« 夜景は じっくり | トップページ | 忘年会の季節 »

2004.12.16

スリムなあいつ

IMGP5671-s
PENTAX *ist D  smcPENTAX DA14 F2.8ED  3秒 F4 ISO400

電気屋に行って、電子辞書を見てきた。
昔から かなりの電子辞書好きを自負している。相当デカカッタ頃から使っている。
1号機からずっとSII。1号機はホントにデカカッタ。子供用の弁当箱くらいのサイズだった。
そこから2号機になって、相当なサイズダウンとなった (さっき探してみたら、これはまだ動くようだ)。
そして3号機は実に短命。1年半くらいで、まったく動作しなくなってしまった。
しかし機能もサイズも3号機が最も優れていた。電子辞書ナシの生活も、早1年以上。
遂に4号機が必要になってきたのだが、そろそろ浮気してやろうかと・・・
ソニーのメモリースティックを使った超薄型小型の製品が、ちょっと魅力的。
でもこれは、読み込みが圧倒的に遅い!さすがはメモステ。しかしそれを上回るサイズの魅力がある。
SIIの小型版は、以前に比べてボタンのストロークが短くて、どうも操作しにくい。
どの製品もそうだが、薄型小型が行き過ぎて、操作性に支障が出てしまっている。
・・・ま、そりゃそうか。だってこんなに小さいんだもん。
は~、どれにしようかな~・・・

話は変わりますが、*ist Dって、マニュアルモードなのに露出補正が動くんですね。
なんでかな~、と思ったら、
ハイパーマニュアルでグリーンボタン押した時に機能するんですね。
この前夜景撮ってる時に、はじめて気がつきました。
知らなかったな~^^

|

« 夜景は じっくり | トップページ | 忘年会の季節 »

PENTAX DA 14mm F2.8ED」カテゴリの記事

PENTAX *ist D」カテゴリの記事

夜景・夕景 Night view」カテゴリの記事

コメント

Mモードの露出補正では泣いた事があります。
いつもAvモードで露出補正して撮っている私は、癖で露出補正ボタンを押してしまい、
次の被写体に向けて、ファインダー内の露出表示見て露出をあわせたら、どアンダーになりました。

露出補正と同時にシャッタースピードも連動するので、Mモードの時には判りにくいです。
それ以来ほとんどMモード使っていません。それまでもですが・・・・

投稿: fukuzo | 2004.12.16 09:54

ギンギラギンの夜景もいいけど、
これだけ夜空の空間を入れるって斬新?です。(←勿論ねらってますよね?)
水辺の映り込みが素敵です。
あっ!オレンジに輝いていますね(^・^)

投稿: noe | 2004.12.16 19:45

FUKUZO殿
やはりそうでしたか。
オレは露出補正が押しにくくて面倒なので、
最近殆どハイパーマニュアルです。
時々浮気心でAvモード使ったりして、
その後で露出補正が残っちゃってると大変^^;
電源切ったら補正値ゼロに戻ったらいいのに。
もしくは、D70風に簡易露出補正つけて欲しい。
ファームで対応してくれないかな~


NOEさん
小さい東京タワーってのもいいですよね。
右側のオレンジの光は築地の市場です。
そうだと思う。きっとそうだ。
いや、ちょっと自信ないかな・・・^^;
川のある風景って、ちょっと憧れちゃいます。
下町もいいよね~

投稿: masa | 2004.12.17 01:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60034/2280318

この記事へのトラックバック一覧です: スリムなあいつ:

» 勝鬨橋寒中我慢大会 [掌上都市觸覺]
汐留−勝どき駅はたった二駅の距離。 帰路立ち寄るのも簡単。 思い立ったが吉日。 PENTAX Optio X / 夜景モード 北風ぴいぷうな吉日orz [続きを読む]

受信: 2004.12.17 00:52

« 夜景は じっくり | トップページ | 忘年会の季節 »

目次とページング