« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2004年12月の13件の記事

2004.12.28

クリーミーな味わい

IMGP5843-s
PENTAX *ist D  smcPENTAX M40mmF2.8  1/20秒 F2.8 ISO200

M40mmを持ち出して、まずは試し撮りをしてみました。
はっきり言って、ピントが非常に難しいです^^;。
特に開放付近ではとてもシビアです(まあ当然かもしれませんけど)。
いまさらながら、オートフォーカスの偉大さを痛感しております。
*ist Dのファインダーを持ってしても、なかなか思うところに合ってくれません。

しかし、パチッと合ってくれた時の描写は、とても柔らかくて立体感のある画像です。
コントラストがやや高めのようで、色合いが濃くでますね。
使ってみて思いましたが、40mmって結構望遠寄りですね。
35mmと比べても、かなり画角が違います。
私はいつも広角ばかり使っているもんで^^;、このレンズで何か撮ろうとするたびに、
絶対に後ろに下がらずにはアングルを決められません。
だから、自分としては 「つけっぱなしレンズ」にするには少し辛いかな、と・・・。

二つ目草さん曰く、M40mmの絵の特徴は 「moist & creamy」だそうです。なるほどね~。
二つ目草さんのこちらのページにも、もっと詳しいことが書いてあります。
それにしても、かなり魅力あるレンズです。当分試してみたいと思ってます^^

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2004.12.27

パンケーキ食べる?

Imgp0304-s
PENTAX *ist Ds  smcPENTAX DA18-55AL 1/4秒 F4 W/B Tungsten ISO400 ProgramAE

唐突に私の手元にやってきたこの小さなレンズ。
ああ憧れのパンケーキさま。
頼んでもいないのに「使ってみれば?」と貸してくれたステキな人がいたのです。
でもなぁ、借りたのはオレじゃなくて、オレの友人なんだよなぁ。
それでオレが勝手に使っちゃっていいのかなぁ?・・・・・でもまぁいっか^^;

来年早々にも発売されるDA40mmリミテッド、その試金石としても非常に興味あり。
*ist Dに装着してみたら、もうとにかく小さい軽い!
小型軽量ボディの*ist Dにはベストマッチ。見た目も非常に映えますね。

恥ずかしい話ですが、このレンズを使おうと思って、
わざわざスクリューマウント用のアダプターを持っていってしまいました^^;;;
でも、このレンズはスクリューマウントじゃないんです。Kマウントです。
何をどう勘違いしてたんでしょうか。タハタハ。
とにかくしばらくの間、こっそりこのレンズをお借りしちゃおうかと・・・^^;
(ちなみに上の写真は友人が買ったばかりの*ist Dsで撮りました~)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2004.12.25

年末ですね

IMGP5976-s
PENTAX *ist D  smcPENTAX-M 40mmF2.8  0.3秒 F:forgot ISO400

なんだかワサワサしていて他の人のページへちっとも遊びに行けてません。
本当は一日中家にこもって、ず~っとインターネットしていたいんですが、
なんか最近そういうふうにできなくて、気持ちがすさみそうです^^;
時間をつくって、年末はだら~っとしたいと思います。
書き込みに来てくださる方にちっともお返事できていないのがとても辛いです。
それでも懲りずに見に来てくださる方、ホントにありがとうございます。
もう少し待ってくださいませ。いろいろと書きたいこともあるんですよ、はい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.12.22

放置されたVelvia

IMGP5777-s
PENTAX *ist D  smcPENTAX DA14 F2.8ED  1/15 F2.8  ISO400

夏の北海道のフィルム、なんとまだ現像に出していないのだ。
GR-1の中には、取り出してないフィルムが入りっぱなしになってる。
フィルムスキャナーもホコリをかぶり・・・
そういえば最近、プリントもしてないな~。
自戒の意味も込めて、こんどはこのカメラでも借りて久々にフィルム使おうかな。
このカメラの持ち主は、当分*ist Dsに夢中だと思うから。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.12.21

初めて写すなら

IMGP5744-s
PENTAX *ist D  smcPENTAX DA14 F2.8ED  1/2秒 F4.5 ISO400

ここ数年の街のイルミネーションは、
青色&白色発光ダイオードのおかげで、今までに見たこともなかったような華やかさ。
この1~2年で、ライトアップ技術が一気に30年分くらい進化したように感じてしまう。
それほど革命的な新素材なのだ。

ところで私の友人が、遂に*ist Dsを手に入れました!
こんどの休みに初撮影に行くので、今から楽しみにしています。
さんざん悩んだ末に、初心者なので、軽さを優先して18-55のセットにしてみました。
そして目下最大の悩みは、「最初のロケ地をどこにするか」ということ。
こんなとき、他のみなさんだったら、どういうところに行くんでしょうか?
は~、難しい・・・^^;

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2004.12.17

忘年会の季節

IMGP5628-s
PENTAX *ist D  smcPENTAX FA35 F2AL  1/20 F2.4 ISO1600

本物の飲み屋街ではありません。
池袋の某テーマパーク内にあるセットです。
半分バカにしながら入りましたが、予想外に楽しめました。

本物の酔っ払いではありません。やらせです^^;
モデルはあんちゃんです。
本物ではないので、見苦しいものも写っていませんからご安心を。
(っていうか、一眼で撮るような写真じゃないのかもね^^;)
どうもあんちゃんとフラフラしていると、やらせ写真を撮ってしまうことが多いのです。イケマセンなぁ^^;

いよいよ残りわずかになってきましたね。
オレも明日は忘年会だ~。

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2004.12.16

スリムなあいつ

IMGP5671-s
PENTAX *ist D  smcPENTAX DA14 F2.8ED  3秒 F4 ISO400

電気屋に行って、電子辞書を見てきた。
昔から かなりの電子辞書好きを自負している。相当デカカッタ頃から使っている。
1号機からずっとSII。1号機はホントにデカカッタ。子供用の弁当箱くらいのサイズだった。
そこから2号機になって、相当なサイズダウンとなった (さっき探してみたら、これはまだ動くようだ)。
そして3号機は実に短命。1年半くらいで、まったく動作しなくなってしまった。
しかし機能もサイズも3号機が最も優れていた。電子辞書ナシの生活も、早1年以上。
遂に4号機が必要になってきたのだが、そろそろ浮気してやろうかと・・・
ソニーのメモリースティックを使った超薄型小型の製品が、ちょっと魅力的。
でもこれは、読み込みが圧倒的に遅い!さすがはメモステ。しかしそれを上回るサイズの魅力がある。
SIIの小型版は、以前に比べてボタンのストロークが短くて、どうも操作しにくい。
どの製品もそうだが、薄型小型が行き過ぎて、操作性に支障が出てしまっている。
・・・ま、そりゃそうか。だってこんなに小さいんだもん。
は~、どれにしようかな~・・・

話は変わりますが、*ist Dって、マニュアルモードなのに露出補正が動くんですね。
なんでかな~、と思ったら、
ハイパーマニュアルでグリーンボタン押した時に機能するんですね。
この前夜景撮ってる時に、はじめて気がつきました。
知らなかったな~^^

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2004.12.14

夜景は じっくり

IMGP5666-s
PENTAX *ist D  smcPENTAX FA35 F2AL  6秒 F4 ISO400 WB AUTO

夜景つながりということで、Yanさまの「街角イルミネat新宿高島屋」にトラックバック!

土曜日に引越しの手伝いなんてしてしまったおかげで、すっかり更新が滞ってしまいました。
お返事遅れてみなさんごめんなさい。
引越しが結構ハードで、疲れました。そして今日の仕事も疲れました。
う~ん、月曜だけど既に休みたい^^;

先週久しぶりに車に乗ったので、あっちこっち走り回って夜景を撮りましたが、
あれもこれもと欲張ったせいか、どうも出来具合が今一歩でした。
やはりある程度じっくり腰をすえて撮らないと、イケマセンネ。タイミング待ったりすることも必要。
写真はのんびり撮るべきと再認識。しかし寒くてのんびりできなかったのが現実^^;

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2004.12.09

天ぷらそば

IMGP4904-s
PENTAX *ist D  smcPENTAX DA14 F2.8ED  1/125 F3.5

今日のヒルメシは天ぷらそばとおにぎり。
ちょっと少ないかな、と思ったけれど、少ないくらいが案外とちょうどよくて、
午後は妙に好調だった。
いつもガッチリ食べてしまうのだけれど、そうすると午後の動きが鈍くなる。
このくらいの量の方が、内蔵負担も少なくて、体にイイのかもしれない。

そういえば、断食健康法ってのがあるけれど、
あれは効き目があるのだろうか?やる勇気も時間もないけれど、ちょっと興味はある。


| | コメント (7) | トラックバック (1)

2004.12.08

立ち読み大魔王

IMGP5207-s.JPG
PENTAX *ist D  TAMRON SP AF90 F2.8 MACRO  1/60 F3.5 ISO400

今日は珍しく仕事に空き時間ができたので、しばし本屋に入って至福の休憩タイム。

パーフェクト・レンズ・ガイド Canon EF Lens (ソフトバンクパブリッシング) 
という本 (雑誌)があって、最近よくこれを立ち読みしている。
EFレンズの本なんて読んでどうすんだ?!と言われてしまいそうだが、
キャノンユーザでなくても、カメラ好きならこの本は十分楽しめる。
全てのEFレンズ作例と、その他の主なサードパーティーレンズの作例が載っているのだ。

その作例が実にスバラシイ。
オレがキャノンユーザーだったら、間違いなくこの本買っちゃうんだろうな、と思う。
(ちなみにこの本2,700円もするのだ!)
キャノンユーザは、こういうすげぇレンズ群が使えるのかと思うと、ホントうらやましい。
しかし!しかし!EFレンズはやっぱり高い!そして重量が重たい!
そこへいくと、PENTAXのレンズ群は、リーズナブル!そして軽い!
と、改めて実感するのであった。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2004.12.07

晩秋の公園

IMGP5140-s.JPG
PENTAX *ist D  TAMRON SP AF90 F2.8 MACRO  1/180 F4.0  ISO400

PENTAX PEOPLEトラックバック企画に今ごろ初参加!(遅っ)
そしてそして、Nikon D70だけでは飽き足らず、遂にPENTAX *ist D (Dsではありませんよ)を購入された
うなむさんを祝してトラックバックです!*ist D、バンザイ!

遂に冬ですね。
っていうか、もう12月なんだよね。
今年は気温が高かったから、秋が長かった。
そして地震とか台風とかたくさんあって、季節なんて感じているヒマが無かったんですかね?

ボーナス時期もあってか、休日のカメラ店は異常な混雑ぶりです。
私の友人、*ist Dsを買うことになるのやら、ならないのやら・・・
それ以前に、家のパソコンがWindows 98だったことが発覚し、パソコン買い換えないと使えない!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2004.12.04

小さな実力派

IMGP3330-s.JPG
PENTAX *ist D  smcPENTAX FA35 F2AL  1/2000 F2.8 

私の初めての短焦点は、タムロンの90mmマクロでした。
なんとなくズームレンズばかり使っていた私にとって、短焦点による描写との出会いは、本当に驚きでした。
そして次に手に入れた短焦点が、このFA35だったのです 。
昔からこのプラスチッキーな外装を見るにつけ 「安っぽいな~」と思っていましたが、
しかし使ってみるとちっとも気になりません。むしろこれで安くつくれるのなら、それはメーカーの良心なのかと・・・

これを手に入れようと思った頃は、かなりあちこち探し回ったわけです。
その当時、新品はメーカー在庫切れの状態で、
おそらく*ist Dユーザが標準レンズとして買い漁った結果だったのでしょう (それは今も同じかな)。
中古もなかなか見つからなくて、ようやく見つかった時は嬉しかったです。
こんなにスバラシイ描写で、こんなに軽くて小さくて、それでいて2万円前後だったのですから、
やっぱりPENTAXの短焦点ラインナップは楽しいな~、と思うわけであります。
開放F値2.0ってのも、実にもう使いやすくてニコニコなわけですね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2004.12.02

あっという間

IMGP5509-s.JPG
PENTAX *ist D  smcPENTAX DA14 F2.8ED  1/750 F4.5 EV-0.5 PL

喫茶店で友人にバッタリ。
一緒にアルバイトしていたのは もう10年以上も前だと知り、時の流れに愕然。
スーツ着て眼鏡なんてしちゃって、どう見てもフツーのサラリーマン風でおかしかった (別におかしくないんだが)。
どうも時間の経過がどんどん速くなってるようで困る。
この先は更に加速をつけて時間が過ぎていくんだろうな。

仕事中なのに何故か一向に社に戻ろうとしない友人に付き合っているうちに、
いつの間にか昼を過ぎてしまい、明るいうちに写真を撮りに行くというオレの朝の野望は打ち砕かれた。
公園に着いたと思ったら一瞬でもう夕方。あああ~、結局全然撮れなかった・・・

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

目次とページング