写真の中で、いちばん「うわっ」と思った1枚です。
T2は、コンパクトカメラとは思えない描写をすることが、しばしばあります。
こんな風に写ったらいいな、と想像しながら撮ってみると、想像を上回るときがあります。
デジカメだと、なぜかこういう風に印象的に撮れないんですよね。ナゼでしょうね。

しかし季節はすっかり「夏」になっちゃいましたね。
信州シリーズをしつこくUPしてましたが、まあこれで終わりとしましょう。
(もし見ていない方は、よろしければこちらからどうぞ。2006信州ツーリングです

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006.06.29

空を飛びたいが

Img_0289t
Canon IXY DIGITAL 800 IS  

火曜日に渋谷警察署の前を通ったら、
報道陣が20人以上ずらりと並んでカメラを構えていた。
きっと例の誘拐事件の映像を撮りに来たんだろうと思う。
しかしまぁ、根気の要る仕事だな~。
あんなところにず~っと立ってなくちゃいけないのは、そりゃもうつまらないよ。
重たいハンディカメラを肩に担いで、とにかくひたすらに待つ人々・・・

話は変わりますが、国内線の航空運賃って、もう少し安くはならないんでしょうか?
特に、主要路線以外の地方空港が高すぎる!
帯広とか、稚内とか、飛行機を利用して行きたい遠い場所ほど、高すぎて手が出ません。
思うに、バイクに乗って、だらだら少しずつ進む旅のスタイルって、
実は限りなく贅沢な旅だったんだな~と、今さら気がついている次第です。はい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.26

間隙をついて

Img_0167t
Canon IXY DIGITAL 800 IS  WIDE MODE

この何日もの間、週間天気予報には太陽のマークが全く出てきません。
狂った天気。
しかしそんなバカ天気の合間に、ぽっかりと現れた梅雨の谷間。土曜日だけは晴れましたね。
そういうタイミングで結婚式をできる人たちって、一体ナンなんでしょう?
ものすごい強運。とうか、自ら好天を呼び込んでるとしか思えない。
シアワセな人たちですな~。カッコイイですな~。

そういえば、久しぶりでカラオケに行きました。1年ぶりで。
そうしたら、全然声が出ない。歌えなくなっちゃってる。
そりゃそうだよな~、1年も歌ってないんだから。仕事だって1年経ったら完全に忘れるよ。
しかし朝までカラオケやって酒飲むと、くたびれるけど、でも楽しいな~。
なにかこう、久しぶりでものすごく発散できたような、そんな週末でした。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006.06.22

毎日どんより

Img_0117t
Canon IXY DIGITAL 800 IS  1/50 F5 -1.0

ものすごく太陽が出ませんね。
ロンドンって、いつもこんな感じなんでしょうか。
週間天気予報は太陽マークが1つもありません。すさまじい天気。

大通りから逸れて、
今日は一駅分余計に歩いて見ました。
下町の狭い路地は、妙に落ち着く空間でした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.06.19

オレンジ色のニクイ奴

Lx_odaiba_3t
PENTAX LX  smcPENTAX A50mmF1.4   RDP Ⅲ

この前山手線に乗っていたら、非常無線を傍受したとかで、急に車両が止まっちまった。
何かと思ったら、「中央線の異常を知らせる無線を受信したので念のため停まっています」
だって。
それって一体ナンなんだろう?異変が起きたのは中央線なのに、関係ない山手線まで
停まらなきゃいけないのはどうしてなのだ?実に不可思議なJRのシステムである。

中央線沿線から私鉄沿線に引っ越して先ず驚いたのは、
「電車が全然停まらない」
ことだ。停まらないっていうのは駅に停まらないとかそういことじゃなくて、
人身事故とか信号故障とか、そういうトラブルで停まらないってことです。
とにかくそういう事故が徹底的に少ないのだ。というより、年間通じて数えるくらいしか起きない。
逆に言えば、JRは多すぎるのかもしれない。中央線なんて、週に1度は停まってた気がする。

まあ別に、どうして停まるかの謎を追求したりとか、そういうことはしませんけど、
ただ実に不思議だな~と素朴に思うので書いてみただけです。それだけのことですはい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夕暮れ 妻籠宿

Lx_tsumago_9t
PENTAX LX  smcPENTAX A50mmF1.4   F16 -0.7 PL  RDP Ⅲ

信州へ行きたいなと思ったのは、
妻籠(つまご)宿の素晴らしい夕景を見てみたい、と思ったからかもしれません。
本屋さんで偶然眼にした妻籠宿の写真に、魅了されてしまったのです。

日本のことを少しは知っている気でいましたが、
こんなに近い信州を、まだ全然知らなかったのだと気づき、愕然としました。
長期の休みが取れると、ついつい広い世界を求めて北海道に行きがちですが、
本州にこそ、北の世界とはまた違う「ニッポンの風景」が存在しています。
これからもそういう風景を探していきたいと思います。出会いの喜びは、たくさん残っています。

100年以上の昔から残る街並みや、復元された家屋が並ぶ、中山道の宿場町、妻籠宿です。

よろしければその他の写真もご覧ください。2006信州の写真です。
http://www.ne.jp/asahi/carahan/quasar/photo/2006nagano/title1.htm

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.06.13

BMW E30 325i Cabrio

Lx_shirabiso_1t
PENTAX LX  smcPENTAX A50mmF1.4   RDP Ⅲ

10年振りに自動車を買いました。
E30のCabrioです。
思うにBMWのデザインは、E30の世代を最後に、どんどん違う方向へ行ってしまう気がします。
ま、好みは人それぞでかもしれませんが。
私はこのデザインを、こよなく愛しています。
現代流のデザインと違って、トランクが無粋に厚ぼったくない。
ナナメな部分が少なくて、余計なものがついてなくて、引き締まってる。
バブルの頃には六本木のカローラと揶揄されたけれど、それもまあ理由があって、
実は当時のカローラとほぼ同じサイズだったのだ。しかし、小さな高級車が減ってしまった現在、
こういう自動車は貴重だ。そしてこのサイズで、2.5リッターの贅沢さ。

高校生の頃から、この自動車がずっと好きだった。
憧れのあの人と、ついに夢がかなったキモチ。
買ってから既に半年経過したけれど、5月の連休が初の遠乗りだった。
毎日天気の良かった信州を、幌をあげて走った。
そのときの写真をUPしましたので、よろしければどうぞ。2006信州ツーリングです。
http://www.ne.jp/asahi/carahan/quasar/photo/2006nagano/title1.htm

| | コメント (9) | トラックバック (1)

2006.06.12

信州ツーリング With 325i Cabrio

Lx_magome_1t_1
PENTAX LX  smcPENTAX A50mmF1.4  RDP Ⅲ

ごぶさたでございます。
毎晩スキャナーと格闘してました。
これだけの量の写真、UPするにも一苦労です。
そんなにめんどくさいのなら、デジカメにすればいいじゃねぇか、という声が聞こえてきますが、
それじゃあ面白くない。やっぱりフィルムで撮りたいんですよこれが。
では、GWの写真をようやく掲載いたします。是非ご覧くださいませ。
2006 信州写真はこちらで~す!

さて、私久しぶりに自動車を買いまして、
これがなんと10年ぶりの自動車ということになりました。いや自分でもびっくり。
なぜならば、自動車ダイスキなのです。それなのに、マイカーなしで10年もやってきたとは。
その間、足といえばひたすら中央線か小田急線ばかり。そして時々ツーリングでR1100GS(バイク)。
いや~、しかし自動車って、楽しいですね~(あたりまえか)。
とかなんとかいいながら、実は自動車買ってから、既に半年以上経過してますが・・・
いずれまた改めてご紹介することにしましょう。今日は信州写真をどうぞ。
http://www.ne.jp/asahi/carahan/quasar/photo/2006nagano/title1.htm

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.06.06

触りたくなるのだ

Lx_odaiba_4t
PENTAX LX  smcPENTAX A50mmF1.4  RVP F

また今日も曇りっぽい天気。
月曜日からやることが多くて20時まで事務所で仕事。
終わった瞬間に走るようにして帰ってきた。ああしんどかった。

PENTAX LXは、妙にその気にさせるカメラです。
つまり、いじくらずにはいられないような、それはもうたまらない機械なのです。
フィルムの巻上げフィーリング、固めでうるさいほどのシャッター音、
そして恐るべき威力の明るくて広いファインダー・・・
実際には、Ariaで撮った出来上がりの方が自分好みだったりすることも多いわけですが、
それでもLXの操作の魅力には抗えません。
もっと良いレンズがたくさんあれば、これほどステキなカメラは無いのですが。
思うに、CONTAXに こういう素晴らしいボディがあれば、それがベストなんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.05

車から離れられない

Hologon_jinja_9t
CONTAX G2  CarlZeiss Hologon T*16mm F8  -0.3  RDP Ⅲ  飯山にて

駐車違反の新しい取締り方法は、かなり頭にくる方法ですね。
全く猶予も無く取り締まるって、一体ナンなんでしょうか。
交通安全とは全く関係の無い、なにやら警察だけの秘密の事情で始まったルールに見えますが。
とにかくこれが始まったおかげで、ちょっと車を降りて何かしようと思った時に、
どうしても躊躇してしまいます。そんなにすぐにつかまるとも思えないけど、でも気になる。
あ~、イヤな時代になったな。

週末は、友人たちとずーっと酒を飲んでました。
こういう過ごし方が、一番楽しくて、一番良い気分転換になります。ああ楽しい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.06.01

切り替わり

Tx_forum_2t
Fujifilm TX-1+Super-EBC Fujinon TX45mm f4   F4   RVP F

6月1日になったら
パチン
とスイッチでも入ったかのように「夏」になった。
遂に日本の蒸し暑い季節がやってきてしまった。
春は短かったな。雨が多かったけど、涼しくて好印象な春だったな。

いよいよ今日から夏服に替えてみた。
っていうか、今日は夏服じゃないと歩けないほど暑かった。
若い女の子ちゃんはミニスカートで素足だった。
コーラのボトルを持って歩くおじさまも暑そうだった。
昼ごろ久しぶりに渋谷を歩いたら、新型の季節に出会えてちょっと嬉しかった。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

目次とページング