« 南仏 夏の旅 | トップページ | 迷ってはいけない »

2005.09.28

旅のカメラ

21_bonnierx_14_s
PENTAX LX  Zeiss Jena Flektogon 20mm F4  RDPⅢ

今回の旅では、どのカメラを持っていくべきかについて、さんざん悩みまくった。
悩んだ挙げ句、結局手当たり次第にたくさん持っていってしまったのだが、これがいけなかった。
自分は迷いの多い人間なんだから 一つのことしかできないくせに、
そんなにたくさん道具を持ってても使いこなせるわけがないのだ。

そんなことを思いつつ、帰ってからは反省の日々を送っていたのだが、
会社帰りに新宿のカメラやで衝動買いした「旅するカメラ」(枻出版 渡部さとる著)という本を読んでたら、
思わずムハハハと笑ってしまった。要約すると、
「旅に持っていくカメラは基本的に1台。その禁を破ると、バッグの中は多数のカメラとレンズに支配され、
旅してるのか荷物運びなのかわからなくなり、盗難を気にして目つきは険しくなってくる・・・」
まえがきの部分にいきなりこれがあったので、もう一発でこの本が気に入ってしまった。
これを読んだだけで、なんだか妙に愉快な気分になれた。
また写真が撮りたくなってきた。

|

« 南仏 夏の旅 | トップページ | 迷ってはいけない »

Cameraのはなし」カテゴリの記事

PENTAX LX」カテゴリの記事

フランス France」カテゴリの記事

旅の写真 journey」カテゴリの記事

コメント

masaさんのエントリは欠かさず見せてもらっていますが、不覚にもLXの存在に
気付きませんでした。上の写真はG2にホロゴンかしら?と思っていたら!
しかも独逸ねじ式!
倫敦からもLX+ねじ使いの名匠がご帰国なので、こりゃあたのしいです。

僕も渡部さんの本は発刊当時から見つけて愛読しています。
この間、写真展でサインをいただきました。
ここんちの出版社の本はいろいろ刺激してくれてある意味怖いですよ (^^;
毎月10日が文庫の発売日だったと思いますです。

投稿: Eltoro | 2005.09.28 06:43

その本、出発の前に出会えていればよかったですねぇ(笑)。
私の場合、迷った時は閣下の意見を仰ぐというのが1つの手。
ワハハハハ。いーんです。
この写真は、少し山の方に入ったところなんでしょうか?
おお、お仏蘭西にも猫がいる・・・何となく感動。
「石畳の匂い」って好きなんですよ。
ちなみに、ワインは美味しかったですか?それとも、ビール・・・?

投稿: フォワ | 2005.09.28 15:45

お久しぶりです。
旬の南仏に行かれたのですね。
最近、南仏モドキの家や町並みを日本でも見るようになって来ましたが、やっぱり本物にはかなわないでしょうね~。
水中写真をやってた頃は、旅に十数kgの撮影機材を持ち歩いてたのですが、いつも死にそうでした。

投稿: ジロー | 2005.09.28 17:25

ELTOROさん
実は新しく手に入れたんですよ^^;
いつもそうなんですが、新しい機械を手に入れて、
さあブログでお披露目しよ~と思いつつも、
私が無精なもんで、結局そのままずるずると・・・
ってパターンが多いんですよ。いけませんね。
いずれ改めて紹介いたします、私の相棒を。
ところで倫敦のあの方は、帰国中なのですか?
もしかしてオフミでもするんでしょうか?^^
そしてELTOROさんも、例の本を読んでたんですね。
あの出版社のお陰で、私はバイクと車とカメラを買わされました(笑)。


フォワさん
そうそう、そうなんですよ、出かける前に読んでおけば・・・^^;
でもね、失敗したおかげでいろいろ学べましたよ。
この場所は、そうですね、山の中にある小さな街ですね。
高台の上にあって、見晴らしがいいです。
石畳っていいですよね~。
ワイン、大変おいしいです。でもビールは やはりキリンです!^^;


ジローさん
ごぶさたしてます!遊びに来ていただきありがとうございます^^
南仏もどきの街並み、日本にも出現してるんですか?なるほど。
しかしフランスって、どこへ行っても全てあの調子ですから、
ホントかないませんよね。
水中写真ですか。あのスバラシイ色合いを撮れるのなら、
苦労して重たい荷物も持てるのかもしれないですね。
しかし数十キロか~(オレにはできるのかな^^;)

投稿: masa | 2005.09.29 01:32

おお!LXですね。
それもねじ式20mm! F4!シマシマのやつでしょうか。アレはカッコいいです。
南仏は結局、行きそびれてしまっているんですが、ラテンの国々はどこも
食い物は旨いし、ワインも良いし、物価も比較的安いので、好きです。

ええ、僕は今日、日本に帰国しました。
自分としては、ちょっと写真ライフ的に新局面か、という状況です。
まずは新橋や新宿、中野あたりのお店を歩き回ってみようかなと。

投稿: TEZ | 2005.09.29 06:54

あれ、フレクトゴン、それも20mmもお持ちでしたか~
ずいぶん近寄ってますがこのネコちゃん。日向ぼっこですねぇ~
カワイイ~

投稿: まこ | 2005.09.29 18:28

お帰りなさいませ。
フランスの旅だったのですね~。
うらやましい。
猫ちゃんも建物もとても良い色です。

「旅するカメラ」の一節、
個人的にもズキッときますね。

投稿: pogetaro | 2005.09.29 21:32

TEZさん
おかえりなさい・・・っていうか、帰ってきたんですね!そうでしたか。
みなさんにいろいろ影響を受けながら、私もいつしかLX!でした^^;
シマシマくんも、TEZさんにいろいろ教わりまして、ありがとうございました。
TEZさんの写真新局面とは、どんな局面なんでしょうね?
楽しみにしていますよ。


まこさま
明日を楽しみにしておりまする^^
猫が撮れるといいな~。


POGETAROさま
お越しいただきありがとうございます~^^
意を決して遠い国まで行ってしまいました。楽しかったー。
旅するカメラの件は、まだまだ解決できない私の楽しい悩みです^^

投稿: masa | 2005.10.01 00:30

フランス旅行満喫されたようで、なによりです(^-^)
パースと影がついているせいか、最初見た時断崖の上の
建物のすみにいるのかと思いました(^^;
なんだか目が開き気味でのぺ~っとした面白い顔の猫ですね。

レンズ色々持ってってしまうのよくわかります(^^;
実際使わないんですが、ついついあれもこれもと入れていきたくなるんですよね。
枻出版 の本、サイズ的にも上着のポッケに入るくらいで丁度いいですよね。
「往年のペンタックスカメラ図鑑」が今もPCの横に置いてあるんですが、
パラッとめくるとわかる巻末のレンズ一覧がとても便利。
オクとかの出物のスペックの確認がすぐにできるのがいいっす(笑)

投稿: みけ | 2005.10.04 01:03

みけさま
お越しいただきどうもです^^
ちょうど目を閉じた時に撮っちゃったんですね。
路地裏だと、影が出てる場面も多くて、なかなか大変です^^;

滅多に行かない海外旅行なんて、もう舞い上がっちゃって、
今使わなくていつ使うんだ!とか思っちゃって、
もう荷物が重くて大変でした(汗)。
お、ペンタックスカメラ図鑑、そりゃ楽しそうですね。明日見てみよう^^

投稿: masa | 2005.10.05 00:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60034/6152166

この記事へのトラックバック一覧です: 旅のカメラ:

« 南仏 夏の旅 | トップページ | 迷ってはいけない »

目次とページング