« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

2004年11月の20件の記事

2004.11.30

16-45 vs 18-45

IMGP5462-s.JPG
PENTAX *ist D smcPENTAX DA14 F2.8ED  1/2 F3.5 ISO400  PRO-MINI 使用

川崎で写真を撮ったのも生まれて初めてなら、川崎で居酒屋入ったのも生まれて初めてだ。
(でも入ったのは白木屋だったから、これは生まれて初めてでもなんでもないな)
繁華街をフラフラ歩いていると、妙にイタリアンな地帯に侵入してしまった。
時間が来ると、音楽と共にカラフルな噴水が湧き上がるのだ~。

ところで話は変わりますが、私の友人が*ist DS購入を企んでいます。
一眼レフを買うのが初めてのお人なのですが、まぁ手始めとしてズームレンズを買おうかなと。
そこで悩みどころは、

16-45にするか
18-45にするか

なのであります (まぁ当人が悩んでるわけではなくて、私が悩んでるんですけどね)。
16の広角は魅力的だ。
しかし18の軽さと安さにも惹かれるものがある。
そして肝心の画質はどうなんだ??

PPのTB企画でもさんざんこの話題は出てますけど、
18の製品版が出てきた今、できればみなさんのご意見を改めてお聞きしてみたいものであります。

| | コメント (9) | トラックバック (3)

2004.11.29

螺旋の底から

IMGP5432-s.JPG
PENTAX *ist D  smcPENTAX DA14 F2.8ED  1/8 F5.6  ISO400

川崎に新しいホールができたというので、見物がてら久しぶりに音楽を聴きに行ってみた。
今や日本では、こういうオーケストラ専用ホールは全然珍しくなくなってしまったけれど、
オレがまだ小学生くらいのときは、こういうスタイルに激しく憧れたものだ。
指揮者の正面から演奏を見るなんて、昔では考えられなかったのだ。
カラヤンやベームが現役の頃に、こういう立派なホールで見てみたかったと思う。
(実際カラヤンは何度か来ているけれど、その頃は金が無くて行けなかったのだ。無念)

ミューザ川崎というこのホールは、客席がステージ周囲を360度取り囲む 「ワインヤード形式」。
特徴は、その取り囲み方が螺旋(らせん)状になっていること。
写真をよく見ると、右と左で座席の数や形が違っているのがわかる。
残響時間が長く、低音の響きがかなり強い。ボリューム不足な(?)日本のオケでも良く響く。
反対にピアノは響きすぎてしまって、お風呂の中みたいになってしまう (サントリーホールと少し似てるかも)。
しかし、厚みのある暖かい響きで、オレ的には好印象だった。

こんな立派な器(うつわ)があっちにもこっちにもできるなんて、日本ってどんな国なんだろう?
そして器だけは充実してても、肝心のソフトがちっとも充実していないという、悲しい現状。
輸入品のソフトですら、チケットの争奪戦が激しすぎて、ちっとも取れない。
ベルリンフィルもウィーンフィルも、2週連続で来たところで、見られなければ意味が無い。
日本のソフトがもう少し楽しくなれば、もうちょっと見に行ってもいいんだけど・・・がんばって欲しい。

でもやっぱり、ライブはいいな~、と思うのであった。

| | コメント (7) | トラックバック (1)

擬似的南国の悦楽

IMGP5330-s.JPG
PENTAX *ist D  smcPENTAX DA14 F2.8ED  1/60 F4.5  ISO400

寒い世界から、突然 「パッ」と暖かい空気の中に入ると、
ただもうそれだけで妙に 「嬉しい~」と思うものです。
多摩動物園の昆虫館に入った瞬間、それは実に嬉しくて、思わずニヤッとしてしまうのでした。
温泉やサウナに入るのとはちょっと違います。その違いが何なのかはわかりませんが、
やはりお日様の光が射している空間というのは、日常の空間に限りなく近い感じがするのでしょうね。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2004.11.25

温室で健康タイム

IMGP5380-s.JPG
PENTAX *ist D smcPENTAX DA14 F2.8ED  1/60 F4.0 ISO400

なぜだか多摩動物園なんて行ってしまい、なぜだか昆虫館なんて入ってしまった。
そうしたらスバラシク楽しい世界だったので、ちょっとびっくりした。
大きなガラス張りの天井の下は、巨大な温室になっていて、その中で蝶が自由に飛びまわっており、
そこを散策できるのである。自分の目の前をたくさんの蝶が飛び回るのだ。
温室内は湿度も高いので、しばらく居ると汗をかいてくる。
寒がりのオレにはちょうど良い空間。特に寒い季節には、なんともありがたい。

それにしても、カメラを持っていったのに、実際に撮影した大部分は昆虫館の中ばかり。
その他の動物園は、殆ど撮らなかったな~。
多摩動物園は、お客さんへの動物の見せ方に、もう少し工夫をして欲しいと思ってしまった。
つまりちょっと見えにくいのだ。
魅力的な動物がたくさんいるのだから、ちょっと惜しいところだと思う。

| | コメント (9) | トラックバック (2)

*ist DS の攻勢

IMGP5257-s.JPG

先日の(19日)このページで、カメラ店での*ist DSディスプレイ台数が少ないのでは?
と書いたのですが、その後新宿の量販店に行ってみて、それは間違いだったことに気づきました。
Yカメラ西口本店では、マルチメディア館の店頭最前列になんと7台、店の奥にも3台、
それからカメラ館の1Fに3台、2Fにも3台と、驚くべき数が並べられていました。
その時私は思わず「やるじゃんPENTAX!」と叫んでしまいました (心の中で、ですけどね)。

*ist Dに無かった機能で一番エライと感じたのは、ファインダー内のISO感度の警告表示です。
しかも、「ISO感度をいくつに設定した時に警告を出すか」は、自分で選ぶことができるのです。
これはスバラシイ (私はいまだにISOの設定戻し忘れによる失敗を繰り返しています)。
ホワイトバランスやISOの設定方法も実にやりやすくなりました。
十字キーも押しやすくなったし、露出補正も格段に変更しやすくなりました。
こういう細かい改良は、PENTAXがユーザーの声をよく聞いている証だと思います。

残念だったのは、シャッターを押した時に、ややタイムラグが感じられたこと。
シャッターを押してからレリーズされるまでの反応速度が、どうも遅い気がするんです。これが気になった。
それからシャッター音は、明らかに*ist Dと違いますね。
*ist Dの ちょっとやりすぎなんじゃない?というくらいの 「シャキーン!」という音ではありませんでした。
まあシャッター音は、人それぞれの好みがあるので、気にならない人も多いと思いますけど。

*ist DS、たくさん売れそうな気がしますね。特に女性には人気出るんじゃないかな?軽いし。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2004.11.19

がんばれPENTAX

IMGP4923-s.JPG
PENTAX *ist D  smcPENTAX DA14 F2.8ED  1/90 F3.5

遂に*ist DSが発売されましたね。
早速購入された、ぴょんさんusakoさん、おめでとうございま~す。
私は残念ながら今日カメラ屋に行けなかったのでまだ実物見てませんが、
渋谷のカメラ屋に行った友人から情報聞きました。
A店には1台、B店には2台が、店頭でディスプレイされてたらしいです。
新宿の量販店あたりは何台くらい置いてるんでしょうね?

しかし渋谷の場合、ディスプレイされてる数が少ない気がします。
D70やKissDigitalは、やや異常とも思えるほどの台数がディスプレイされていますから、
どうしてもPENTAXやOLYMPUSの影が薄くなってしまいます。
是非ともPENTAXの営業さんにがんばってほしいですね。

このカメラがたくさん売れて、PENTAXファンがたくさん増えることを期待しています。
そして、将来もっともっと我々を楽しませてくれるカメラをつくりつづけてほしいです。
がんばれPENTAX!

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2004.11.17

なぜなんだ

IMGP4973-s.JPG
PENTAX *ist D  smcPENTAX  DA14F2.8ED  1/15 F3.5

ちょっと気が早いよね、クリスマスツリー。
毎年どんどん早くなっていく気がする。


朝日新聞社から 「KONIKA MINOLTA α-7デジタルのすべて」 という本が発売されました。
しかしPENTAXのデジタル一眼に関しては、あいかわらずそんな話をさっぱり聞きません。

なぜなんでしょうね?

そんな本が発売されたら、絶対買って読みふけると思うんだが・・・
(もしかして発売予定があるのなら、誰か教えて~・・・)

本日も夕暮れの空がきれいでしたが、またしてもカメラ持ってませんでした(泣)。

| | コメント (11) | トラックバック (1)

2004.11.16

だんだん弱くなる

IMGP4943-s.JPG
PENTAX *ist D smcPENTAX DA14 F2.8ED  1/6 F2.8

最近居酒屋に行く機会が減っているのだが、
時々飲みにいくと、あっという間に酔っ払ってしまうので困っている。
昨日なんてビールを少し飲んだあとに焼酎のロックをコップ1杯飲んだだけで、もうゴキゲンなのである。
そしてしばらくすると、すぐに眠くなってしまうのだ。
毎日飲んでいればこんなことはないのだが、酒量が落ちているので仕方ない。
でもまあ、考えようによっては安上がりでいい事かもしれないけどね。

そろそろ持ち歩き用に小さいカメラが欲しくて仕方ない今日この頃。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2004.11.15

実質500円でヨロコビ

IMG_9362-s.JPG
Canon PowershotS45 1/10 F2.8 EV-0.3

ようやくグリップを購入!
白状すれば、今までその存在をあまり知らなかったのである (なんと無知なことだろか)。
いとも簡単に取り付けできてしまうし、そしてやたらと安いのである。
○○○カメラで1,200円也。それをポイント使って買ったので、実質500円だった。
この実質500円の新型兵器は、実に便利。大いに楽しい。

続きを読む "実質500円でヨロコビ"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2004.11.14

ほろ酔いPHOTO

IMGP4969-s.JPG
PENTAX *ist D smcPENTAX DA14 F2.8ED  1/10 F2.8 ISO400

久しぶりに渋谷で飲んだら、料理がうまくて満足。
しかし南欧風料理の店だったので、当然のことながら焼酎が無くて、ヤヤしょんぼり。
ハウスワインの赤をガバガバ飲んだら、結構酔っ払ってしまった。
それにしても、酔った後の写真は本当に全滅状態だった。やっぱり酒が入るとダメなもんだな。
ちなみにこのフェラーリは酒が入る前に撮ったのでセーフ(かな?)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.13

雨の日のカメラ

036-s.jpg
PENTAX *ist D smcPENTAX DA14 F2.8ED  1/45 F4
ToDoJiさんのステキな名古屋のおみやげにトラックバック。

雨の日になると、途端に撮影枚数が減ってしまうのは、オレだけではないのだろうな。
銀塩カメラでさえ濡らしてはならぬのに、デジタルは更に水に弱い。
楽しいぶらぶら撮り歩きも、雨のせいで全てパーとなり、
カメラを入れたバッグの濡れ具合にすら神経を注がなくてはならない。
ToDoJiさんのおみやげが、実にうらやましい (そしてOLYMPUSのE-1もうらやましい)。
水を気にせず写真が撮れるなんて、本当にすごいことだ。
他のみなみなさまは、雨に対する工夫なんてしているんだろうか?と、ふと疑問に思った次第。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.11.11

そういえば

001-s.jpg

ようやく昨日、NEO千円札をゲット。
しかし自動販売機などの対応は まだまだ時間がかかると思われるので、しばらく不便かもしれない。
どうも野口英世と夏目漱石ってのが、絵的に似てる気がしてならない。
1万円札も、半端なリニューアルっていうか、マイナーチェンジみたいでセコイ。
どうせ新しくするなら、聖徳太子を復活してほしかったんだけどな~。
そろそろ2万円札、つくってほしいところです。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

頭のきりかえ

IMGP4859-s.JPG
PENTAX *ist D smcPENTAX FA35 F2.0AL  1/8 F2.8 WB:Daylight ISO400

他の人のブログの記事で、出張のお伴にものすごい数のカメラ機材を持っていくという話を読んで、
ビビッてしまった。本当にものすごい量なのだ。
あんなにたくさんのの荷物を持ち出して出かけようと思えるとは。
でも、気持ちはわかる。
オレの場合、旅行の時に持っていく本の数が異常だと思う。
たった一週間の旅行で、5~6冊は平気で持っていく(そして全く読まずに帰ってきたりするのだ)。

オレは気が散りやすいので、メイン1台とサブコンパクト1台、それで目一杯。
ブログの人はきっと、頭の切り替えが上手そうだから、シーンに応じてカメラを手にしていくんだろうな~。
おみやげ写真が楽しみ。

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2004.11.10

気にしはじめたら止まらない

IMGP4781-3-s.JPG
PENTAX *ist D smcPENTAX DA14 F2.8ED 1/60 F5.6 (トリミング)

先日の日記「おさんぽカメラの要件」で、コンパクトカメラだけで歩くのもいいもんだ、
なんて書いてしまったのだが、今日はそれで大失敗。
出かける前に電池を充電していて、そのまんま出かけてきてしまった。
なんたる初歩的失敗。おかげで今日は、銀座の夕暮れを全く撮れない恐怖の事態に陥った。
今日は空が乾燥していて綺麗な夕暮れだったのに~(泣)。
もう今や、カメラなしでは歩けない体になっちまったぜ・・・

ところで話は変わるのだが、最近カメラ用のカバンが欲しくてしかたないのだ。
しかも、つい3週間前に、カメラ用カバンを購入したばかりだというのに・・・
でも、オレってそうなんだよね。こだわりはじめると止まらなくなっちゃうんだ。
GR-1を買った翌週に、物足りなくなってMZ-3を買ってしまった前歴もあるしな~(苦い散財の記憶)。
hiro6さんのページと、usakoさんのページを読みながら、悶々とする日々・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2004.11.09

くりぬかれた灰色の空

IMGP4843-s.JPG
PENTAX *ist D smcPENTAX DA14 F2.8ED  1/30 F3.5
天気が良かった日曜日だけど、夕方から急に空が暗くなってしまった。不思議な空の色合い。

フラフラと新宿西口に出向くことが多い。
目的があるわけじゃないけれど、なんとなくカメラ屋に入っては時間を過ごしてしまう。
しかしこれが楽しい時間なのである。
このあたりをうろつくだけで、軽く半日はつぶれてしまう。
きっと我が同士は、他にもたくさんいることでありましょうね。

| | コメント (14) | トラックバック (1)

2004.11.08

おさんぽカメラの要件

IMGP4819-s.JPG
PENTAX *ist D smcPENTAX DA14 F2.8ED  1/500 F3.5

なんとなく手ぶらで歩きたくなって、土曜日はコンパクトカメラ1台持ってぶらぶら歩いてみた。
反対に日曜日は、*ist Dと交換レンズをカバンにきっちり詰めて歩いてみた。
その日の気分によって、小さなカメラ一つの方が楽しいときもあるし、でかいカメラの方がいい時もある。
だけど、どちらも楽しいもんだ。

最近ではカメラを持たずに歩くことは稀だけれど、時には写真を撮る気が起こらない日だってある。
そういうときは、思い切って完全に手ぶら、ってのも悪くないかもしれない。
撮る気が起こらないのに無理に撮ろうとしても無駄なのだ。
食べ過ぎちゃった胃を休めるために、朝食抜くのと似たようなもんだろうか。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2004.11.05

一度にいくつできる?

IMGP4691-s.JPG
PENTAX *ist D smcPENTAX DA14  PENTAXでPENTAXを撮る。不思議な気持ち。

机の上にあった複数の荷物を持って「よいしょ」と歩き始めると、
さて、オレは何をしようと思っていたんだっけ?とわからなくなる。
ボールペン、メモ用紙、タバコ、ライター、携帯電話、財布、タオル、読みかけの新聞、紙くず、
あれをあそこに持っていって、これは手元に残して、
その前にメモ用紙に忘れそうなあのことを記入して、
あ、その前にトイレに行きたかったんだ、それから電話しなきゃ、
あぎゃああああああああああああ・・・

こういう時、複数のことを的確にこなしていける人を、尊敬しちゃいます。
オレの場合、さて、ようやく全部かたづいたからタバコ吸おうかなと思って右手を見ると、
なぜか最後まで紙くず握ってたりしますから。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ようやく秋の空

IMGP4681-s.JPG
PENTAX *ist D  smcPENTAX DA14 F2.8ED  1/125 F11

文化の日。気持ちよくカラリと晴れ上がったので、カメラを片手に出かけてみたが、
気がついたら既に夕方だった(最近このパターンが多い)。
どうも休みになると寝坊してしまうことが多い。
ちょっと気がついたのだが、ここのところずっと「眠り」に関する書き込みばかりだった。
どうしてなんだろうか?オレは眠りに対する執着が強い?(ムムムムム)

こうやって撮ってみると、東京の空は、やはり蒼さが足りない。白っぽい空だ。
空が汚れているからこうなるんだろうか?

| | コメント (8) | トラックバック (3)

2004.11.02

1日何時間寝る?

993-s.JPG
ああ!憧れのフラット6!あのドイツ車特有の室内の臭いよ!絶壁のダッシュボードよ!

ところでふと疑問に思ったんだけど、オレ以外の人々って、1日何時間くらい寝てるんだろか?
最近のオレは、仕事してる時は4~5時間、休みの日は7~10時間ってとこ。
でも、ホントは自動的に目が覚めるまで、ずっと眠っていたい(眠るのは のび太の次くらいに好き)。
このご時世、残業やら おデートやらパソコンやらで、寝不足の人多いんじゃないだろか。

みなさんはどれくらい眠ってるんでしょうか?

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2004.11.01

午睡を楽しむ

IMGP4550-s.JPG
クリームあんみつのくせに、これはアイスではなくてシャーベットが添えられていた。
甚だ納得が行かない。そんなバカな。
これじゃあクリームあんみつにならないじゃぁないか!(無意味に吠えてみる)

本日は、夕方から1時間ほど休憩して、ヒルネをしてみました。
ヒルネをしながら、次に買うもののことをず~っと考えていると、かなり幸せになれます。
XとS5i、どっちがいいんだ~、マクロと魚眼、どっちがいいんだ~、とか。
買えもしないもののことを考えてみるのも楽しいです。
ポルシェとベンツ、一戸建てとマンション、どっちがいいんだ~、とか。
でも、ちっとも眠れません。休憩にならん。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

目次とページング