« 既に予約で一杯とか | トップページ | モスクワはマイナス50℃らしい »

2006.01.18

象が踏んでも壊れない

gaien_1-s
CONTAX G2  CarlZeiss Hologon T*16mm F8  AE -0.3  RHPⅢ

今さらのイチョウ並木でスミマセン。
フィルムをデジタル化するタイミングって、どうしても季節とずれちゃうんですよね・・・(汗)。

今日もまたカメラ屋に寄り道し、フィルムを受け取ったついでにカメラコーナーを冷やかし。
GRデジタル、グリップ部にラバーがついてて持ちやすいのですが、
どうも気になるのが、展示品のラバーが部分的にめくれ上がってる個体が見られることです。
1台だけなら たまたまかもしれませんが、同じ症状を複数見かけました。
毎日何百人も見るわけですから不思議ではないのかもしれませんが、
展示開始から数ヶ月でめくれてしまうものなのかなぁ?とも思います。
GRといえば、質実剛健、頑丈すぎるほどのボディ、というイメージがありますので、
ちょっと似合わない症状だなと感じます。
店から出てきて自分の銀塩GRを触ってみると、ボディのガッチリした剛性感を改めて感じます。
機能もりだくさんもいいですが、防塵防滴とか、ボディの耐久性・信頼性とか、
そういうのって、妙に惹かれてしまうんですよね。

|

« 既に予約で一杯とか | トップページ | モスクワはマイナス50℃らしい »

Carl Zeiss Hologon」カテゴリの記事

コメント

GRデジタル。買うんでしょ~ほーらほら。

わたすは先日、GX8を買いましたわな。もちワイコン付きです。
もう少し足せばキヤノンS80も買えたんですが、目先の安さに
釣られ。

やっぱりS80だったかなーと店頭でイジッてみたのですが、
どうもGX8を見慣れちゃうとコレ、ポテッとした感じで、操作
感も何かしっくりこない・・・カタログでは操作しやすそうに
感じたのですが。謎。

おとといGX8で社の求人用写真を撮ったんですが、M井さんに
昔のサンパックauto4205Gを借りて、バウンスでやりました。
これできるコンパクトデジカメってそう無いですよね。

TC-1デジタルは出ないんかコラァ!と某さんが言ってました笑

投稿: まこ | 2006.01.18 20:14

まこさま
ウッ、ななな、なにをいってるんだ~^^;;;
買うなんてひとことも言っていないのだ~^^;;

私もワイコンに惹かれました。GX-8の頃から。
でも考えてみたら、ワイコンつけたらコンパクトカメラじゃなくなる(笑)
ポケットに入らないとオレの場合意味がないと思っちゃうんだよね~。
外付けファインダーも かなりよくできてた。でも、あたりまえだけどピント確認ができない。
Hologonみたいにテキトーなピントだったら外部ファインダーでもいいんだけど。

S80、たぶんすぐ飽きますよ。選択は正解です。

投稿: masa | 2006.01.19 00:00

そうなんですよーアダプタつけた時点でもうデカイ。
ファインダーは恐らくパンフォーカスのモードがあって、それで
使うんじゃないでしょうかね?これまた、ポッケに入らない系
アイテムですが。まぁ撮る気にさせてくれますわね~

投稿: まこ | 2006.01.19 09:57

まこ殿
いや、そうとは限らないみたい。
AFでファインダー使う人もいるみたい。
それってちょっと怖いよね。
ものすごくキレイに見えるファインダーなのですが、
ポケットに入らないってのは、オレにはやはり問題。
しかし面白そうなおもちゃであることにはちがいないのだ。

投稿: masa | 2006.01.20 01:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 象が踏んでも壊れない:

« 既に予約で一杯とか | トップページ | モスクワはマイナス50℃らしい »

目次とページング