« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月の10件の記事

2005.10.29

10月なのに

IMGP4768-s
PENTAX *ist D  smcPENTAX DA14F2.8ED  1/90 F4 

明日の土曜日は どうやらまた雨のようですね。
これで10月の土曜日は5回中4回が雨だったことになります。
10月って、天気いいはずじゃありませんでしたっけ?

そんな雨の中、明日はなんと、キャンプに行ってしまうのであります。
キャンプ、実は春先に行って以来なので、今年まだ2回目?なのであります。
いやいやいや、いつの間にかそんなに時間が経ってしまったんだな~。 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.10.25

ピットは遠ざかった

IMGP2072-s
PENTAX *ist D  smcPENTAX DA14 F2.8ED  F2.8 0.3秒

昨日撮った写真の現像を、今回はヨドバシに出してみた。
帰り道に出来上がりを受け取りに行ったのだが、
駅を出てから早足で歩き、受け取りを済ませて駅に戻ってきたら、なんと10分かかった。
は~、なんてめんどくさんだ!
先日つぶれてしまった駅構内のDPEショップなら、ロスタイムは1~2分で済んだのに。
でもおそらく、当分はここを使うことになると思う。仕方がないかな。

昨日、良い天気の中を一日中散歩してまわれたことが、
自分としてもよほど楽しかったのだろうか。今日は一日中その余韻が残っていた。
次の週末も、是非晴れてほしいものだっ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.10.23

晴れましたね

asakusa_3-s
CONTAX G2  Carl Zeiss Hologon16mm F8(固定) AE -0.3  RDPⅢ

頭にくるほど不順で
頭にくるほど雨ばっかりだったバカ天気サイクルから、
どうやら脱出できたのでしょうか?

昨日も変てこりんな天気でイライラしてましたが、
今日は久しぶりにざまあみろってくらい快晴でしたね。
カメラを持って街をフラフラってのも久しぶりだったもんで、大いに歩いてしまいました。
一人で表参道あたりを散歩してたら、秋真っ只中だな~としみじみ思いました。
そう、雨ばかり降ってる間に着実に涼しくなってたことに、気づかなかったのです。

カメラ持ってお散歩。ただひたすらにフラフラ。
これこそが楽しいのだ。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005.10.18

31年ぶりの歓喜

136_bonnierx_t9-s
CONTAX T2 CarlZeiss Sonnar T*38mmF2.8 AE  RVP100

連日に渡るスキャン作業とページ作成作業から解放された途端、
今日は何をしていいのかわからなくなってしまい、なんだか困ってしまいました。
不思議なもんです。やってる時は大変だとしか思ってなかったのに、
妙なやりがいみたいなものを感じていたのかもしれません。
その作業の成果を、是非ご覧になってください。今年の夏のフランス旅行写真です。


ロッテが優勝しましたね。
なぜかものすごく嬉しいです。
ここ数年、気がつくとロッテを応援していました。ちょっと涙が出ました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005.10.16

フランスの写真

12_bonnierx_5-s
PENTAX LX  smcPENTAX A50mmF1.4  F8 AE +0.3  RDPⅢ    フランス プロヴァンス地方 ボニュー村(Bonnieux)

今年(2005年)の夏に行ったフランス旅行の写真をようやくまとめましたので、
よろしければ是非ご覧になってください。 
http://www.ne.jp/asahi/carahan/quasar/photo/photo.htm
(シュバルの理想郷の写真は「ここ」「ここ」に何枚か入っています)

何故か最近妙にフィルム写真が撮りたくて、今回のフランス旅行もメインはフィルムでした。
おかげでホームページ用のスキャンにはものすごく時間がかかってしまいました。
(新型でスピードの速いフィルムスキャナーが欲しい!^^;)
しかしやはり、フィルムの独特の描写というのは、たまらないものがあります。
その場で結果がわからないので、一生懸命考えながら撮るという行為も、楽しいものです。
 PENTAX LX
 CONTAX G2(Hologon専用)
 CONTAX T2
今回はこの3台がメイン機でした。その他にデジカメも持っていってますが、そちらの写真も
いずれ載せたいと思ってます。

この写真のおばあちゃん、坂道の途中にあるこの場所にいつも座ってて、一人で歌を歌ってました。
通りかかるとニコッと笑って「Bonjour! Bonjour!」と早口で言います。必ず2回言います。
その早口のボンジューボンジュー!が、今でもとっても印象に残ってます。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005.10.12

秋風

151_gevene_t9-s
CONTAX T2 CarlZeiss Sonnar T*38mmF2.8 AE  RDPⅢ

夏の旅行に出かける前くらいから、肩と腕が痛かったのだが、
またそれが再発してきた。旅行中はなんともなかったということは、パソコンが原因?
これって腱鞘炎ってヤツなんだろうか?ヒジの上のあたりと背中の肩の骨あたりが痛い。
キーボード打つのが下手なんだろうか?あ~つらいよ。誰か他にも似たような症状の人、いませんか?

ジュネーブは寒かったです。9月20日前後で既にコート着てる人が多数いました。
風が強くて、空もどんより曇ってて、ダウンが欲しくなるような切ない気分。
あ~、夏は終わったんだな~、と感じたひと時でした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005.10.11

どこにも行けない

138_menerbes_t1-s
CONTAX T2 CarlZeiss Sonnar T*38mmF2.8 RVP100

何のための3連休?一体この天候は何なんだ!?極めて腹が立つ。
仕方なく、テレビを見て、フィルムの整理をして、買い物して、ゴロゴロする。
現段階での予報によると、次の土日も天気が悪いらしい。アホか。
あああ、あんまり腹が立ったので投げやりになってしまいまいた。失礼。

ところで、F1見に行ってきました。
貧乏人なので、決勝は見てません。金曜日のフリー走行ってヤツだけです。
いや~、しかしやっぱりF1はイイ!あのサウンドには心から痺れる!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.10.06

現像ボヘミアン

IMGP9577-s
PENTAX *ist D Carl Zeiss Jena Flektogon 20mm F4  1/125 F4.5

このレンズ、まだまだ使い始めて日が浅いので詳しくわかるまでいってないのですが、
どうも開放側の方が結果が良いみたいです。濃厚で、ボワーンとした感じのボケがイイ。
(でもこれはボケじゃなくてピンボケですね。失礼しました^^:)

昨日のコメントでいつも使っているキオスクの写真屋さんがつぶれちまった話をしましたが、
この先利用すべき新たな店を求めて昨日から街をさまよってます。
記憶によれば新宿駅構内に他にも店があったので、中央連絡通路へ行ってみると、
実はここも全く同じ系列のショップだったらしく、ショッキングな閉店の張り紙をこちらでも発見してしまいました。
仕方なく今日は会社のある駅でフィルムを出しましたが、ここはできあがりが遅いんです。
朝一番で出しても、受け取れるのは翌日のお昼以降。あ~もどかしい。
それに会社のある駅だと、うっかり受け取りを忘れてしまうことも多く、それが週末だったりすると、
翌週まで写真が見られないというバカバカしい思いをしなくてはいけません。

こうなると、新宿西口のカメラのキタムラを利用する線が濃厚になってきます。
リバーサル現像90分。いや、そこまで速くなくてもいいんだけどな・・・でもこれが標準仕上がり時間なのだ。
しかし一旦駅から外へ出てフィルムを現像に出して、それからまた駅に戻るなんて、
そんな朝の余裕がオレに持てるのだろうか?
先行きがブルーになってきた・・・

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005.10.04

写真屋が消えた

road_2-s
CONTAX G2  Carl Zeiss Hologon T*16mmF8 RVP100

新宿駅構内にある写真現像店。
乗り換えの時に写真を出せば、通勤時のタイムロス僅かに1分で現像に出せるので、とても便利。
メインはデジカメプリントとネガの同時プリントなので、リバーサルの取次ぎに出してるオレみたいな
客は少なかったと思う。あんまり頻繁に通っていたら、遂には名前を覚えられてしまった。
店に顔を出すと、注文書にはオレの名前が自動的に記入された。ちょっと嬉しかった。

今朝フィルムを出そうと思ったら、なんと店がつぶれてた。
一体何が起きたんだ!?一瞬状況を理解できなかった。
張り紙には、9月末で閉店したこと以外には、特に何も書いてない。
24枚撮り1本500円の店は近くに他にないんだよ。
朝出して夕方出来上がる店は近くに他にないんだよ。
困るじゃないか!オレはこれからどうしたらいいんだ!

フィルムカメラの製造会社が減り、フィルムメーカーも減り、遂には店舗も減っていく。
無くなることはないと思うけど、今よりも不便になったり、値段が上がったりするんだろうか。
写真愛好家受難の時代です。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005.10.01

ザ・ベストテン

tower_pocari-s
CONTAX G2  Carl Zeiss Hologon T*16mmF8 絞り優先AE F8(固定) -0.3EV  RVP100

エッフェル塔。
というのはウソ。我らが東京タワーである(今日はフランス写真じゃないのだ)。
タワーの下を通りかかったとき、修学旅行生達の指差す先の空に、偶然描かれた飛行機雲の絵文字。
空でAEロック、マイナス0.3補正。この時何故だかうまく撮れる自信があって、この1枚しか撮らなかった。
思えばHologonを手に入れてから、初めて思い通りに撮れた1枚だったかもしれない。
それほどにこのレンズは難しい。なのにとてつもなく魅力的なヤツ。

久しぶりにボーっとテレビを見ていたら、あの「ザ・ベストテン」を振り返る番組をやっていた。
懐かしいアイドル達の姿や、大好きな松山千春の姿に、オレは しばし見入ってしまった。
でも、一番印象的だったのは、若き日の久米宏。
オレは久米さんの司会が好きだったな~。
久米さんに最も似合う一言は「スマート」だと思う。
新人でもベテラン歌手でもお笑い芸人でも、誰を相手にしても、実に自然体で、
だから見ている方も、安心して見ていられた。
時に深刻になってしまうようなシーンがあっても、それを笑い飛ばしてしまえる力があった。
ベストテンを降板するとき、どういうわけか、最終回で黒柳徹子とダンスを踊るという演出があったのだが、
一種異様な雰囲気の照れくさいシーンだったのに、結局はいつもの笑顔で切り抜けてしまった。
この時のことはよくおぼえている。

それからもう20年近く経ったのか。
その後突っ走りつづけて遂に引退した久米さんと、
今日が定年退職の日だというベストテンの元プロデューサーを見ていたら、
オレもがんばらなきゃな~と、なんだか妙に感じ入ってしまった。
う~ん、今日のこの感じは、一体何なんだろう?(まとまらなかった・・・)

| | コメント (7) | トラックバック (1)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

目次とページング