« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

2005年1月の17件の記事

2005.01.30

それでも愛いヤツ

IMGP6541-s
PENTAX *ist D  smcPENTAX DA18-55  1/4秒 F3.5

カメラを持ち歩いているのに1枚も撮らない日というのが稀に存在する。
別に理由は無いけど、なんとなく撮る気がしない時もあるのだ。
そういう日は、肩から提げているバッグがずしりと重く感じる。
何が重いのかな?と中身を見ても、別段余計なものが入っているわけでもない。
*ist D本体とDA14、折りたたみの傘、PRO-mini (携帯用の超小型三脚)、文庫本が一冊、
交換レンズなんて、FA35とM40mmしか入っていないのだ。
これで重たいなんて言っていたら、キャノンユーザーあたりに笑われてしまいそう・・・

カメラ屋に入って、なんとなくEOS 20Dなんて手に取ってみると、
持っているだけで落っことしそうな不安にかられてしまう。ああ、オレってばPENTAXで精一杯だ。
しかしそれにしても、キャノンの驚速AFにはぶったまげちまう。速い、速い。
昨日なんて、居酒屋でちょっと写真でも撮ってみようかなと思ったら、
オレの*ist Dだとさっぱりピントが合わない。合わない=シャッター切れないのだ。
これが20Dだったら、何の苦もなくスイスイスイ~と撮れてしまうんだろな。
でも、そんな不自由さも含めて、かわいいのだ、ペンタさまは。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005.01.29

通勤快速な音楽

IMGP6475-s
PENTAX *ist D  smcPENTAX DA14 F2.8ED  1/60 F2.8

最近ウォークマン用のヘッドホンを“インナーイヤー型”というのに変えてからというもの、音質が激変した。
インナーイヤー型っていうのは、まぁ昔でいえば「イヤホン」みないな感じ。ようするに耳に突っ込むタイプ。
「こんなの使って耳が悪くなるんじゃないかな」と最初は思ったけど、使ってみると別段不安は感じない。

インナーイヤー型のメリットは、まず、周囲の騒音がものすごく低減されるということ。
例えば電車の中みたいにうるさい場所でも、静かな音楽が聴けるのです。これは画期的。
(耳に完全にフィットするので、つまりは耳栓みたいな効果があるのだ)
そして次に、低音が非常に豊かに再現されるということ。
ロックのような重低音だけではなく、弦楽器などの低音も、ずしりと腹に響いてくる。

このヘッドホンを使うようになってから、今までとは違うジャンルの音楽を電車で聴けるようになった。
例えばジャズとかクラッシックとか。以前なら騒音でかき消されていた音が、きちんと聴こえるのだ。
最近はこれで、モーツァルトなんて聴いているのだ(ハッハッハ)。これがまた気持ちいいのだ~。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005.01.25

衰亡への道のり

IMGP6542-s
PENTAX *ist D  smcPENTAX DA18-55  1/15秒 F5.6

以前オレが愛用していたキャノンのAPSカメラ、その名も まんま「IXY」 (もしかして初代?)
これを母御前に永久無償貸与していたら、落っことされたらしく、画像が全て歪むようになっちまった。
御前曰く「小さくて軽くて使いやすい」とのことだったので、改めて買ってみようかと思い、中野のF鬼門へ。
新品で買うつもりなど毛頭無いので、当然中古にて物色。
しかし!店員の口から驚くべき発言が。
なんとAPSは世の中から姿を消してしまうかもしれないというのだ。
そんなバカなと思い、詳しく聞いてみると、キャノンは既に新規開発をしておらず、
いずれフィルム自体も入手しにくい状況がやってくるだろうというのだ (しかもそんなに先の話ではないと)。
登場した時は、あれほど画期的と話題になったAPSシステムも、今やそんなことになっているのか。
でもやはり、パソコンを使わない人々にとって、デジタルカメラは殆どメリットも無く、
なおかつ、35mmフィルムをカメラに突っ込むというただそれだけの所作がうまくできない人にとっては、
APSというのはとても便利な仕組みなのだ。それになにより小さい軽い。
そんなわけで、中古なら今や6千円程度で入手できるこのカメラを、やはり買おうかなと思っている。
なんでもかんでもデジタルがいいってわけではないのだ。

しかし銀塩コンパクトカメラって、今や選びにくくなっちまったもんだなぁ。
店頭で新品を見ると、ラインナップが異様に少なくなっているのだ。
これにはちょっと驚いてしまう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005.01.23

まったりと濃く

IMGP6561-s
PENTAX *ist D smcPENTAX DA18-55  1/10秒 F3.5

借り物のDA18-55を本格的に使って、半日ほど遊んでみた。
このレンズ、とにかく軽い。FA35から付け替える時、もしやこのズームの方が軽いのでは?
と思ってしまうほど軽いのだ(調べてみたら実際にはFA35の方が軽かったけど)。
普段全くズームレンズを使っていないので、こうして装着してみると
「なんて便利なんだろう」
と素直に感激してしまう。だって焦点距離が変えられるんだから (あたりまえだなぁ)。
でも、しばらく使っていていると、ワイド端ばっかり使ってて、
ちっとも焦点距離変えてない自分に気がつくのだ (意味無いじゃん!)。
もしかすると今のオレには、FA20くらいの画角が必要なのかなぁ、などと思いつつも、
楽しくてパチパチと撮りつづける。
暗くなってくるとF値が低いのがどうも気になってしまうが、まぁこんなもんだろう。
さて家に帰って画像を見てみたら、いやいやこのレンズ、ホントに色が濃く出るのだ。
特に赤色とか黄色とかが強調されて、全体的にマイナス補正したような濃い色合い。
画面上に占める黒い部分の割合が、非常に増える気がする。

レンズを変えただけでこんなにも写り方が変わるなんて、ホントにびっくりな発見だった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.01.18

晴れたらいいな

IMGP6240-s
PENTAX *ist D  smcPENTAX M40mmF2.8   1/125  F4

今日も良い天気。この前の週末2日間はなんだったの?と思ってしまう。
せっかく新しいレンズを買った人々も、これじゃあかわいそう。

昼メシはふくしんの中華丼。ちょっとハマル味だった。暫く通っちまう予感。

DA40mmの話題で持ちきりで悔しいので、対抗上M40mmで闘ってみる。
どうやらリミパンは、ぼけっぷりがいいらしい。うらやまである。
今週末こそ、良い天気で晴れて欲しい。ぶらぶら歩きをしてみたいぞ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.01.17

電車で読書

IMGP6361-s
PENTAX *ist D smcPENTAX DA14 F2.8ED  1/20 F4.5

仕事の移動中、電車内で本を読んでいると、
「このままずーっと本を読みながら終点まで行ってしまいたい」
そういう衝動に駆られることがある。
ストーリーが盛り上がってきてさあこれから!なんて時はなおさら。
月曜日の朝調子が悪くてでやる気が出ない時なんて、
今日こそ本気で実行しちまうか?
と思ってしまう。しかし実際にはできないのである(泣)。
最近またしても時代モノにはまっている。
行き帰りの電車内が、楽しくて仕方がないのだ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005.01.16

さらば少年

IMGP6370-s
PENTAX *ist D  smcPENTAX DA14 F2.8ED  1/10 F2.8 (銀座)

我がツーリング仲間、「チーム文句」のメンバーである通称“少年”が、
はるばるニューヨークから年末に日本へ帰ってきた。
“少年”というニックネームがそろそろ似合わなくなってきた25才の少年は、
1年間のアメリカ暮らしで一層たくましく、生意気な理屈っぽさにも一層磨きが
かかってきやがった!チーム文句のメンバーである通称“あんちゃん”とオレは、
帰ってきた少年にしこたまお酒を飲ませて歓迎した。
しかし少年は、酒を飲むと夜10時には確実に寝てしまうのだ。
それだけは、アメリカに行こうと何処へ行こうと変わらなかった。
寝るの早すぎるよ少年!なんとかなんねぇのかよ!
そして少年は、仙台での半月の休暇を満喫した後、夕べ東京へやってきて、
最後の晩餐を楽しんだ後、またしてもアメリカへ帰っていっちまった。
アメリカで飲み仲間も見つからず、話し相手の女の子も居ない、と愚痴りつつ、
「早く日本に帰ってお酒飲みたいよ~」
なんて言ってたけれど、半月の間で少しはリフレッシュできたのか?少年よ。
しかしがんばっているのだな、こっちもがんばらなくてはな、などと思うのだ。
また次に帰ってきたときには、さらにグレードアップした生意気さ加減で
我々を楽しませてもらおうか。そしてそのときには、せめて夜の11時までは
つきあってもらうぜ!寒いニューヨークでまたしてもがんばってくれや。
じゃあまたな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.13

こころゆくまで

IMGP6455-s
PENTAX *ist D  smcPENTAX DA14 F2.8ED  1/6 F2.8
飲んだらやっぱり、お茶漬けですな。

う~ん、なんかこう、たくさんお酒飲みたい今日この頃。
バカ話しながら、大声あげながら、そして最後はカラオケとか行って。
そんな発散が欲しいと思う、今日このごろなのさっ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.01.10

華やかに暮れて

IMGP6442-s
PENTAX *ist D  smcPENTAX DA14 F2.8ED  1/10 F2.8 ISO400

大好きな銀座に行って、フラフラしてみました。
日曜日の銀座なんて滅多に行かないので、歩行者天国なんてやっていてびっくりしました。
これは実にスバラシイ催しではないですか。道の真ん中から写真が撮れるなんて。

しかし寒気の襲来で、お江戸はここ数日猛烈な寒さです。
歩いて写真撮ってるだけでも辛いツライ^^;
あまりにも辛くなってきたので、これを撮った直後に地下へ退避。
そのまま有楽町方面までヌクヌクと歩き、地上に出てから最短距離でビックカメラへ。
そこで買い物なんぞしながら、ようやく暖をとったのでありました^^。

PS:先日のオフ会で同席させていただいた我が友 「小龍包 (ショーロンポー)」が、
   ようやくブログを開始しました。買ったばかりの*ist Dsで悪戦苦闘中する様子
   を、是非ともみなさん見守ってやってください!よろしくおねがいしま~すっ^^
   http://ojamasama.cocolog-nifty.com/maido/

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005.01.09

真冬の活動

IMGP6282-s
PENTAX *ist D  smcPENTAX M 40mmF2.8  1/125秒 F4 ISO400 

毎日寒いですね。

おそらくこれが平年並みの気温なんでしょうが、年末まではずっと暖かかったので、
ちょっとこの寒さにはマイってます。
こんな時期、カメラを片手に外をフラフラしていると、体が冷え切ってしまって、
写真を撮るどころではなくなっちまうことがあります。
そんな時、オレの場合は早々に居酒屋へ避難・・・なんてこともあるわけですが^^;、
他のみなさんは、がんばって撮ってますよね~。
オレが寒がりなのか、他のみなさんがガンバリやさんなのか、それはわかりませんが、
しかしどうすればこの季節を乗り切れるんでしょうね?(オレ寒さに弱いんだよね~)

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2005.01.06

カンレンセイ考察

IMGP6204-s
PENTAX *ist D  smcPENTAX DA14 F2.8ED  1/8秒 F2.8

私のこのBlogは、
写真と文章に関連性がないことが多いので (というよりほとんどかも・・・^^;;)
時々みなさんに誤解を与えてしまうことがありますね。。
昨日のページも、書いてある内容は新橋なんですが、
写真は思いっきり六本木ヒルズでした。ごめんなさいっ^^;
(FUKUZOさん、間違えちゃいましたよね?スミマセン)

昨日の場合は、当初 「新橋でAランチを」ってタイトルだったんですが、
タイトルと写真の場所が違うっていうのは、さすがにおかしいかなと思ったので、
苦し紛れにポンヌフなんてタイトルにしてみました。ムフフ。

・・・でも、たぶん今後もこのままだと思います。
その辺ご承知置きの上、お付き合いくださいませ (開き直るな~!f(+_+)☆\(-_-#)バキ)。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005.01.05

ポンヌフでAランチを

IMGP6208-s
PENTAX *ist D  smcPENTAX DA14 F2.8ED  10秒 F8  ISO400

10年来の付き合いになるお客さんのT氏と、新橋でヒルメシを食う。
T氏に会うのは3年ぶりくらいなのに、一瞬にして昔どおりの打ち解けた雰囲気となり、
あれやこれやで話に花が咲いた。
いやいやいや、時間が経つのはホントに速いもの。
一緒にマレーシアへ行って工場見学したり、夜中にビール飲んでフラフラしていたのに、
もうそれから10年も経ってしまった。昨日の写真のワーゲンじゃないけれど、
どんどん加速しているのだ、時間が経つスピードが。
コーヒー飲んで近況報告して、それからあっという間にT氏は汐留方面に消えてしまった。
そうか、今や職場も汐留に引っ越してきたのか。
知らない間に、あちこちでいろんな動きがあったのだなぁ。

ちょっと取り残され気味の自分を発見。ヤバイ。早く追いつかないとっ^^;

| | コメント (4) | トラックバック (3)

2005.01.04

加速する赤兜

IMGP6278-s
PENTAX *ist D  smcPENTAX M40mmF2.8   1/30 F2.8 ISO400

ここ最近なぜか自動車の流し撮りにハマッている。
別に理由は無し。
ただひたすら流したいのだ撮りたいのだ!(ひとり興奮)

M40mmをつけて荻窪に行った。
荻窪のカメラのさくらやに用事があったのだ。
せっかく来たからと町中でしばし撮影。
やはり40mmの画角は、町中撮影では(オレには)ちと辛い(35mm版換算で61mm相当)。
しかし、それとは裏腹に、このウキウキした気分は何なんだろう?
パンケーキをつけた*ist Dは、不思議なほどにイトオシイのである。
だからぶらぶらしながら、町中をパチパチ撮って遊んでいた。
おさんぽカメラの原点、ここにあり!・・・なのか?

| | コメント (10) | トラックバック (0)

超あざやかな弟

IMGP6173-s
PENTAX *ist D  smcPENTAX DA14 F2.8ED  1/10 F4.5

写真相棒と共に、六本木ヒルズに行って写真を撮ってみました。
いやいやそれにしても、*ist Dsの 「オートピクチャーモード」って、すごいですね。
びっくりするような色合いになることがある。
Dsとセットで買ったDA18-55というレンズのコントラストが高いことも手伝ってか、
べったりとした色の濃い出来上がりになることがあります。
真横で*ist Dを使って撮った写真と見比べると、あまりにも違うときがあって驚きます。

*ist Dで、18-55とDA14を撮り比べたりしても、相当違う色合いになることがあります。
同じメーカーのレンズなのに、相当違うチューニングをされているんだなぁと思いました。
ま、ズームと短焦点で比較しちゃいけませんけどね。

*ist Dsは、まだまだ試し甲斐のあるカメラです。
う~ん、面白いっ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

それぞれの新年

IMGP6145-s
PENTAX *istD  smcPENTAX DA14 F2.8ED  1/30 F8 

今日から仕事始めという方も多いことでしょう。
私はたまたま5日から仕事なので、もう一日ゆっくりしたいと思ってます。

昨年は、世の中イヤな事件や災害が多すぎました。そして個人的にも良いことが少なかったです。
今年はそんな最悪の状況から脱したいものですよね~。
もちろん、昨年の全てがダメだったというわけではありません。
例えば、このBlogを通じてたくさんの人たちと知り合えたのは、とても嬉しいことの一つです。
そういえば、夏には北海道旅行に行くこともできました。これまた楽しかった。
そして年末には、新しい仕事を見つけられました。だから今年は心機一転です。

職場の場所が変わったので、小さなカメラが欲しいと思ってるんですが、
ちょっと次の給料日まではムリかな~^^;。
もし手に入れたなら、いろいろと付近の様子を写してみたいと思っているのですが。

さ、今年は何が起きるでしょうか。
みなさんにとっても、良い年でありますように。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

PENTAXな宴

IMGP6072-s

敦仔さんが主催する 「PENTAX PEOPLE」のオフ会が、年末に行われました。
PENTAX PEOPLE(以下PP)」とは、PENTAXカメラを愛用する人(またはPENTAXが好きな人)が自由に集い、
それぞれの作品を公開したり、情報交換を行ったりすることができる、素晴らしいネットコミュニティーなのです。
敦仔さんからのありがたきお誘いにより、私もPPの末席を汚しておりますが、
そこに集うみなさんが 「ネット上だけでなく、是非、リアルな忘年会&撮影会をしようではないか!」
ということになり、今回の企画となったわけです。
今さらではありますが^^;、その模様の一部をご紹介したいと思います。

続きを読む "PENTAXな宴"

| | コメント (9) | トラックバック (5)

2005.01.03

謹賀新年

IMGP6227-s

正月休みは心の底からダラダラしています。
すっかり無精になってしまいました。お返事も遅れています。スミマセン。
しかしまぁ、これがオレなのかなって、一人で変な納得をしている私でありました^^;
みなさま、今年も懲りずにお付き合いくださいませ。
どうぞよろしく。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

目次とページング